メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

縄文杉の50年【第1部 森を守る】

1966 「大岩杉」発見

写真:今年新設された縄文杉の観察デッキで記念撮影をする登山者たち=1日、屋久島町 拡大今年新設された縄文杉の観察デッキで記念撮影をする登山者たち=1日、屋久島町

写真:縄文杉の発見を伝える1967年元日付の南日本新聞の紙面が、町立屋久杉自然館には大きく展示されている=1月、屋久島町 拡大縄文杉の発見を伝える1967年元日付の南日本新聞の紙面が、町立屋久杉自然館には大きく展示されている=1月、屋久島町

写真:縄文杉を発見した岩川貞次さん=1966年8月撮影、岩川貞之さん提供 拡大縄文杉を発見した岩川貞次さん=1966年8月撮影、岩川貞之さん提供

 標高1300メートル。屋久島の山奥に立つ縄文杉に1日、大勢の登山客が集まった。今年新設された観察デッキでは、全容が見えるようになった大樹を背に、記念撮影の列ができる。この日の登山者は約600人。毎年見られる大型連休の光景だ。

 「高さ25・3メートル、胸の高さの幹回り16・4メートルで、世界最大級の杉です。樹齢は7200年とも数千年とも言われる、太古の生き証人です」。ガイドの菊池淑廣(よし・ひろ)(46)が説明すると、ツアー客たちは巨木を見上げる。東京から訪れた男性客(54)は「神々しい太い幹に圧倒されました。なんだか縄文杉に呼ばれたような気がします」と、汗をぬぐった。

 登山者が往復10時間も歩いて縄文杉に会いにくる。その数はこの20年近くで累計100万人を超えた。

 そんな世界自然遺産・屋久島の「象徴」の存在は、つい50年前まで誰にも知られていなかった。初めて、この太古の巨木に出会ったのは1966年5月28日。旧上屋久町の元観光担当だった岩川貞次(故人)だ。

 「小杉谷の奥に巨大な屋久杉があるらしい」

 地元の猟師から、そんな噂(うわさ)を聞き、巻き尺を手に小杉谷周辺を探し歩いた。その日、谷の奥にある高塚山(1396メートル)中腹で登山道を外れ、20メートルほど山側に潜り込んでみた。すると、深い茂みから、巨岩のような屋久杉が忽然(こつ・ぜん)と現れた。

 岩川は、その巨木に「大岩杉」と名づけた。「大いなる岩のような木」の姿と、自分の名字の「岩」の字を重ねての命名だ。

 下山した岩川は上機嫌だった。晩酌しながら「あったぞ」と嬉(うれ)しそうに話して、にんまり笑う姿を、中学生だった長男の貞之(64)=現・屋久島電工常務=は今でも覚えている。喜怒哀楽をあまり顔に出さない父親が、満面の笑みを浮かべていた。

 「大岩杉を観光の目玉にしたかったのでしょう」

 当時、島には観光客が少しずつ訪れるようになっていた。港に船が着くと、のぼり旗を掲げて出迎えるのが岩川だった。

 「大岩杉」発見の噂は、翌日には島中に広まった。その約半年後、南日本新聞の記者が現地取材に入り、翌67年元日、1面を埋め尽くす特大の記事で、巨大杉発見のニュースを報じた。

 元日の新聞は数日遅れで島に届く。待ちに待った岩川は両手を打って祈り、空を拝んで新聞を開いた。岩川の見つけた巨木の写真が紙面の半分以上を埋め、「生き続ける“縄文の春”」「推定樹齢四千年」の見出しが躍っていた。

 ところが記事には「大岩杉」の名も、発見者岩川の記述もなかった。結びにはこう記されていた。

 「その一粒のタネが芽を出したころ、縄文時代であった。(中略)それは『縄文時代の郷土の、生きた確かな証人』である」

 この記事をきっかけに、巨木はやがて「縄文杉」と呼ばれるようになる。

 だが、島では「大岩杉」として親しまれた。貞之は「大岩杉」と墨で書いて作った銘板を手に、友人と登った。生い茂った草木の間から姿を現した巨木を、のけぞるようにして仰いだ。

 下山時は、屋久杉搬出に使われていた安房森林鉄道の軌道を歩いた。周囲の山腹は茶色の地肌をさらしていた。その異様な光景を、貞之は今も覚えている。

 「大岩杉」が見つかった66年、屋久島は伐採量として、最大値の18万立方メートルを記録した。小杉谷では皆伐が進み、樹齢千年以上の屋久杉が次々と姿を消していた。(敬称略)

     ◇      

 屋久島の森の奥で縄文杉が見つかって今月で50年になる。悠久の歴史を刻んできた1本の大樹の発見は、収奪の対象でしかなかった森に、人間が新たな価値を見いだす出発点となった。保護運動から世界自然遺産登録、登山観光の盛衰に至る半世紀の歩みをシリーズで紹介する。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

鹿児島総局から

県内のニュース、社外の方のコラム、ニュースを掘り下げた企画記事などを掲載します。電子メールでご意見や投稿をどうぞ。
メールはこちらから

朝日新聞 鹿児島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ