メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

神奈川

PR情報

神奈川の情報

特集

高校野球
高校野球に関する記事はこちら
企画特集 1
「ルポ かながわ」「2014衆院選」など社会、政治関連はこちら
企画特集 2
「首都圏ナビ」「迫る2025ショック」など地域、医療関連はこちら
企画特集 3
「働く」「元気のひけつ」など経済、文化関連はこちら
東日本大震災
「3.11から未来へ」「続ふるさとは遠く」「被災地のひと品」など震災復興関連の記事はこちら
教育
「学ぶ・育つ」「放課後の子どもたち」はこちら
吹奏楽
県吹奏楽に関する話題はこちら
合唱
県合唱に関する話題はこちらから
スポーツ
「2014ワールドカップ ブラジル」「2020神奈川のホープたち」はこちら

神奈川のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

企画展示「ダムに沈んだ村-越中桂・旧山田家住宅」 [展示会・展示イベント][講座・講演・シンポジウム]

企画展示「ダムに沈んだ村-越中桂・旧山田家住宅」

  • 2015年01月04日(日) ~ 2015年05月31日(日)
  • 東名川崎ICより約10分小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩13分
  • 現在はダムの底に沈む富山県南砺市桂から民家園内に移築された旧山田家住宅。今はなき桂集落や旧山田家で使用されていた貴重な民具などを紹介。企画展示解説は、1月10日(土)・25日(日)・2月14日(土)・22日(日)・3月14日(土)・22日(日)・4月11日(土)・26日(日)・5月9日(土)・24日(日)、14時から約20分、当日参加自由。解説は川崎市立日本民家園民俗職員が行う。
収蔵品展 冬柏山房に集った文人たち [展覧会]

収蔵品展 冬柏山房に集った文人たち

  • 2014年12月13日(土) ~ 2015年04月19日(日)
  • 江ノ電由比ヶ浜駅より徒歩7分
  • 昭和の初め鎌倉に花開いたサロン冬柏山房と与謝野寛・晶子、吉井勇、石井柏亭、尾崎咢堂、徳冨蘇峰らゆかりの文人の世界を紹介。
さがみ湖イルミリオン [イルミネーション・ライトアップ]

さがみ湖イルミリオン

  • 2014年11月01日(土) ~ 2015年04月12日(日)
  • 中央自動車道「相模湖東出口」より国道20号経由約10分JR中央線相模湖駅下車・神奈川中央交通バス「プレジャーフォレスト前」下車
  • 今年で6回目となる「さがみ湖イルミリオン」は、500万球のLEDが園内をロマンチックに彩る関東最大級のイルミネーションイベント。大型プールの周辺を光の宮殿と大庭園が囲むLED100万球を使用した光と水の演出空間「光の宮殿と大庭園」は今年の見どころ。今夏登場したアトラクション「大空天国」も七色にライトアップされ、園内が幻想的な光に包まれる。
紙と戦争-登戸研究所と風船爆弾・偽札- [展示会・展示イベント][展覧会]

紙と戦争-登戸研究所と風船爆弾・偽札-

  • 2014年11月19日(水) ~ 2015年03月21日(土)
  • 小田急線「生田」駅南口から徒歩約15分
  • 紙を使った兵器に焦点をあてた企画展。当時の和紙・洋紙製造技術がどのようなもので、伝統的な和紙技術がどのように風船爆弾の製造に使われたのか、近代において発達した洋紙技術がどのように偽札製造に利用されたのかを、当時の貴重な現物展示を交えて明らかにする。期間中、解説や講演会などの関連イベントもあり。
いきものたちの富士山 富士山周辺の 野生動物の写真展 [展示会・展示イベント]

いきものたちの富士山 富士山周辺の 野生動物の写真展

  • 2014年10月01日(水) ~ 2015年03月20日(金)
  • 小田原厚木道路・小田原西ICより約50分 東名沼津ICより約60分 東名御殿場ICより約60分小田原駅にてバス「箱根町」行き・終点下車乗換えで、熱海又は三島行き「箱根やすらぎの森」下車
  • 世界文化遺産に登録された富士山。多くの観光客や登山客で賑わう人気の山だが、そこに生息する野生動物にはあまり目が向けられていない。今展では、富士山麓に住み、長年この地域の野生生物を撮影してきた中川雄三氏による野生生物の生態写真を展示。いきものたちを通して富士山を紹介する。生態写真に加え、剥製の展示や写真パネルによる解説も行う。
保井智貴 佇む空気 [展覧会]

保井智貴 佇む空気

  • 2014年09月20日(土) ~ 2015年03月01日(日)
  • 小田原厚木道路「箱根口」ICより約25分箱根登山鉄道「彫刻の森」駅 徒歩2分
  • 保井智貴は、乾漆や螺鈿といった古くからある工芸の技法を用いて、人間像を中心に制作している彫刻家。『非常な速さで前進してゆく現代社会の中で、人がただまっすぐに佇む姿から感じる空気』をテーマに、自然の本来の姿を静謐な空間から表現することを試みている。今展では、新作を含む人間像と動物作品を交えながら、保井が展開する彫刻の姿を紹介する。
箱根園 雪・そり遊び広場 [体験・遊覧]

箱根園 雪・そり遊び広場

  • 2014年12月27日(土) ~ 2015年03月01日(日)
  • 東名高速道路厚木ICより小田原厚木道路経由52km小田急ロマンスカー箱根湯本駅よりバスで65分
  • 子どもたちが安心して雪遊びとそり遊びができる広場。箱根園に冬だけ出現する期間限定のレジャースポットだ。期間中の土・休日は水族館のペンギンたちも遊びにやってくる。レンタルウェアやシューズも用意されているので、手ぶらで気軽に遊びに行ってみよう!
冬の特別企画「ヌーヴォーの灯りとデコの光り」 [展示会・展示イベント][展覧会][体験・遊覧][イルミネーション・ライトアップ]

冬の特別企画「ヌーヴォーの灯りとデコの光り」

  • 2014年12月20日(土) ~ 2015年02月28日(土)
  • 東名「御殿場」ICより乙女峠経由、仙石原まで約20分箱根登山鉄道「箱根湯本」駅より、箱根登山バス「湖尻・桃源台」行きにて約30分「仙石案内所前」下車すぐ
  • ラリックが活躍した時代、ふたつの新しい装飾スタイルが生まれた。19世紀末から20世紀初頭にかけて流行した、しなやかな曲線が特徴のアール・ヌーヴォーと、1910年代半ばから主流となっていった、曲線と直線を組み合わせて描くアール・デコである。その二つのテーマに沿って、ふたつの会場でイルミネーションを展示。ラリックを中心に、ドーム兄弟や和紙照明作家・柴崎幸次の作品が融合した、灯りと光を楽しめる展覧会。
テーマ展 ピカソと「真夜中の馬」 [展示会・展示イベント]

テーマ展 ピカソと「真夜中の馬」

  • 2014年12月13日(土) ~ 2015年02月22日(日)
  • 高速「新山下」ICより約15分JR「根岸」駅より市バス21系統「桜木町駅行」約7分
  • 第3展示室にて、界的に有名な画家、パブロ・ピカソ(1881-1973)の作品を展示。「真夜中の馬」は、1956年にイリアズドから出版された詩画集。ロシュ・グレイの詩にピカソの版画12点をそえたもので、当時68部が出版された。挿絵には12頭の姿態の異なる馬たちが、無駄のない線でいきいきと描かれている。今回の展示では、ピカソの円熟期に描かれた版画作品の一端を紹介する。
テーマ展 馬具のふしぎ [展示会・展示イベント]

テーマ展 馬具のふしぎ

  • 2014年12月13日(土) ~ 2015年02月22日(日)
  • 高速「新山下」ICより約15分JR「根岸」駅より市バス21系統「桜木町駅行」約7分
  • 馬具は今から5千年ほど前から使用されてきたが、中国や朝鮮半島から我が国に伝来したのは4世紀末から5世紀と言われている。馬具は人と馬をつなぐ接点として重要な役割を担っており、その表面には多種多様な文様が施されていることが少なくない。そこで今展では鞍や鐙を中心に馬具の機能やデザインなどについて紹介する。

横浜総局から

身近なニュース、教えてください。
身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
【E-mail:kanagawa@asahi.com】
★ツイッターでの情報発信も始めました。
https://twitter.com/asahi_yokohama

朝日新聞 横浜総局 公式ツイッター

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング落ちないカビや汚れを一掃

    大掃除が楽になる人気スプレー

  • ブック・アサヒ・コム人気本からわかる今年の日本

    チーム・ブライアンも強かった

  • 【&M】私を変えた運命の柴犬

    私の一枚 太田裕美さん

  • 【&w】「芸術的エクレア」日本上陸

    パリの人気店が海外初出店

  • Astand劇団スタジオライフ30年

    演出家と俳優が語る、過去と未来

  • 写真

    ハフポスト日本版 ゲバラ、カストロ、ケネディ

    世界は再びキューバに注目

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報