メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

神奈川

PR情報

神奈川の情報

特集

高校野球
高校野球に関する記事はこちら
企画特集 1
「ルポ かながわ」「騒音の街で」など社会、政治関連はこちら
企画特集 2
「首都圏ナビ」「迫る2025ショック」など地域、医療関連はこちら
企画特集 3
「働く」「元気のひけつ」など経済、文化関連はこちら
東日本大震災
「3.11から未来へ」「続ふるさとは遠く」「被災地のひと品」など震災復興関連の記事はこちら
教育
「学ぶ・育つ」「放課後の子どもたち」はこちら
吹奏楽
県吹奏楽に関する話題はこちら
合唱
県合唱に関する話題はこちらから
スポーツ
「2014ワールドカップ ブラジル」「2020神奈川のホープたち」はこちら

神奈川のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

さがみ湖イルミリオン [イルミネーション・ライトアップ]

さがみ湖イルミリオン

  • 2014年11月01日(土) ~ 2015年04月12日(日)
  • 中央自動車道「相模湖東出口」より国道20号経由約10分JR中央線相模湖駅下車・神奈川中央交通バス「プレジャーフォレスト前」下車
  • 今年で6回目となる「さがみ湖イルミリオン」は、500万球のLEDが園内をロマンチックに彩る関東最大級のイルミネーションイベント。大型プールの周辺を光の宮殿と大庭園が囲むLED100万球を使用した光と水の演出空間「光の宮殿と大庭園」は今年の見どころ。今夏登場したアトラクション「大空天国」も七色にライトアップされ、園内が幻想的な光に包まれる。
いきものたちの富士山 富士山周辺の 野生動物の写真展 [展示会・展示イベント]

いきものたちの富士山 富士山周辺の 野生動物の写真展

  • 2014年10月01日(水) ~ 2015年03月20日(金)
  • 小田原厚木道路・小田原西ICより約50分 東名沼津ICより約60分 東名御殿場ICより約60分小田原駅にてバス「箱根町」行き・終点下車乗換えで、熱海又は三島行き「箱根やすらぎの森」下車
  • 昨年、世界文化遺産に登録された富士山は、多くの観光客や登山客で賑わうが、その多くは信仰や芸術の側面に注目し、富士山に生息する野生動物にはあまり目を向けられていない。そこで、富士山麓に住み、長年この地域の野生生物を撮影している、中川雄三氏による野生生物の生態写真でいきものたちを通した富士山を紹介する。また、生態写真に併せ剥製の展示や写真パネルによる解説も行う。
保井智貴 佇む空気 [展覧会]

保井智貴 佇む空気

  • 2014年09月20日(土) ~ 2015年03月01日(日)
  • 小田原厚木道路「箱根口」ICより約25分箱根登山鉄道「彫刻の森」駅 徒歩2分
  • 保井智貴は、乾漆や螺鈿といった古くからある工芸の技法を用いて、人間像を中心に制作している彫刻家。『非常な速さで前進してゆく現代社会の中で、人がただまっすぐに佇む姿から感じる空気』をテーマに、自然の本来の姿を静謐な空間から表現することを試みている。今展では、新作を含む人間像と動物作品を交えながら、保井が展開する彫刻の姿を紹介する。
Atsugi Brilliant Story 2014 [イルミネーション・ライトアップ]

Atsugi Brilliant Story 2014

  • 2014年11月08日(土) ~ 2015年02月14日(土)
  • 小田急線「本厚木」駅から徒歩1分
  • 幻想的できらびやかな、冬の白銀の世界を、ゴールドとホワイトを基調とした、明るさと暖かみのあるイルミネーションで表現。厚木で暮らす人々、訪れる人々を優しく包み込む。
kirara@アートしんゆり2014 [イルミネーション・ライトアップ]

kirara@アートしんゆり2014

  • 2014年11月15日(土) ~ 2015年02月14日(土)
  • 小田急線「新百合ヶ丘」駅下車すぐ
  • 今年で8年目を迎え、新百合ヶ丘の冬の風物詩として定着しつつあるイルミネーションイベント「kirara@アートしんゆり」。「輝きを街の元気に」をテーマにメインツリーが七色に変化するなどカラフルで目にも楽しい演出。北口のイルミネーションも数年ぶりに復活! 12万球を突破した見応えのある輝きをお楽しみに。
宮永岳彦記念美術館「DESIGN展 宮永岳彦の視点」 [展覧会]

宮永岳彦記念美術館「DESIGN展 宮永岳彦の視点」

  • 2014年08月06日(水) ~ 2015年02月01日(日)
  • 東名高速「秦野中井」IC約5km小田急線「鶴巻温泉」駅北口から徒歩2分
  • 洋画家・宮永岳彦(1919~1987)は、デザインの分野にも優れていた。松坂屋宣伝部時代より、同店など企業や旅行会社の観光ポスター等、多くの商業デザイン、週刊誌・月刊誌の表紙絵や挿絵、本の装幀など、幅広くその手腕を発揮した。今展では、デザイン分野を主に、童画、油彩画などを併せた構成で、宮永岳彦のグラフィック・デザイナーとしての足跡、独自の感性と視点で描き続けた作品の数々を、紹介する。
葉祥明「あおいしか」絵本原画展 [展覧会]

葉祥明「あおいしか」絵本原画展

  • 2014年11月22日(土) ~ 2015年01月23日(金)
  • 横浜横須賀道路「日野」ICより約20分JR横須賀線「北鎌倉」駅より徒歩7分
  • 絵本「あおいしか」は、かつて南アフリカに実在したブルーバックと呼ばれた動物からイマジネーションを得て地球上の「青」をテーマに、壮大な愛の物語が描かれた。美しい青い世界と物語は、私たちの心に自然への慈しみ他者への思いやりの気持ちが大切だと言うことを、語りかけてくれる。雄大な青と雪の世界を楽しんでみては? 1月10日(土)14:00、葉祥明によるミュージアムトーク&サイン会を開催。
三星野菜クラブ 秋冬編 [体験・遊覧][健康・福祉・教育]

三星野菜クラブ 秋冬編

  • 2014年09月07日(日) ~ 2015年01月17日(土)
  • 三浦縦貫出口を左折、長浜海岸を右折して5分京浜急行三崎口駅下車、路線バスで和田バス停下車、徒歩15分
  • 村内の畑を使って、たくさんの種類の野菜を作る。畑づくりから様々な野菜の収穫まで体験でき、子どもたちにとっては貴重な経験を積める場となるはず。作業をしやすい服装で参加しよう。
オリンピックから半世紀 あこがれの「団地」 ~高度成長とベッドタウン横浜~ [展示会・展示イベント]

オリンピックから半世紀 あこがれの「団地」 ~高度成長とベッドタウン横浜~

  • 2014年10月11日(土) ~ 2015年01月12日(月)
  • みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口より徒歩0分
  • 高度経済成長期、横浜市内には多数の住宅団地が建設され、都市の姿と市民の生活は大きく変化していった。この特別展では「団地」をテーマにして、高度成長を迎えた横浜のあゆみをふりかえる。
川崎市岡本太郎美術館 開館15周年記念展「TARO賞の作家II」 [展覧会]

川崎市岡本太郎美術館 開館15周年記念展「TARO賞の作家II」

  • 2014年10月18日(土) ~ 2015年01月12日(月)
  • 府中街道「稲生橋」から2分、東名川崎ICから出口信号左折「犬蔵」交差点を右折、直進10分小田急線「向ヶ丘遊園」駅南口より徒歩17分
  • TARO賞(岡本太郎現代芸術賞)は、岡本太郎の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭くメッセージを突きつける芸術家を顕彰するべく1997年に創設された。2008年に開催した第1回展に続く、シリーズ第2回となる今展では、第6回から第12回のTARO賞で各賞を受賞し、現在活躍するアーティスト、大巻 伸嗣、タムラ サトル、天明屋 尚、藤井 健仁、ヤマガミ ユキヒロの作品を紹介する。

横浜総局から

身近なニュース、教えてください。
身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
【E-mail:kanagawa@asahi.com】
★ツイッターでの情報発信も始めました。
https://twitter.com/asahi_yokohama

朝日新聞 横浜総局 公式ツイッター

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング寒い朝の味方「着る毛布」

    ぐっすり眠る冬のポカポカ寝具

  • ブック・アサヒ・コム画数の多い漢字が好き

    キーンさんが語る日本語修行

  • 【&M】強烈な臭いのフランス香水

    インチキ・ガチャガチャの世界

  • 【&w】長く使えるロッキングチェア

    「ソーシャルな、お買い物。」

  • Astand陥りがちな「昔は良かった」

    その幻想から脱却を

  • 写真

    ハフポスト日本版 西洋人が魅せられた世界

    鮮やかな江戸・明治期の写真

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報