メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

企画特集 2【列島をあるく】

生涯活躍のまち 実現へ

写真: 拡大

■移り住む

 ◆地方創生「日本版CCRC」

 高齢者が元気なうちに地方に移住して活動的に暮らし、介護や医療が必要になってもそのままケアを受けられる。そんな共同体作りに取り組む自治体が増えている。国が進める地方創生策の一環で、米国発祥の仕組みにちなんで「日本版CCRC」と呼ばれる。「生涯活躍のまち」は実現するか。

 2月初旬。岩手県雫石町で移住体験・交流ツアーが開かれた。参加者は首都圏などに住む30代から70代の9人。先輩移住者との交流会では、仕事や医療福祉、人付き合いなど具体的な暮らしに関わる率直な意見交換があった。

 東京都練馬区から参加した宮田初代さん(67)は息子が結婚したあと、元気なうちに1人で移住する先を探している。「先々介護が必要になっても1人で暮らしていけるのかしら」

 町職員が雫石で計画している「日本版CCRC」構想の説明を始めた。

 町は小岩井農場に隣接している14ヘクタールの町有地でCCRC事業を展開する予定だ。ここに、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のほか、障害者の多機能事業所、移住希望の子育て世帯向けの住宅などを順次建設する。2020年度までに温浴施設、図書館なども作り、町民と移住者が多世代にわたり交流できる街を目指す。ただ、サ高住ができるのは約3年後。「ゆっくり考えてみます」と宮田さん。選択肢の一つになったようだ。

 雫石町がこうした体験ツアーを実施するのは今回が初めて。「盛岡まで車で30分、新幹線も止まる地の利のよさも魅力では」と深谷政光町長は胸を張る。

 昨年10月、東京都中央区に開設した「生涯活躍のまち移住促進センター」には、雫石町のほか、北海道厚沢部(あっ・さ・ぶ)町など自治体7カ所が出展し、事業計画を紹介している。「移住した高齢者が必要な支援を受けつつ、地域の特徴を生かして住民とコミュニティー作りを進めていくのが日本版CCRCの基本です」とセンターの川崎浩子さんは語る。

 昨年11月、政府が自治体に行った調査で、日本版CCRCに関連する取り組みを「推進したい」とした自治体は263で全体の14・7%。昨年3月の202(11・3%)より増えた。国の財政的な支援を受け、取り組みに積極的な自治体は増えている。

■近隣住民との共生

 先進モデルの一つで、自治体関係者の見学が相次いでいるのが「ゆいま〜る那須」(栃木県那須町)だ。中庭を取り囲むように建つ1〜2階建ての5棟70戸に、60〜90代の77人が暮らす。

 07年に構想が立ち上がり、10年に開設するまで、入居予定者が設計段階から参加。管理費や食事代などは要望を入れて決めた。入居者は施設運営にも関わり「図書」「花と緑」などの部会に分かれて活動する。食堂は近隣住民にも開放、近くの牧場で牛の世話を手伝う入居者もいる。

 そば打ちや美容師など、かつての職業を生かす人も多い。東京都世田谷区で婦人服店を経営していた丸田輝子さん(73)は昨年に移住。「元気なうちは仕事ができて、介護支援もしてくれるところ」という希望に合っていた。今は、衣料や入居者の手作り品の店を担当。利用者のニーズを聞いて、洋服や雑貨などを仕入れる。以前の仕入れ先とパイプがあるのも強みだ。「会話も楽しめるし、働けるのがうれしい」と笑う。

 もう一つ、見学者が絶えないのが14年に開設した金沢市郊外の「シェア金沢」だ。「多世代ごちゃまぜ」をコンセプトにしたこの街には、高齢者31世帯39人のほか、障害者、学生が共存。大学生はボランティア活動の担い手となる。敷地内には誰でも利用できる天然温泉や本格的なレストランなどもあり、近隣住民の出入りも頻繁だ。

 運営する社会福祉法人「佛子園」の雄谷良成(おお・や・りょう・せい)理事長は言う。「CCRCなどの共同体が成功するためのカギは、近隣にいかに溶け込み、同化や融合をしていけるかということだ」

 (斎藤博美)

■CCRC 

 「Continuing Care Retirement Community」の略で、直訳すると「継続的なケア付きの高齢者たちの共同体」。米国発祥で、高齢者が元気なうちに地方に移住して社会活動に参加し、介護や医療が必要になった場合もケアを受けて暮らし続けることができる。政府は昨年、有識者会議で「日本版CCRC」構想をまとめた。高齢者の地方移住を促すことで首都圏の人口集中の緩和と地方の活性化を目指す。

■移住促進センターに出展しているCCRCに積極的な自治体

 北海道厚沢部町     「過疎」を受け入れ、町の資源と発想を転換

 岩手県雫石町      小岩井農場に隣接する14ヘクタールの町有地を活用

 長野県佐久市      最先端の地域医療と福祉で健康長寿を目指す

 山梨県都留市      都心への近さと大学との連携が目玉

 鳥取県湯梨浜町・南部町 アクティブシニアのキャリアに期待

 福岡県小竹町      移住者と地元で一緒にまちづくり

■ご意見や情報をお寄せください。ファクスは(03・5565・0837)、メールはaruku−japan@asahi.comへ。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

横浜総局から

身近なニュース、教えてください。
身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
【E-mail:kanagawa@asahi.com】
★ツイッターでの情報発信も始めました。
https://twitter.com/asahi_yokohama

朝日新聞 横浜総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ