メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

企画特集 3【元気のひけつ】

ドール きらりアニメ顔

写真: 拡大

写真:ドレスの細部まで再現したアゾンインターナショナルのドール 拡大ドレスの細部まで再現したアゾンインターナショナルのドール

写真: 拡大

■服の細部までこだわり 世界にファン

 アニメに代表される日本のポップカルチャーの聖地、東京・秋葉原。その顔の一つ、「ラジオ会館」7階に、コレクター向きのドール(人形)専門店がある。熱心に見入る外国人の女性客。業界の雄、「アゾンインターナショナル」の直営店だ。

 意外にも前身は、横浜の地場産業として栄えたスカーフの染色に使う「染め型」の製版業だった。

 「食べていくため色んな事業を手がけ、巡り合ったのがドールの世界でした」と早園正社長(50)。1980年代末に父親から製版業を引き継いだが間もなくバブル崩壊。目を向けたのが市場経済に移行したベトナムだった。現地でヤシの実製のスプーンや刺繍(し・しゅう)のコースターを委託製造、輸入して苦境をしのいだ。

 97年、「リカちゃん人形」で有名な玩具大手タカラ(当時)から「人形の服を作らないか」と依頼されたのが転機に。翌年には「細部までリアルに近づけた」自社デザインの服を発売した。広告を載せた専門誌発売の日、ありったけの電話を並べて反響を待った。電話が鳴りやまない。「あ、これで食べていける、と思った」

 忘れられないのは2000年、タカラの人形ジェニーのボディーに、顔をオリジナルにした初の自社ドール「サアラ」発売だ。大きな目が特徴の「アニメ顔」が新鮮で、たちまち完売。05年からはボディーも自前のシリーズをスタート、アニメのキャラクターシリーズも手がける。インターネットの普及でオンライン販売も容易になった。

 「アニメ顔は受けないよ」と忠告されたが、海外でも放映されたアニメ「美少女戦士セーラームーン」の影響で、米国でも「セーラームーンみたいでカワイイ」。ネットを使って世界各地にファンのコミュニティーができ、ウェブサイトには「えっと驚く国」からもアクセスがあるという。「お客さんにとってドールは友達とかいろんな存在でしょうけど、僕にとっては会社を救い、大きくしてくれた恩人」と早園さん。

 4月半ば、東京・新宿の小劇場で、強大な敵と戦う同社約20の少女キャラクターを女優らが演じる物語が9日間上演され、盛況が続いた。小説版も展開する。「大事なのは情報を集めるより発想。やりたいことがいっぱいあるんです」

◇早園正社長「亡き父の似顔絵が見守る」

 社長室の向かいの棚の上に、父の似顔絵を置いています。25年以上前、僕が製版業を引き継いで間もなく亡くなりました。飲みに行って誰かにスケッチしてもらったらしく、引っ越しの時に出てきた。父は自分に仕事をたたき込んでくれた人。もし生きていたら、いまの自分の活動を教えてあげたいですね。

◇アゾンインターナショナル

藤沢市石川4丁目。2005年に茅ケ崎市から移転。ドールの服はベトナムで、ボディーは中国で、頭と顔は日本で作り、本社で組み立て、発送する。秋葉原のほか藤沢(本社に併設)、大阪、名古屋に直営店がある。

(小北清人)

PR情報

ここから広告です

横浜総局から

身近なニュース、教えてください。
身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
【E-mail:kanagawa@asahi.com】
★ツイッターでの情報発信も始めました。
https://twitter.com/asahi_yokohama

朝日新聞 横浜総局 公式ツイッター

注目コンテンツ