メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

企画特集 1【選挙の風景】

報道を離れ投票啓発

写真: 拡大

 うっとうしく、じめじめした梅雨空での選挙戦が続く。

 その日も、夜半から雨になった。12日、江ノ電長谷駅に近いカフェ。酒を手にした人たちでいっぱいのなか、小さなテーブルで「選挙データカフェ」と題する小さな催しが開かれた。

 「某放送局現役報道プロデューサー」が来る、と予告にあったが、5月末に辞めていた。飯田能生さん(54)は1987年にNHK入局。初任地の福島で原発報道に取り組んだ後、「おはよう日本」などニュース番組制作を担当。ほかに長年携わったのが選挙分析だった。

 「政治の雲行きがおかしい」と感じたのは第2次安倍政権から。野党もだらしないし、自民党政権を否定するつもりはない。だが、安倍政権は異質に映った。原稿を書く立場にない自分がもどかしかった。「地域で選挙への関心を高めよう」と昨年12月にできた「@湘南市民連絡会」の共同代表となり、今年になって横浜、藤沢など県内各地で勉強会を開いた。

 5月19日、広島への異動を打診された。単身赴任の準備をしていて、ふと思った。「選挙を前に(会を)ほっぽり出していいのか」。妻は「そろそろ好きなことをやったらどう」。24日、辞めると局に伝えた。

 今月3日、県内をボートで川下りしながら投票を訴えるイベントに参加、横断幕を掲げた。ボートは向かい風に苦しんだ。

 参院選公示間もなく、新聞各紙は電話調査などに基づく序盤情勢を報じた。与党の強さが際だつ内容ばかりだった。

(小北清人)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ