メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

企画特集 3【ひと神奈川】

顔に絵を描いて 広がる交流

写真: 拡大

写真: 拡大

■フェース&ボディーペイントアーティスト 深井 仁美さん(48)

 顔や体に絵を描くフェースペイントやボディーペイントのアーティストで、イベントなどでのペイントを請け負う会社「デコデコ」を経営する。

 出会いは1999年、横浜で毎年開かれているイベント「野毛大道芸」。ネイリストの腕を見込まれ、出演できなくなった海外のアーティストの代役で、フェースペイントに初挑戦した。「小さい柄なら、顔に絵を描くのにかかる時間は3分くらい。たったそれだけの時間で『ありがとう』と言われるコミュニケーションがすごく幸せ」とはまった。

 2002年のサッカーワールドカップ日韓大会では、出場国の国旗を顔に描くイベントを横浜などで開き、人気の火付け役となった。2007年には、アメリカ・フロリダ州で開かれたフェース&ボディーペイントの世界大会に出場。青のグラデーションに桜の花びらが散る和風のデザインで優勝を勝ち取り、この世界の第一人者になった。

 現在は、NPO法人「日本フェイスペイント協会」の代表理事として普及活動にも力を入れる。目下の目標は、小学校の美術教育に採り入れてもらうことだ。

 「自分を表現することを学べば、人生の可能性が広がる。フェースペイントにはその力がある」=横浜市金沢区

(前田朱莉亜)

PR情報

ここから広告です

横浜総局から

身近なニュース、教えてください。
身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
【E-mail:kanagawa@asahi.com】
★ツイッターでの情報発信も始めました。
https://twitter.com/asahi_yokohama

朝日新聞 横浜総局 公式ツイッター

注目コンテンツ