メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

企画特集 1【どうする?研究費】

(中)自作のゆるキャラで稼ぐ

写真:自らがデザインした「クマムシさん」の帽子をかぶり、ぬいぐるみを手にする堀川大樹さん=東京都渋谷区 拡大自らがデザインした「クマムシさん」の帽子をかぶり、ぬいぐるみを手にする堀川大樹さん=東京都渋谷区

写真:「カラスをだますドローン」の完成を目指す塚原直樹さん=葉山町の総合研究大学院大学 拡大「カラスをだますドローン」の完成を目指す塚原直樹さん=葉山町の総合研究大学院大学

写真:「アカデミスト」代表取締役の柴藤亮介さん=東京都港区 拡大「アカデミスト」代表取締役の柴藤亮介さん=東京都港区

■クラウドファンディングも活用

 研究者が予算確保に苦労する中、自前の資金調達に動き出した人たちがいる。

 慶応大特任講師の堀川大樹さん(39)は研究対象のクマムシをモデルに、丸くて愛嬌(あいきょう)のあるキャラクター「クマムシさん」を考案し、グッズ販売で研究費を稼いでいる。

 クマムシは体長1ミリ未満。放射線、超低温や乾燥にさらされると丸まって縮み、体内の水分を減らして「乾眠」という状態に。極限環境で生き抜くことから、「最強生物」と呼ばれる。堀川さんは神奈川大理学部の研究室でクマムシに出合い、「歩き方がかわいくて、仮死状態になってもすぐに生き返るところがかっこいい」ととりこになった。北海道大や東大などの研究室を転々とし、研究を重ねた。

 博士の学位を取るまでは順調だったが、当時クマムシを研究対象とする研究室はほとんどなく、就職先が見つからなかった。半年間、ほぼ無給で博士研究員を務めた。NASAのシンポジウムで学生賞を受賞し、アメリカで2年間の博士研究員の職を得た。

 その後、フランスから誘いを受けたが「予算が下りなかった」とほごにされ、再び就活に苦戦。2010年ごろ、奈良の「せんとくん」などのゆるキャラが世を賑わせていた。「かわいいクマムシをゆるキャラ化したら受けるに決まっている」とイラストレーターやぬいぐるみ作家に頼んでグッズ販売に乗り出した。

 ぬいぐるみの大量生産を始めた13年からの4年間で3千万円以上を売り上げ、メルマガの購読料などと合わせて生活費や研究費をまかなっている。

 学術系のクラウドファンディングサイト「アカデミスト」でも支援を募っている。寄付金額によって、ぬいぐるみなどの返礼品を贈る。「国家予算も限られる中で、基礎研究だけにカネを回せとは言いづらい。日本では、えたいの知れない研究には投資せず、はやりのテーマに大型予算をばんと出す傾向にある。新しい仕組みで研究を盛り上げられたらうれしい」

■カラスを追って

 緑豊かな山に囲まれた、三浦半島の湘南国際村。総合研究大学院大学助教の塚原直樹さん(37)もアカデミストで研究資金を集めた一人だ。研究スペースには、スピーカーを搭載したドローン4台と、2体のカラスの剥製(はくせい)が並ぶ。

 声なのか、見た目なのか。カラスは何を「カラスらしい」と思うのか解明し、最終的には剥製(はくせい)をドローンで飛ばして、聴覚でも視覚でもカラスを「だます」装置を作りたいという。「邪魔者のカラスを追い払って、困っている人たちの手助けをしたい」

 宇都宮大学で所属した研究室で、指導教官に「カラスが何を話しているのか明らかにしろ」と研究テーマを与えられた。あちこちに出かけ、1年で約500の鳴き声を録音した。警戒しているときの鳴き声をスピーカーで流すと、周囲のカラスが逃げていくこともあった。

 国の研究費に採択されたことはないが、学内の競争的資金や民間の財団からの援助、企業との共同研究などで研究費を捻出している。だがドローンなどの機器を用意するには、もっとお金が必要だった。共同研究者と一緒に15年10月から「アカデミスト」で支援を募り、2カ月で約65万円を集めた。

■支援サイト開設

 「アカデミスト」代表取締役の柴藤亮介さん(32)も元々理系の研究者。サイトを立ち上げたのは、「面白いアイデアを持っている研究者が発信できる仕組みを整えたい」と考えたのが始まりだった。

 首都大学東京の大学院在学中、知り合いに声をかけて、異分野交流を目的とした交流会を立ち上げた。都内のカフェなどで全8回開催し、多い時は約100人の参加者を集めた。未知の分野の研究者と語らい、研究者には発信の場が少ないと感じた。

 大学に出向いて事業の説明をすると、複数の年配の教授が「学問の価値は専門家が評価するべきだ」と研究を市民にアピールして収益を得る仕組みに拒否感を示した。だが、徐々に支持を集め、30代から40代を中心とする研究者40人以上がクラウドファンディングに挑戦し、支援を募った。そのうち8割以上の研究者が目標金額の獲得に成功したという。

 「研究を理解してもらうのに、グッズがかわいいとか、おもしろそうといった切り口から入ってもらうのもありだと思います。マニアックな研究には国や大学の補助金はつきにくいけれど、お金がつきづらいからといって諦めてしまうのはもったいない。研究者を支援できる方法を確立したいんです」

PR情報

ここから広告です

横浜総局から

身近なニュース、教えてください。
身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
【E-mail:kanagawa@asahi.com】
★ツイッターでの情報発信も始めました。
https://twitter.com/asahi_yokohama

朝日新聞 横浜総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】10万円で手に入る

    老舗ブランドの傑作時計!

  • 写真

    【&TRAVEL】石垣と天守からの美しい眺め

    越前大野城のみどころ

  • 写真

    【&M】肉と衣が絶妙なバランス

    東京・銀座「とん」

  • 写真

    【&w】ディズニーの、あの館を解剖

    ほんやのほん

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「目が覚めると戦争が…」

    中村文則の小説の風刺と挑発

  • 写真

    WEBRONZA子どもの自殺、どう防ぐ

    学校だけに頼った社会制度

  • 写真

    アエラスタイルマガジン[美女スナップ]飯豊まりえ

    みずみずしい今を切り取る

  • 写真

    T JAPAN坂本龍一がキュレートする

    グレン・グールドの世界

  • 写真

    ハフポスト日本版 男が痴漢になる理由

    満員電車でくり返される性暴力

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ