メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

企画特集 3【神奈川の記憶】

(117)ウナギをめぐる民俗学

写真:かつては龍の化身とされたウナギだが、今では夏の風物詩。食べないタブーは関東地方では栃木県に多かったという=横浜市中央卸売市場 拡大かつては龍の化身とされたウナギだが、今では夏の風物詩。食べないタブーは関東地方では栃木県に多かったという=横浜市中央卸売市場

写真:神奈川大の佐野賢治教授。民俗学が専門で、日本民具学会の会長などを歴任。「虚空蔵菩薩信仰の研究」「星の信仰」「現代民俗学入門」などの著作がある 拡大神奈川大の佐野賢治教授。民俗学が専門で、日本民具学会の会長などを歴任。「虚空蔵菩薩信仰の研究」「星の信仰」「現代民俗学入門」などの著作がある

写真:横須賀市鴨居の能満寺の本尊「木造虚空蔵菩薩座像」。室町時代の1399年の作で、古くから地域の信仰を集めてきた。右手に剣、左手に玉を持っている 拡大横須賀市鴨居の能満寺の本尊「木造虚空蔵菩薩座像」。室町時代の1399年の作で、古くから地域の信仰を集めてきた。右手に剣、左手に玉を持っている

■「丑・寅生まれ」禁忌なぜ

 ◆仏教・伝説…文化の地層を再発掘

 夏になると恋しくなるウナギだが、そのウナギをめぐりとても興味深い話を、民俗学者の佐野賢治神奈川大学教授から聞いた。

 「ウナギを食べないという地域や集団のあることを知っていますか」

 そんなことを問いかけられたのがきっかけだった。丑(うし)年と寅(とら)年生まれの人は食べないといったことを聞いたような思いはあるが、うろ覚えだ。

 「その通りで、丑・寅生まれは食べないという言い伝えがあり、私も寅年生まれで食べませんが、それはなぜなのでしょう」

 そこから佐野さんの個人授業が始まった。

 「丑・寅生まれの守り本尊とされる虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)がウナギとかかわりが深く、そこからウナギを食べないタブーが生まれました。ウナギは虚空蔵菩薩の乗り物だとか、使者だと考えられたのです」

 虚空蔵菩薩と突然いわれても、それこそ何なのか。

 「サンスクリット語でアーカシャ・ガルバといい、アーカシャは天空、ガルバは胞胎蔵の意味。〈蔵すること虚空のごとし〉と漢訳され、無尽蔵の功徳を与えてくれる菩薩です」

 インド生まれの菩薩なのだが、その受容のあり方が民族や国によって大きく異なっている。

 「インドやチベットでは八大菩薩の一つとして、中国や韓国でも寺院内でまつられてきたのですが、日本ではウナギと結びつくように民俗信仰として展開しました」。それが仏教の日本化の一例として佐野さんには興味深いという。

     *

 虚空蔵信仰で最も身近なのは「十三参り」。13歳になると知恵授けを願いお参りする。一種の暗記法である「虚空蔵求聞持(ぐもんじ)法」を空海が修して悟りに至ったことに由来する。

「空海が開祖の真言系の僧侶・修験者により広まったことが考えられます」

 死者を追善する回忌供養ごとに仏を配置する十三仏で、虚空蔵は三十三回忌の主尊にあてられている。三十三回忌は弔い上げ、最後の法要で、これ以後、死者は個性を失い祖霊、ご先祖さまになる。

 「民族とは何かを考える時、精神的共通性、共属・共感意識が大きなかぎとなります。死んだらどこへどう行き、どう過ごすのか、葬送他界観念の一体化はそれだけに重要です」

 死ぬと霊魂は山に行きご先祖さまになるという山中他界観念を、山の宗教者である修験者が仏教の浄土思想と習合させて「十三仏」信仰を生み出したという。

 「十三の仏・菩薩の組み合わせは日本独自で、祖先崇拝の体系化に仏教の寄与があったことになります。最終仏に虚空蔵菩薩がくるのは、天と地、地蔵菩薩との対応です」。十三仏信仰は中世に説かれ、江戸時代初期には定着したという。

 虚空蔵さまの知識はいくらかついてきたが、ウナギとはどうつながるのか。

 「そこがまた日本的な仏教民俗なのです」

     *

 全国各地に空海、弘法大師の伝説が残る。その多くは、杖で地面を突くと泉がわいた、ため池を作った、堤を築いたといった水にまつわるもので、河川工学の実際的知識を持った空海の活動を反映していると佐野さんは分析する。

 水界の主は想像上の龍だが、現実的には生命力あふれるウナギがあてられた。地震はナマズにより起こされると同様に洪水はウナギが起こすものと考えられ、水を制御する法を伝える真言系宗教者により災害消除を説く虚空蔵経とウナギが結びつけられたという。

 ウナギをめぐる佐野さんの話はさらに続く。

 民俗学者の柳田国男は日本人らしさ、民族性の成り立ちを「稲作」「家」「先祖崇拝」の三位一体に求めた。『海上の道』でわれわれの先祖は、ヤシの実が漂着するように稲を携え黒潮に乗って南方からやってきたと説いたが、稲伝来の本流は大陸から東シナ海、朝鮮半島を経由するルート。

 そこで佐野さんが注目するのが虚空蔵信仰とは関係なしにウナギを食べない地域だ。黒潮に洗われる鹿児島や伊豆七島にあった。

 「産卵地や回遊の生態が近年明らかになってきましたが、ウナギの故郷である南太平洋の諸民族には、ウナギを先祖の化身、洪水の起因者とする神話が広く存在します。その文化伝統がもたらされたと考えることができるでしょう」

 大陸から北回りで伝わった仏教と、黒潮のウナギの結合から日本文化形成の新たな視角が浮かびあがる。

 「自分の背中を見るには鏡が必要です」と佐野さん。ウナギを食べないという風習を糸口に日本文化の積み重なった地層を再発掘する作業ともいえそうだ。

(渡辺延志)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

横浜総局から

身近なニュース、教えてください。
身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
【E-mail:kanagawa@asahi.com】
★ツイッターでの情報発信も始めました。
https://twitter.com/asahi_yokohama

朝日新聞 横浜総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ