メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

企画特集 3【神奈川の記憶】

(129)「戦後横浜に生きる」展

■占領下、傷ついた街と人々

◇社会の影に迫った写真家夫妻

 横浜都市発展記念館(横浜・日本大通り)で開催中の「戦後横浜に生きる」展は、敗戦の焼け跡から立ち上がる横浜に焦点を当てた企画だ。追っているのは街の姿にとどまらない。何よりも印象的なのは、その街に生きた人々の姿だ。

 横浜を拠点に活躍した写真家の奥村泰宏さん(1914〜1995)と常盤とよ子さん(1928〜)夫妻の作品で展示は構成されている。ともに県写真作家協会の会長をつとめた夫妻の膨大な作品や資料が記念館に寄贈されたことを受けての企画だ。

       *

 奥村さんは、米軍の占領で変化する横浜の街にカメラを向けた。立ち並ぶかまぼこ形の兵舎を収めた一枚は、福富町から吉田町というから伊勢佐木町近くの一等地を写したものだ。46年9月段階で横浜市内では921ヘクタールが接収されていた。中区は35%に当たる392ヘクタールが接収された。山下公園には将校宿舎が、伊勢佐木町の裏には小さな飛行場まであった。

 駐留の米兵は9万4千人に上った。「ヨコハマは米軍がウヨウヨする街となりました」と奥村さんは書き残している。英語の看板が並ぶ目抜き通りを米兵やその家族が歩くといった写真も多い。駐留兵を目当てに日本人も横浜に集まってきた。「パンパン、浮浪児、風太郎、ルンペンが彷徨(ほうこう)」するようになったと奥村さんが記した街の様子も数多く撮影している。

 常盤さんは働く女性の姿をカメラに収めた。美容師や看護師、女子レスラーに始まり、しだいに夜の街で働くダンサーやヌードモデル、米兵を相手にする女性など偏見の目で見られた人たちへと迫った。

 それが好奇心からではなかったことが、夫妻の作品の意味を深めている。

 奥村さんは戦災で被害を受けた人たちを救済する社会活動に身を投じた。46年12月には中区の神社の境内にボーイズホームを建設し、戦災孤児や行き場のない子どもの保護に乗り出した。47年に日本厚生団が設立されると専務理事に就任。そうした活動を通して直面、目撃した〈社会の影〉を撮影した。作品が強い社会性を帯びている背景だ。

 中区山手の聖母愛児園にはたびたび通った。占領軍兵士と日本人女性の間に生まれた子どもたちのあどけない姿を追っている。

 常盤さんの作品はさらに一歩、深い所へと踏み込んでいる。売春街の赤線地帯では、性病検査の様子まで撮影。採血される女性の表情は鮮明で、列を作る女性の数の多さに驚く。

       *

 企画を担当した調査研究員の西村健さんは「2人の作品は美術として評価されてきましたが、横浜の戦後を示す歴史資料としても価値が高い」と説明する。

 ボーイズホームで始まった活動は茅ケ崎の子どもの園へと引き継がれている。そこには戦後の混乱期を伝える資料が残っていた。どのような経緯で孤児になったかといった調書の類。さらに、どのように生きてきたのかを子どもたちがつづった作文もあった。それらも展示されているが、「こんな物が残っているとは。驚きました」と西村さん。

 そうした厳しい幼少期を過ごした人たちの話も西村さんは聞いている。「成功した人もいるのですが、そうでない人も多いようで気がかりです」という。

 横浜空襲で奥村さんは家を失い、常盤さんは父親を亡くしていた。写された人だけでない。写した人も戦争によって深い傷を負っていた。そんな時代があったことを夫妻の作品は教えてくれる。

 12月24日までの開催。

(渡辺延志)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

横浜総局から

身近なニュース、教えてください。
身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
【E-mail:kanagawa@asahi.com】
★ツイッターでの情報発信も始めました。
https://twitter.com/asahi_yokohama

朝日新聞 横浜総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ