メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高知

ピックアップ

高知の情報

特集

高校野球
百恵百回
夏の甲子園は百回。高知商創部は百年。野球担当の百恵(ももえ)記者がお届けします。
連載/特集
高知総局発の連載記事をご紹介します。

高知のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

よるまきの [観察・ウォッチング][花・植物のイベント][イルミネーション・ライトアップ]

よるまきの

  • 2018年10月06日(土) ~ 2019年03月31日(日)
  • 高知自動車道「高知」ICから五台山方面へ約20分
  • 2018年10月から温室と南園一帯をライトアップして牧野植物園の夜を楽しめる夜間開園がスタート! 土曜日は通常17:00までの開園時間を延長。光と音の演出が楽しめるのはもちろん、音楽イベントや星空観察会などのミニイベント、飲食出店なども企画される。
企画展「海洋堂宮脇センムの蔵出し!プラモ道 連載100回記念とプラモ誕生60周年大展示会」 [展示会・展示イベント]

企画展「海洋堂宮脇センムの蔵出し!プラモ道 連載100回記念とプラモ誕生60周年大展示会」

  • 2018年11月03日(土) ~ 2019年02月11日(月)
  • 高知自動車道 四万十町中央ICより約30分JR打井川駅よりバスで5分(土曜・平日は送迎可。※要問い合わせ)
  • 宮脇専務が世の中にモケイの持つ可能性と面白さを伝えるべく、2010年にフィギュア専門雑誌「フィギュア王」にて始めた連載企画「海洋堂 宮脇センムの蔵出し!プラモ道」その連載100回を記念して、これまでに掲載された陸・海・空その他のモケイから、見たことも聞いたこともないような貴重な名作・珍品モケイまで、ありとあらゆるジャンルのセンムコレクションを大展示する。
企画展「ほねほねカーニバル(秋から冬編)」 [展覧会]

企画展「ほねほねカーニバル(秋から冬編)」

  • 2018年09月29日(土) ~ 2019年01月27日(日)
  • 高知自動車道「伊野」ICから国道33号を経由して約30km、約40分JR土讃線佐川駅下車黒岩観光バス「佐川」から15分「宮の前」下車徒歩10分
  • 骨のかたちを見てみるとその動物の生態が見えてくる。9/29~10/28「魚の透明骨格標本」、11/10~12/16「鯨と魚の骨」、12/22~1/27「動物園の人気者の骨」。開館記念日10/11入館料無料。関連イベント 10/28 11:00~12:00「ホネホネお話会―骨と健康との関係のお話―」博物館3階ロビー ※事前申込不要
イルミネーションフェスタ2018 [イルミネーション・ライトアップ]

イルミネーションフェスタ2018

  • 2018年11月30日(金) ~ 2019年01月20日(日)
  • 高知ICより約15分JR高知駅から徒歩約10分
  • 毎年恒例となっている高知市中央公園のイルミネーション。約25,000球のLEDで彩った17mのツリーが公園内に出現する。周辺にも数々のイルミネーションが登場し、高知の冬を明るく彩る。
押し葉標本30万点記念特別企画「標本展」 [展示会・展示イベント][花・植物のイベント]

押し葉標本30万点記念特別企画「標本展」

  • 2018年11月10日(土) ~ 2019年01月14日(月)
  • 高知自動車道「高知」ICから五台山方面へ約20分JR高知駅より「MY遊バス」で約30分
  • 総合植物園を目指し牧野植物園がリニューアルした平成11年、標本庫は整備された。標本庫に収蔵される植物標本が、平成30年の今年、ついに30万点に達する。これらの標本は、植物調査ボランティアや職員の研究活動によって、高知県をはじめ国内外で採集された標本で学術的価値がある貴重な資料だ。今展では、その役割や活用などをわかりやすく紹介する。
第14回 まんがの日記念 4コマまんが大賞作品展 [展覧会]

第14回 まんがの日記念 4コマまんが大賞作品展

  • 2018年12月08日(土) ~ 2019年01月14日(月)
  • 「高知」ICより約10分土佐電鉄「はりまや橋」または「菜園場町」下車 徒歩約5分
  • 11月3日は「まんがの日」。これを記念し、横山隆一記念まんが館ではプロ・アマ問わずに4コマまんが作品を公募。2018年は、一般部門・ジュニア部門併せて、日本全国から959点の応募があり、その中の入賞作品、一次審査通過作品を中心に展示する。また、会場では入賞作品以外の中から、来場者が選ぶ“ギャラリー賞”の投票も行われる。
芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師 [展覧会]

芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

  • 2018年10月28日(日) ~ 2019年01月06日(日)
  • 高知自動車道高知ICより約10分とさでん交通路面電車「ごめん」「領石通」または「文珠通」行き「県立美術館通」徒歩5分
  • 幕末維新の激動の時代を生きた浮世絵師、月岡芳年。血みどろの人物像を描く「無残絵」で広く知られるが、時代の求めに応じて戦争画、新聞挿絵、美人画など、幅広いジャンルを手掛けた。今展では、世界屈指の西井コレクションより、芳年の画業を総覧的に紹介し、その魅力に迫る。
一條大祭 [お祭り][年中行事・歳時記]

一條大祭

  • 2018年11月22日(木) ~ 2018年11月24日(土)
  • 土佐くろしお鉄道中村駅より徒歩約20分
  • 一條神社の秋の大祭に合わせて市内一円で3日間、御神火提灯行列や稚児行列、神楽など様々な行事が盛大に開催される。町は数万人の人出で大いに賑わいを見せる。
Handmade Market in Kochi Vol.21 [展示会・展示イベント][フリーマーケット・バザー]

Handmade Market in Kochi Vol.21

  • 2018年11月23日(金) ~ 2018年11月24日(土)
  • 高知ICより約10分/高知龍馬空港より約30分高知駅より電車ではりまや橋下車徒歩5分/菜園場下車3分
  • 高知県内外の手作り作家・102ブースが集まり、展示販売を行う。年に2回の西日本最大級の室内マーケットへ、今年もでかけよう!
【紅葉・見ごろ】安居渓谷 [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】安居渓谷

  • 2018年11月10日(土) ~ 2018年11月25日(日)
  • 高知道「伊野」ICから約90分
  • 毎年多くの人が楽しみにしている安居渓谷の紅葉。安居川上流の宮ケ平から10kmにわたって続く渓谷で、みかえりの滝・飛龍の滝・昇龍の滝・千仞峡などと呼ばれる見所となるスポットが数多く存在する。「仁淀ブルー」と呼ばれる青く澄んだ水の流れは、神秘的で美しい。秋色に染まった絶景をお楽しみに。

高知総局から

マイタウン高知では県内の主なニュースや、イベントなど身近な話題を提供します。情報やご意見をお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 高知総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】開放型に脚光再び!

    快適イヤホン生活

  • 写真

    【&TRAVEL】僕の本質はインスタで表現

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】スマホで撮った写真は現実か

    最新機種が変える“写真”の意味

  • 写真

    【&w】いま音楽映画に酔いしれたい

    ART&MOVIE

  • 写真

    好書好日熱きボクサー時代を絵本に

    南キャン・しずちゃんの思い

  • 写真

    WEBRONZA自民党と北方領土の関係

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本人が知らないオレゴン

    観光客を魅了するわけとは?

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    南インドの定食「ミールス」

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippoモデル・松島花さん

    保護猫の情報発信をする理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ