メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

今週のこの人【この人】

海秀道さん

  お寺を訪れた日、玄関脇の掲示板に、有名な峠三吉の詩「にんげんをかえせ」が張り出されていた。お寺の前の道は、本渡中学校の通学路にもなっている。生徒たちに読んでもらえるようにとの配慮だという。

  檀家(だん・か)の法事のたびに、遺族が語る戦争の悲惨さ、傷跡の深さを思い知らされてきた。

  2年前から海さんの法話には憲法が引き合いに出されている。「浄土とは、争いのない理想社会。そこに向かって歩んでいこうという崇高な理念を示したのが憲法の前文であり、9条。争いの絶えない現実をこそ変えるべきで、理念を変えるべきではない」と説く。

 戦後60年となって痛感することは、戦争を直接体験した人が少なくなってしまっている現実。海さんですら、自ら戦争を体験したわけではない。この国が、同じ道を歩かないために、戦後育ちの私たちがすべきことは何だろう。(園田裕道)

  ――憲法9条を中心に「改憲」の動きが強まる中で、5月に「護憲」に取り組む「あまくさ九条の会」が誕生した。住職の傍ら、代表の一人として平和運動に取り組む熱意の源は何か。

  大谷大学(京都市)で学んだお陰でしょうか。入学当時、学長は90歳を超えた真宗学の権威・曽我量深先生。名誉教授は同年配の鈴木大拙先生、金子大榮先生ら、そうそうたる顔ぶれだった。

  同大の安田理深先生は、親鸞を学ぶ姿勢を「聖典と新聞の間に身を置け」と教えられた。つまり、仏の教えと現代社会の諸問題の両面から問い詰められ、引き裂かれる苦痛の中から自らの問いを持て、と。70年代安保を京都で過ごし、結果として平和運動に関心を持つようになった。

  ――門徒には戦争の遺族が多いと聞きました。

  天草から徴用された人たちは、最前線に配置された人が多いようで、それだけ戦争の犠牲者が目立つ。寺の過去帳にも、戦死の記載が50人を超えている。いかに多くの人が死地に追いやられたかがうかがえる。親子4人が出征して4人とも戦死した家族もいる。うち1人は気の毒にも終戦の日に戦病死している。

  南満州鉄道に勤務していた夫が現地召集で戦死し、3人の幼子と胎児を抱え、旧満州から男の格好をして必死の思いで帰郷した女性。戦後の混乱や原爆による被爆死など戦争の傷跡は、子々孫々に大きな影響を残した。

  戦後60年の節目の年に、改憲の動きが強まっている。一度来た道は歩きやすい。「こんなはずではなかった」ということになりかねない危うさを、ひしひしと感じる。

  ――門徒の中に、平和運動は宗教の趣旨から外れると批判する意見もあるようだが。

  うちの寺が所属する真宗大谷派は、本山機関誌「真宗」の中で、一貫して首相・閣僚の靖国神社参拝に中止を要請してきた。

  「あまくさ九条の会」結成記念集会のパンフレットには「憲法九条は浄土への道しるべ」とした。阿弥陀様の本願の呼び声を、私は「人間力を身につけ、平和力を養って下さい」と表現した。これに対し、「宗教の枠を逸脱している」と批判の手紙を頂くことがあるが、ほとんどの門徒さんは平和を希求している。

  ――戦争体験を語れる人が少なくなってきた。若い世代に語り継ぐ手立ては。

  毎年末、南京大虐殺から生き延びた人たちの証言を聞く集会を市民団体と共催している。戦争が人間を鬼にすることを教えられる。

  5年前、日中友好協会50周年記念訪中団の一員となり、南京大虐殺記念館を訪問した。その際、広場の塀に大書された「前事不忘 後事之師」が目についた。「前の教訓を忘れず、後の教訓にする」という意味で、当時の周恩来首相の言葉だという。

  映画や本などでも、戦争の悲惨さの情報は得られるが、正しい歴史認識を学ぶことが大切だと思う。戦争には聖戦も偉業もない。

   かい・しゅうどう 47年、本渡市生まれ。大谷大学大学院で真宗学を専攻。修了後、真宗大谷派本山で10年勤務。機関誌「真宗」の出版に携わった。89年に帰郷し、94年に2代目東光寺住職となる。98年10月、地球市民講座を立ち上げ、環境、平和、教育などのテーマで講師を迎え、会員とともに勉強を続けている。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ