メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

今週のこの人【この人】

太田明さん(国立療養所菊池恵楓園自治会長)

 国立療養所菊池恵楓園自治会長(60歳)

 ――南小国町のホテルによる宿泊拒否問題が起きた背景は

 長すぎた隔離政策で病気に対する差別が色濃く残っていた。96年のらい予防法廃止後、十分な啓発活動がなされていなかった。01年の熊本地裁判決後、行政もやっと啓発活動に力を入れはじめたが、まだわずか2年。起こるべくして起こった、と言える。今回の教訓を今後の人権教育に生かすことが重要だ。

 ――「元患者」という呼称についての認識は

 「元患者」には排除性を感じるが、状況に応じて「元患者」や「回復者」「入所者」を使い分けるのがいい。最後は「恵楓園の太田さん」と呼ばれたい。僕としては「元患者」より「回復者」がベターと思う。でも、後遺症のリハビリは続けなければならないし、医学的にみて「回復者」とまで言えない。社会の意識や家族とのつながりといった真の「人権の回復」にも至っていない。「回復者」はちょっと早すぎるのでは。

 ――今後の啓発活動で最も力を入れるべきなのは

 学校教育だ。二度と宿泊拒否のような差別を起こさせないために、若い人たちには期待したい。今回の問題でも、僕ら入所者が啓発に取り組んだ小中学校の子どもたちからたくさん激励の手紙が届いた。うれしかったね。努力は確かに結実している。今回の問題を乗り越えられたのも、子どもたちのおかげだ。

 ――講演活動でどんなことを訴えているのか

 病気そのものへの理解は当然だが、隔離政策の中で、我々自治会がどんな歩みをしてきたかを伝えたい。施設と自治会が車の両輪となって菊池恵楓園を形作ってきた自負がある。閉ざされた療養所の中で生きがいを求め、人間らしく生きようとする入所者の代弁ができるよう訴えている。

 ――太田さん自身、療養所生活を続けることについて

 20代後半に再入所した頃は、病気を治し、何か資格をとって独立しようと考えた。急激な治療では目の障害など後遺症が残る可能性があったから、ゆっくり治療を続けた。完治までに10年ほどかかった。79年に、おやじが死んだ。社会への未練がふと、なくなった。おやじを通じて社会と接していたんだろう。

 ――完治している入所者が療養所にとどまらざるを得ない理由は

 医学的に完治していても社会的には治癒していない。高齢で身体的な障害があることも理由の一つだ。また、療養所内の人間関係は、家族のきずなより深いものになっている。お互いの存在が生きる支えになっている。

 ――入所者の高齢化が進み、全国13の国立療養所の統廃合も議論に上っている

 入所者は減り続け、10年先には統廃合は避けられない問題になっているだろう。だが医療、自然環境に優れた療養所は存続させるべきだ。療養所は入所者のふるさとに等しい。統廃合に直面しても入所者の意思を最大限尊重してほしい。僕ら入所者も心の準備が必要なことを感じている。

  *

 太田明 熊本県出身。8歳でハンセン病を発病し、菊池恵楓園に入所。東京都内の商社に就職したが、再発し、72年再入所した。85年から同園入所者自治会役員を務め、99年から自治会長に。趣味は登山とカメラだが、「会長になってからは暇がありません」。

 ○問題の背景探る 冷静な姿勢常に

 南小国町のホテルが菊池恵楓園入所者らの宿泊を拒否した問題が発覚した昨年11月18日は、くしくも太田さんの還暦の誕生日だった。「ハンセン病とは切っても切れない付き合いだな」と苦笑していた。

 ホテル側の釈明が二転三転したことで、太田さんは年末まで自治会組織内での協議や報道陣への対応に追われた。だが、感情的になりがちな場面でも、常に冷静さを失うことがなかった。

 全国の入所者組織内には「太田は優しすぎる」という声もある。だが、ホテル側の対応を批判するだけではなく、常に問題の背景を探ろうとする姿勢が、冷静沈着な対応ぶりに表れていると感じていた。

 菊池恵楓園の入所者の平均年齢は76歳。白髪こそ増えたが、太田さんはまだ若い。「我々を受け入れる社会環境はまだ整っていない」と太田さんは言う。隠居するまでに、やり遂げなければならない仕事は多い。
 (西山貴章)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ