メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

今週のこの人【この人】

幸山昌生さん(立神峡「里地公園」館長)

  −−環境学習の場とは、どういう所ですか

  ここはもともと里山。里山の保護や、昔の生活文化を体験する公園にしたいと造られた環境学習公園だ。12・5ヘクタール。宿泊施設と、ふれあい農園、遊歩道、つり橋などがある。いろんな生き物たちと共存していける暮らしがあるよ、と伝えていく。学ぶ過程で、生きる、生活する、ということを教える場所になる。

  −−どんな活動プログラムがありますか

  たとえば「田んぼの学校」。昔の農具の馬鍬(まが)を使った代かきや草取りで田んぼの虫を観察し、鎌で稲刈りもする。マキで火をおこし、かまどでご飯を炊くすべを知る。五右衛門風呂も体験できる。今の子どもたちは知らないでしょう。炭焼き、わら草履作りなど、地元にいる名人たちと、よそからやってきて体験したい人との接点を作るのが私の役割。

  −−いろんな団体が活動していますね

  里山暮らしを応援し、実践、交流する人の集まりである里山クラブ「どんごろす」や、環境学習活動をするNPO「しぜんあそまなクラブ」の人たちは、いわば人材バンク。子どもたちの指導者であり、ボランティア団体でもあり、ここの運営を支えている。

  −−ホテルマンからの転身だそうですね

  もともと、野外活動が好き。ホテル勤務時代、森林インストラクターの資格も取った。転勤のない、自然の中で生活したいとの思いが強くなり、踏み切った。2人の子どもが気管支ぜんそくで生活環境を変えたかったこともある。お陰で今は病気一つしなくなった。

  −−宮原町との縁は?

  妻の郷里が熊本市、私は佐賀・有田町。ホテルを退職した96年秋、九州北部エリアで仕事を探し、オープン準備中だった泉村の「ふれあいセンターいずみ」の職員に採用されて、移り住んだ。

  もっと自然の中での活動にかかわりたくて3年半で退職。自宅に、山村に伝わる知恵や技を学ぶ体験活動をする「山暮らしセミナーハウス」を開いた。こんにゃく、よもぎ茶づくりなどを企画している。妻が経営する茶房は、旬の素材を使った昼食やお菓子を出す。

  生活が切り替わって家族に苦労をかけているかもしれないが、人生を自分たちで決めながら、大切なものを子どもたちに教えていけたらと思う。

  昨春、前館長が退職するとき後任に推薦してくれ、引き受けた。

  −−里地公園に来る子どもたちに望むことは

  結構楽しんで活動している。自然に触れ、何か発見したときの表情がよくわかる。即効性のある活動ではないが、人や、里山の生き物と関わりながら、幸せの価値観など、何が大切なのかを感じてもらう場になればいいなと思う。

  −−仕事の充足度は

  転身から8年ほど。まだ、これまで積み上げられたプログラムの実践が主です。まだまだ私自身が勉強しなければいけない。ここほど、山あり、泳げる川ありの、学習環境の整った場所はない。良さを知ってもらうためのPRをしていきたい。

  こうやま・まさお 佐賀県有田町出身。武雄高校、中央大学経済学部卒業後、熊本厚生年金会館に就職。鳥取県へ転勤時に智子さん(39)と結婚。泉村下岳で、中学3年、小学6年の男児2人との4人暮らし。熊本ネイチャーゲーム協会理事、泉村観光ガイドインストラクター協会会長。文科省が放課後児童対策で進める「子どもの居場所づくり」のコーディネーターにも宮原町から委嘱されている。03年4月から同町の立神峡「里地公園」館長。

  里地里山は、日本の農村原風景。環境省は「集落を取り巻く二次林と、混在する農地、ため池、草原等で構成される地域」と定義する。

  宮原町の立神峡一帯は、十数年前、巨大な滑り台建設が計画された。だが、国土庁派遣の地域振興アドバイザーが「里山体験の実験場・環境学習の場づくり」を提言。自然保護の考えから、里地公園に結実した。「宮原には宝物は何もないとの意識が変わり、現在の町づくりの原点にもなっている」と職員は言う。

  集落がなくなり、荒れた里山が97年以降、よみがえった。管理棟や55年ごろの農家をイメージした研修施設の里地屋敷、ふれあい農園、キャンプ場、ログハウスができた。当時は全国でにわずか3カ所の環境学習の場だったが、現在、環境学習の活動団体は全国で約千にも達する。

  立神峡は五木五家荘県立自然公園内。環境学習の先進地であり、子どもたちに伝統文化を継承する場として、活用を望みたい。 (花房篤司)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ