メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のこの人【この人】

青山定聖さん(多重債務問題に取組む弁護士)

  −−借金を返すために借金を繰り返す多重債務問題の現状をどう見ていますか

  昨年、全国の交通事故死者数(7702人)を経済苦・生活苦による自殺者の数(8897人)が初めて上回った。多くは多重債務が絡んでいると見ていい。「交通戦争」ならぬ「多重債務戦争」だ。事態は切迫している。

  −−県内での最近の取り組みを

  違法な高金利で貸し付ける「ヤミ金」業者に対しては、弁護士団などが02〜03年に一斉告発を続けた。被害の実態が一般に知られたこともあり、ヤミ金は沈静化の気配だ。代わって今年は、ありもしない債権を仕立てる「架空請求」が急増した。

  貸金を毎日返済する「日掛け金融」は、出資法の特例措置で年54・75%の高金利が認められている。この「日掛け」に悪質な業者が新たに参入してきた。本来の日掛け金融は、従業員が5人以下の自営業者に貸し付ける▽返済期間は100日以上▽貸出期間の半分以上の日数を業者が集金に出向く、という三つの要件があるが、最近、県内では守られない例が目立つ。8月、違法な貸し付けや取り立てをしている39社について、業務停止の行政処分を求めた。

  そもそも、日掛け金融を必要とするような商売は少なくなっている。特例措置は撤廃してもいい。

  −−多重債務を自己責任と見る向きもある

  消費者金融での借金が発端の人が多いが、その商売の実情はどうか。罰則がある出資法の上限金利は年29・2%で、一方、利息制限法は貸出金額によって15〜20%の上限金利を定めている。大半の消費者金融はその間のグレーゾーンに利子を設定して営業しているが、利息制限法の上限金利を超えた分は、本来なら払わなくていい。

  そういったことを業者は利用者にきちんと説明せず、宣伝であたかも楽しい所であるかのようなイメージを流している。最初にふらっと数万円を借りたときから被害は始まっている。金を借りた人への偏見が世間では強すぎるのではないか。

  −−業者の摘発は「いたちごっこ」に陥りかねない。抜本的な対策は

  グレーゾーンを許すいびつな法律を改める。つまり、出資法の上限金利を利息制限法の水準まで引き下げることだ。ただ、消費者金融業界の利益が考慮され、なかなか実現は難しい。

  まずは、行政を巻き込んでの対策を強化すること。昨年、県や県警、県弁護士会が「県ヤミ金融緊急連絡会議」を立ち上げ、情報収集態勢などを話し合ったが、継続しての活動が必要だ。

  契約の基礎知識やクレジットカードの仕組みなど、学校で消費者教育を行うことも重要。経済苦での自殺者の多さを考えると、文字通り「生きる力」を教えることだ。

  −−多重債務に陥っている人に伝えたいことは

  私の事務所には、年間約600件の相談がある。強調するのは「自己破産を含め、多重債務は必ず解決できる問題だ」ということ。「破産者は人でない」という大きな誤解が今でも根強く、結局、死を選ぶ人が多い。破産は人生のリセットボタンと考えて、やり直せばいい。一人で思い悩まず、思い切って専門家に相談してほしい。

  あおやま・じょうしょう 熊本市生まれ。80年、中央大学法学部卒。85年に司法試験に合格し、88年に県弁護士会に登録。91年に独立し、事務所を構えた。県弁護士会の消費者問題対策委員会委員長と熊本少年友の会研修部長を務める。

  「定聖」は僧名。26歳のときに得度した。

  独立した仕事がしたいと弁護士を志し、大学在学中から司法試験を受けた。5度続けて失敗した後、親類が真言宗系の寺だったので、下級僧侶の資格を取った。次の試験に落ちたら、その寺を継ぐ「背水の陣」を敷いて、今度は合格した。

  多重債務問題に力を注ぐようになったのは「相談者が抱える問題を、えり好みせずに取り組んできた結果」だ。多重債務を手がける弁護士が少なかったころ、口コミで相談者が集まってきた。90年代に急増して社会問題化し「強い問題意識を持つようになった」と話す。

  「専門家」ゆえの苦労もある。最近は減ってきたが、無言電話は絶えることがない。「青山を殺す」との脅迫電話を受けたときは、警察を呼んだ。

  「一隅を照らす」が座右の銘。「困っている人の問題を法律家として解きほぐしていく。その中で社会を少しでも明るくできれば」(奥村智司)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ