メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のこの人【この人】

高野茂樹さん(シギ・チドリネットワーク認証に尽力)

  −−球磨川河口干潟が今年8月、シギ・チドリネットワークに認証されました

  この河口は、多数飛来する中継地であり越冬地でもある。世界的に重要な場所だと理解してもらえた。行政と市民が一緒になって、鳥たちについて考えられるようになるのがうれしいですね。

  −−鳥に関心を持つようになったのは?

  子供のころの遊び場は、球磨川でしたから、鳥をよく見る環境で育った。大学で学んだ先生が、熊本野鳥の会(現・日本野鳥の会熊本県支部)を立ち上げた人。その教えを受けて、関心が深まった。当時は、鳥だけでなく、植物なども観察して回り、立田山など熊本市周辺が多かった。

  卒業後、最初に赴任した多良木高校周辺が鳥を多く見る環境にあった。市房山(水上村)によく登り、コマドリなど森の鳥と出合って、自然や鳥の生態にひかれていった。89年に八代高校に転校してからは、干潟だけでなく八代港など、水鳥の生息にも観察にもいい場所がありました。

  −−八代海で見られる鳥の種類は?

  氷川などを含む八代海沿岸で180種類くらい。シギ、チドリの種類が40種類と多いのが特徴。球磨川河口には、ズグロカモメなど希少種も訪れ、日本では珍しいオオズグロカモメも来ます。

  −−観察は、いつ、行くんですか

  週に一度は必ず行きます。いつも、野鳥愛好会の仲間が1人か2人はいます。干潮時を見計らって観察に行きます。鳥が干潟に下りてえさをついばむ時間帯。冬場は、満潮時でも、堤防に集まる場所があるので観察もしやすい。フィールドスコープという地上望遠鏡で観察します。

  いつも来る鳥が来ているかどうか、なぜ来ないのか。鳥たちの生息環境の変化に気をつけます。昨年の正月には、コクガンやオオヒシクイなど珍しい鳥が来た。見ることが出来てうれしかったが、逆に、それまで行っていた場所に、大きな変化が起きて行けなくなったのではないか、と心配になります。

  ズグロカモメは、以前は70〜80羽来ていた。それが昨年から、10数羽になった。ずっと上流部に行っている。それも気がかりです。

  シギ・チドリのデータを85年からとり続け、20年近くになる。そのデータが、今回の認証に役だったと聞いて、うれしく思っています。

  −−今後の願いは?

  水鳥や湿地などを守るラムサール条約に基づく登録地になってほしい。環境省による特別保護地区の指定のほか、自治体や地元の協力も必要で、実現はなかなか難しいかもしれませんが。

  身近な願いは、有明海、八代海を含む内港、内湾の生態系への関心が深まること。干潟は、人と鳥や干潟の生物との共生を探る上で重要な所。干潟や生物の多様性に、たくさん気づいてほしい。

  たかの・しげき

  47年、八代市生まれ。八代高校、熊本大理学部、同大学院修士課程卒(生物学専攻)。氷川高校教諭。86年に八代野鳥愛好会を発足させ、97年4月から会長。04年2月から日本野鳥の会熊本県支部長。96年、九州・琉球湿地ネットワークに参加。99年以降、環境庁、世界自然保護基金(WWF)ジャパンのシギ・チドリ類個体数調査に参加。03年、県環境賞を受賞。

  双眼鏡を手に何度か、八代市の球磨川河口を訪れ、沖へ延びた干潟の中の水鳥たちを観察したことがある。鳥たちがえさをついばみながら跳び歩く姿は、遠目ながらもほほえましい。高野さんが撮影した写真は、2万5千コマに及ぶという。自宅の棚に、90冊近いファイルが並ぶ。

  会長を務める八代野鳥愛好会は約18年間で170回の例会を重ねた。自然から学び、鳥の住む河川・干潟環境の保全を考えてきた。八代市に「市の鳥」の制定を要望し、「カワセミ」を推薦、制定されたことも活動の成果だ。

  ネットワーク参加は、シギ・チドリ類などを支えている湿地の重要性が認められたことを示す。また、世界的にも保全活動を宣言した地点として知られることになる。

  今後の干潟の保全や利用が、教育にも大きな効果を生み出すことは間違いない。球磨川河口を訪れることで、子どもたちに環境保護の意識が芽生え、成人してもその気持ちが続く社会になれば、「共生」は十分、可能になる。

       (花房篤司)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ