メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

今週のこの人【この人】

平岡和徳さん(大津高サッカー部監督)

  −−指導者の道を選んだ理由は

  当時はまだ、Jリーグ設立の動きは水面下だった。帝京高に進学する時、教師の父親と、帝京に行く代わりに筑波大に進学して卒業後は熊本に教員として戻る、と約束していた。

  迷いはあったが、大学4年の時に都内の高校に教育実習に行った際、担当教官から「生徒たちとうまくコミュニケーションをとる」と評された。色々な人に支えられてきたが、教師になってサッカーを教え、サッカー界に貢献・恩返しをしたいと思った。

  −−教師・監督を始めていかがでしたか

  最初に赴任した熊本商は当時、女子生徒が大半で男子生徒は少数。野球部が強く、男子生徒の多くが野球部員だった。サッカー部員は十数人で、練習スペースも狭く、同好会のような状態だった。

  何でこんなところに、との思いもあったが、まさか誰も強くなるとは思っていないこのチームをゼロから作り上げることは、むしろやりがいのあることだと思った。結局、就任4年目に県大会の頂点をつかんだ。

  −−元チームメートのJリーグでの活躍をどう感じていましたか

  もう少し早くJリーグができていれば、と思ったこともある。しかし、現役の選手たちと方面は異なるが、サッカーに対する情熱は誰にも負けないくらい持って頑張ろうと思った。そういう意味でも、彼らは仲間であり、ライバルであり、財産だと思う。

  −−指導する時に心がけていることは

  「プレイヤーズファースト(選手を第一に)」「オープンマインド(心を開いて)」。24時間愛情を持って選手を指導すること。それに子供たちが、どう反応し、決断し、行動するか。それが自分の参考書になる。そのキャッチボールを繰り返すことで前進できる。

  何に対しても変化する努力を継続することが大切で、その先に進化があると選手たちには言っている。努力することを学ぶのが、スポーツの最大の財産。プロセスが大切だということを、部員がいかに感じ取ることができるかが重要だ。

  −−選手に伝えたいものが他にもありますか

  例えば、戦術を磨くためには体力が必要だが、体力をつけるためには精神力が必要。その土台はやはり心、つまり人間形成だ。

  レギュラーになれる選手は限られるが、選手たちにはその後、はるかに長い人生がある。時間がかかっても、5年後、10年後に人から素晴らしさを認められ、いかにレギュラーポジションを取ることができるか。その基礎作り、人間形成をするのが、高校の3年間だと思って取り組んでいる。

  −−高校生にとって、全国高校サッカー選手権大会で準決勝以上が出場する国立競技場は、夢の舞台ですが

  国立のグラウンドに立てば人生が変わるということを、選手たちに実感させたい。今年は選手権出場10回目という節目。何とか、大きな花を咲かせてやりたい。

  「選手の背中を、愛情を持ってポンと押してあげる」。自分の役割をそう例える。

  サッカー部員は現在、約100人。強豪校でありながら、平岡監督は選手の自主性を重んじ、「一切スカウト活動をしない」という。「選手を無理に頑張れと、自分から引っ張る必要がない」

  指導の柱の一つに「人間性の追求」を掲げる。「どんなによいコーチや仲間に恵まれても、それを吸収する人間性が伴わないと意味がなく、戦術、技術の取りこぼしになる」という。

  今夏の高校野球県予選。サッカー部員が、強豪の鎮西高と対戦する野球部の応援に駆けつけた。試合後の観客席でサッカー部員らが、何かしているのを見た。今回の取材で、ごみ拾いをしていたことを知った。平岡監督は出張中で、指示したわけではなかったという。

  「今年は技術面だけでなく、人間性などトータルでも、よい選手がそろった」と平岡監督。30日に開幕する全国高校サッカー選手権大会。頂点を目指す大津高の挑戦が始まる。

      (近藤郷平)

  ひらおか・かずのり

  1965年、松橋町生まれ。松橋中から帝京高(東京)に進み、主将として全国制覇などを経験。筑波大でも主将として活躍し、日本代表の主将も務める。元日本代表の中山雅史選手(ジュビロ磐田)は同大のチームメートで、他にも多くのチームメートがJリーガーに。88年から熊本商の保健体育科教諭でサッカー部監督、93年大津高に異動。大津高サッカー部は11月の県大会で6年連続10回目の全国高校サッカー選手権大会出場を決めた。大会は30日開幕する。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ