メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

今週のこの人【この人】

山中至さん

  ――司法改革に伴って法科大学院(ロースクール)が開学して2年目に入りました。この1年間の自己評価は?

  まったく新しいシステムなので、カリキュラムづくりも含めて走りながら考える状態だった。学生たちにとっては、睡眠時間以外はすべて勉強にあてなければ、ついていけないほど大変だったと思う。ただ、学生自身が強い目的意識を持って入ってきているので、教える側としても大変やりがいを感じた。

  ――カリキュラムの特徴を教えてください。

  1学年の定員30人に対して20人の専任教員をそろえ、マンツーマンに近い少人数教育が特徴。IT(情報技術)を活用した教育も進めている。模擬法廷や講義室をビデオで収録し、それを編集して教材にするシステムがある。また、九州大、鹿児島大の法科大学院と連携し、互いの講義をビデオ会議システムで受講できるようにした。これによって、学生たちが多様な科目の講義を受けられるようになった。

  ――どんな法律家を育てたいと思いますか。

  暗記偏重・マニュアル志向と批判された従来の司法試験を改め、法曹人口の増加を目指す養成制度として生まれたのがロースクール。従来の司法試験予備校のような学校とは一線を画し、受験技術優先ではなく、試験科目以外のことも含めた法律の基礎をより体系的に学ばせ、思考力や法的分析・議論能力を身につけさせたい。基本は「人間教育」だ。人間のことがわかるバランスのとれた法律家になってほしい。

  ――来春から新しい司法試験も始まります。

  法学既修者の2年コースの数人が修了する予定。我々は法律家の養成を担っているのだから、最終的には学生に司法試験に合格してもらわなければならない。新司法試験では全国平均を上回る合格率を目指している。もともと定員を絞っているので、合格者数よりも合格率で勝負したい。九州のトップ・ロースクールにしたいと考えている。

  ――新司法試験は、構想段階ではロースクール修了者の7〜8割が合格できるとされていましたが、結局、初年度の合格率は5割前後になる見込みになり、関係者から不満の声も上がっています。

  合格率が下がったのは、ロースクールの定員数が当初の想定より大幅に膨らんだことも一因。確かに法務省の司法試験委員会は合格者数の大枠を設定したが、その一方で、ロースクールには「質の高いプロセスとしての法曹教育」を期待する、としている。合格率の問題よりも、教育の面で求められている役割をいかに果たすかを考えることが重要だ。

  ――一方で、司法試験の合格枠の増加が質の低下につながらないかと懸念する声もあります。

  そうした懸念にこたえるためにも、厳格な成績評価を行い、安易な単位認定は絶対にしない。結果的に、入学者全員が修了できるということにはならないかもしれない。その半面、修了者は大半が司法試験に合格できるという「品質保証」のできるロースクールでありたい。

  ――教育内容のさらなる工夫も必要ですね。

  教育内容を第三者の目で客観的に評価してもらうことも必要だ。今年度は、独立行政法人「大学評価・学位授与機構」の予備評価を受けることにしており、その結果を受けて講義内容などの工夫や改善に取り組みたい。

  現行の司法試験の合格率は2〜4%。これほどの超難関試験は世界中探しても、そうはないだろう。

  これに対し、法曹人口の大幅な増加と質の向上を目指すのが法科大学院と新司法試験だ。昨年4月に全国で68校が一斉に開学(学生数5767人)。今年度も6校が新たに開学した。

  新司法試験について、「将来は、それまで学んできたことを確認する『資格試験』のような高い合格率になれば理想的」と山中さんはいう。

  確かに、ロースクール修了者の相当数が不合格になるような状況が続けば、「プロセス重視の質の高い法曹養成」というロースクールの理念が覆され、結局は一発勝負の現行の司法試験と同様にマニュアル志向に陥る懸念もある。

  しかし、司法試験の門を広げるためには、ロースクールでの教育が、「超難関」の現行司法試験と同じくらいの社会的信頼を得ることが不可欠だ。目先の合格率にとらわれない地道な取り組みに期待したい。(島田耕作)

  やまなか・いたる 熊本市生まれ。81年、九州大学大学院法学研究科(博士課程)を修了。九州大助手を2年間務めた後、熊本大法学部教授などを経て、04年4月から現職。専攻は日本法制史で、裁判離婚法などを研究している。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ