メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

今週のこの人【この人】

梅木康裕さん

  乗馬クラブは阿蘇の北外輪山、大観峰近くにある。面積約250ヘクタールは国内の乗馬クラブでは最大という。温厚で体力もあるアメリカ原産のクオーターホースを中心に43頭がいる。

  スタッフは研修生2人を含め10人。早朝から夜中まで馬の世話をし、昼間はホーストレッキング、馬場でのレッスンなど乗馬客の相手をする。5年目のホースインストラクター、平山昌利さん(30)は「いい馬をつくるため、末永くこの仕事を続けたい」。三重県からこの5月に来た森川史さん(24)はホースセラピストになるのが夢だ。

  乗馬クラブの主な収入源は、利用料金と調教した馬の売却。「ボランティアを続けるためには、しっかり事業に取り組まねば」と梅木さん。

  馬も放し飼いの犬たちもやさしい。スタッフは礼儀正しい。草原に囲まれたクラブは癒やしの空間そのものだ。(笠 康治)

  ――馬で心身を癒やすセラピーホースの普及に努めていますね。

  十数年前、いじめに遭って不登校になった小6の女の子が両親とやって来て、「乗馬クラブからだと学校に行けそう」と言ったのです。その子を預かり、これから調教する馬の世話を日課にさせました。「みんなが乗れるやさしい馬にしようね」と言い、彼女をしかることも一切せず、3カ月過ごしました。彼女も馬もやさしく成長したのです。

  家に戻った彼女は中学校に通い、卒業まで成績表を見せにきてくれました。今は結婚し、1児のお母さんです。

  馬が人の心をこんなに変えるのか。趣味が高じて始めた乗馬クラブでしたが、彼女を通して初めてセラピー効果に気付き、これまでに小学生から高校生まで約30人を預かりました。

  ――小学校や保育園に出向いて乗馬体験のボランティアをしていますね。

  県内には約2千頭の馬がいますが、ほとんどは馬肉になる。以前熊本市内でアンケートをとったら、(1)おいしい(2)暴走(3)怖いの順でした。馬の素晴らしさを理解してもらいたいと思って。

  馬の触り方、ブラッシングを教え、全員が馬を引き、乗る。元気な子はもっと元気になる。ちょっと元気のない子も笑顔が出る。馬と接してブスッとしている子はいない。元気な子供たちへの変化を見るのは楽しいものです。

  ――馬の調教は。

  けったり、かみついたりしたら大変です。離乳した生後5〜6カ月の子馬に、2〜3週間かけて人と付き合うコミュニケーションルールを教える。牧野に戻し、2年目から本格的にトレーニングする。馬にも個性があって、好き、嫌いがあり、覚えの遅いのもいる。人間の人格を尊重するのと同じで、馬にもある「馬格」を尊重して調教すれば、落ちこぼれはいない。3歳から安心して人を乗せる馬になるのです。

  調教とは、文字通り「調べて教える」です。馬に接しながら、血統などの文献やデータも調べ、1頭ずつ教え方を変えます。教えて育てる学校教育では、偏差値が落ちこぼれをうんだりする。これが登校拒否や引きこもりの子が増える原因でしょう。

  ――NPO法人を立ち上げましたね。

  ホースセラピーを広げるためには組織化が必要です。大阪市に「ホース・フレンズ」事務局を設け、ホースセラピスト養成講座を開いています。理事には生命科学やスポーツ医学が専門の大学教授、臨床心理士がいる。私の役割はセラピー馬の生産と調教です。

  ――今後の抱負は。

  乗馬クラブは高級なイメージがあるが、テニスのような市民の手頃なスポーツとして認知されたい。セラピー効果に限らず、馬に乗っているだけでも、ジョギングと同じ運動量になるのです。

  全国に約600ある乗馬クラブの、1割でもホースセラピーをやってくれたらと思う。ドイツでは騎乗料金にも社会保険や国民健康保険が適用されるんです。ストレスがたまると、医療機関がカルテを乗馬クラブに送ってくれる仕組みが出来上がっているのです。

  うめき やすひろ 大分県竹田市出身。鹿児島県指宿市のホテル勤務後、79年、南阿蘇村に有限会社「梅木観光」設立。00年、阿蘇市湯浦の新宮牧場に移り、乗馬クラブ「夢★大地グリーンバレー」を開設。04年4月、内閣府からNPO法人「ホース・フレンズ」認証。副理事に就任、西日本支局長を兼ねる。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ