メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のこの人【この人】

中島哲也さん

  玉名市のJR玉名駅前に、地域住民による防犯、交通安全運動の拠点ともいえる「駅前パトロールセンター」が開所したのは、03年12月20日。民間交番は全国でも珍しい。

  あれから約2年。うるさかった暴走族は影を潜め、犯罪も減ったという。無報酬で黙々と活動する住民の努力には頭がさがる思いだ。

  だが、運営資金の確保など問題がないわけではない。中島さんは、たまたま事務所の所在地の区長ということで、所長に就任。重い責任を背負うことになった。

  JR玉名駅わきの駐輪場には、700台近い自転車がぎっしり。グリーンの帽子とベスト姿で、倒れたり、乱雑に置かれたりした自転車をきれいに片づけながら、カギはかかっているかチェックして回る中島さんの姿をよく目にする。

  今年2月に右腕を骨折して好きなゴルフができなくなった。最近は趣味の陶芸からも遠ざかっている。が、「この仕事に生きがいを感じている」という中島さんの顔が輝いて見えた。(有馬護宏)

  ――県内初の民間交番誕生のいきさつは。

  03年12月の開所当時、JR玉名駅を中心にした半径2キロで、空き巣、自転車盗などの街頭犯罪や暴走族が横行した。玉名署管内の犯罪の50%近くが駅周辺、といわれたほど。自分たちのまちは自分たちの手で守ろうと、地域住民が立ち上がり、玉名市や玉名署の協力で駅前の空き店舗を利用し、「駅前パトロールセンター」をオープンした。

  ――開所から約2年が経過した。

  何もないところからのスタートだったので、あっという間だった。ようやく独り立ちできるかなという感じだ。もともと防犯意識の啓発を目標にしており、少しずつだが、住民の意識も高まってきたのでは。

  ――活動の現状は。

  現在、ボランティア会員は34人。パトロール計画表を作り、2人以上のメンバーで駅周辺や駐輪場などを1〜2時間かけて回り、自転車のカギの点検や防犯パトロールをしている。

  ――運営はどのように行われているのか?

  センターの毎月の家賃は市が助成してくれる。昨年8月には警察をはじめ住民や商店会、高校など、約50団体が参加して運営協議会が発足。これらの団体・個人の協賛金が活動の主な資金だ。

  総務省の助成金もいただいた。おかげで巡回のとき、着用するグリーンの帽子とベスト30着、電動自転車5台とパソコンなどの活動機材を備えることができた。

  ――悩みは。

  発足当初は、県の緊急雇用創出事業ということで、県警が警備会社に委託したセーフティーパトロール隊員が派遣され、センターを拠点にパトロール活動をしていた。今年3月末で事業が打ちきられたため、ボランティアのパトロール隊員をいかに確保するかが大変だ。

  ――6月に高校生のボランティア組織「ボウハンティア」が結成された。

  玉名地域の6つの高校生諸君が、駅周辺の清掃・防犯活動を目的にした団体を作った。動機の1つが私たちの活動に共鳴した結果だったと聞き、感激した。放課後などに各校が輪番で、駐輪場などのパトロールをしてくれている。こうしたボランティアの輪がどんどん広がっていくのを期待している。

  ――パトロールで気をつけることは。

  駅裏地区は、新興住宅地で共稼ぎ世帯が多い。昼間は留守の家が多く、犯罪も起きやすい。警察の広報やチラシなどを配って「カギかけの徹底」を呼びかけている。

  ――民間交番をめぐってエピソードがあれば。

  警察と間違えられて道案内を頼まれたり、落とし物を届けられたりするのはしょっちゅう。最近では、評判を聞いて関西の商工会議所など、県内外の視察団が来るようになった。

  ――今後の活動は。

  我々の活動で、犯罪発生率が3割ぐらい減ったと聞いている。さらに犯罪抑止につながるよう、パトロール態勢を強化し、「自分たちのまちは自分たちの手で守る」意識を高めていきたい。

  なかしま・てつや 1933年、ペルー・リマ生まれ。排日運動で40年に母の故郷の岱明町に引き揚げ。小学5年で、玉名市に移る。玉名高を卒業して電電公社(現NTT)入り。89年に退職した。98年から南出2区長。03年12月に「駅前パトロールセンター」所長に就いた。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ