メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

うちのイチ押し【火の国をゆく】

子飼商店街

写真:カートを手にした買い物客が目立つ、昼過ぎの商店街=熊本市、東子飼商店街で 拡大カートを手にした買い物客が目立つ、昼過ぎの商店街=熊本市、東子飼商店街で

  熊本市中心部から、東北に約2キロ。浄行寺から子飼橋へとゆっくり歩を進めれば、右手に懐かしいたたずまいの商店街が見えてくる。終戦直後からにぎわう子飼商店街。昔も今も「熊本市民の台所」で、「安くて新鮮」は当たり前。そんな子飼商店街の次なる売り物は「懐かしさ」だ。

     (渡辺 淳基)

  「おいしかけん、食べてみんね」

  軽快な会話が弾む、朝の商店街。白川沿いに伸びる約400メートルの路地には、青果や鮮魚、精肉、日用品などを売る店がひしめき合う。品物を直射日光から守るテントが路地の両側から伸び、独特の雰囲気を醸し出す。

  もとは戦後の食糧難の時代、空き地に農家が野菜や加工品などを持ち寄る「ヤミ市」として始まったという。産地直売方式が好評で、商店街が形成された。

  「新鮮さが売りです」と、南端に店を構える小迫英介さん(58)。旬のトマトが、6個100円で売られていた。「『いらっしゃい』より、『こんにちは』と言う方が多いですね」

  「何より値段が安い。たくさん買うときは、必ず来ます」。同市壷川2丁目の主婦吉田勝子さん(68)は、自転車のカゴを食材で一杯にして歩いていた。

  「安くて新鮮」が売りの商店街。しかしそのにぎわいに、陰りが見えるのも事実だ。「昔は自転車じゃ通れなかった」と吉田さん。大型店の郊外進出、後継者不足……。買い物客の大半は、手提げカートや自転車を手にした年配層だ。

  「本当はもっと買いたいけど、入りきらん」。吉田さんのひと言に商店街の「今」を感じた。

  商店街も、空き店舗が増えるのを、手をこまねいてただ見ているわけではない。

  北側の36店でつくる子飼商店街振興組合は昨年、従業員など約50人で、大分県の豊後高田市や佐賀県呼子町など、町おこしに成功した街を視察した。共通の魅力として浮かんできたのが、昭和初期の「レトロ」の雰囲気だった。

  「上通や下通ばかりに目がいっていたが、『今あるものを生かせば良いんだ』と気がついた」と同組合理事長の新宅咲雄さん(52)。

  3月には北側の入り口のアーチを唐草模様に切り替え、「子飼レトロ通り」と通りの愛称を冠した。ガイドマップも新たに作り直した。新たな試みで、商店街の空気を変えるのが狙いだ。

  敏感に反応したのが、大学生ら若い層だった。熊本大の学生5人が共同運営する「カフェ・ジョーゴ」が2月、商店街中ほどに開店した。近くには、県内の学生らでつくる街づくり団体が、空き店舗を生かして休憩所「いっぷく」をオープンさせた。

  買い物客へのお茶のサービスなどをしているが、学生らに向けたアルバイト情報など、情報拠点としても活用していく構想という。

  代表の西井辰朗さん(23)は「商店街は大学生の通学路でもあり、需要はあるはず。若い力を生かし、味わいのある町並みを活性化したい」。

PR情報

ここから広告です

熊本総局から

「熊本アサヒ・コム」へようこそ! 熊本版に掲載されたトップ記事や話題ものを毎日更新しています。身の回りのニュースや情報、記事の感想を、メールでお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 熊本総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】母からの無償の愛に花束を

    花のない花屋

  • 写真

    【&TRAVEL】青い海望める奇跡のグスク

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】着る? それとも物を入れる?

    ベストにしか見えないバッグ

  • 写真

    【&w】伊藤まさこさんのおくりもの

    もらって幸せ、おくって幸せ

  • 写真

    好書好日正しい道はひとつじゃない

    人気絵本「コんガらガっち」

  • 写真

    WEBRONZA誰のせい?予算100兆円超

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンスーツの正しい測り方とは?

    気になるポイントを解説

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第38回

  • 写真

    GLOBE+私も11歳で結婚させられた

    当事者が撮った児童婚の映画

  • 写真

    sippoダニが気になる猫タワー

    ついに撤去すると、抗議の声

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ