メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

京都

京都の情報

特集

高校野球
全国高校野球選手権など
ウトロの春
球史発祥
吹奏楽コンクール
合唱コンクール
青酸連続死 裁判
祇園祭2017
検証 京の政務活動費
京の視座
企画特集1
「京の一冊」「司法Voice」「ウミウ2世 成長日記」を紹介します
移動支局企画「○○新聞」
「府内各地の話題をたっぷりとお伝えします」
イベント
音楽、演劇、舞台、美術など 京都の文化情報をお知らせします

京都のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

西院寄席 [伝統芸能・大衆芸能]

西院寄席

  • 2018年05月20日(日)
  • 阪急京都線西院駅改札を出て、佐井東通りを南へ約5分
  • 好きが高じて稽古した落語! 密かに楽しむつもりが、自慢の演目が沢山出来上がっているよう。ならば始めましょう、夢にならないうちに。~芝浜引用~ 京都音楽劇団による落語寄席をお楽しみに。
伊庭貞一能面展 -近江の能を訪ねて- [展示会・展示イベント][展覧会]

伊庭貞一能面展 -近江の能を訪ねて-

  • 2018年05月15日(火) ~ 2018年05月20日(日)
  • JR「京都」駅下車、烏丸東改札口出てすぐ 京都市営地下鉄烏丸線「京都」駅直結
  • 鎌倉・室町時代から続く日本の伝統芸能の「能楽や能面」を追いかけて能面打ちをされている滋賀県東近江市在住、彫刻家、伊庭貞一氏の展覧会が開催される。滋賀には、室町時代以来の能楽・能面づくりの伝統があり、その伝統を探求し次の時代に伝えたいと面打ちに日々研鑽している。能面の持つ不思議な魅力をこの機会に感じよう。
「幻想と日常の間 ~西谷祥子・おおやちき・波津彬子」関連イベント [講座・講演・シンポジウム]

「幻想と日常の間 ~西谷祥子・おおやちき・波津彬子」関連イベント

  • 2018年05月20日(日)
  • 京都市営地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅下車徒歩2分
  • 京都国際マンガミュージアムでは「竹宮惠子監修 原画´(ダッシュ)展示シリーズ」の一環として、新しく作られた西谷祥子・おおやちき・波津彬子3名の原画を元にした原画’(ダッシュ)と、竹宮惠子の原画’(ダッシュ)を展示。こちらの関連イベントは2部に渡り、出展作家本人が出演。貴重な話を直接聞ける機会。※定員 各200名(先着順)、サイン会は当日ショップで対象書籍を購入した先着各50名
ロッククライミング体験会(5月) [体験・遊覧][スポーツ]

ロッククライミング体験会(5月)

  • 2018年05月06日(日) ~ 2018年05月20日(日)
  • 京都市バスM1系統「原谷中央公園前」より徒歩3分
  • 京都府内の小学3年生から中学3年生の子どもを対象としたクライミング教室。クライミングが気軽に体験できる限定のスクールで、8mの室内壁のロープクライミングが体験できる。お父さんお母さんも体験可能。 ※電話またはFAXにて要予約
クオリアコンサート マリンバとピアノ [音楽イベント]

クオリアコンサート マリンバとピアノ

  • 2018年05月20日(日)
  • 京阪橋本駅より徒歩7分
  • 40人のために心をこめて、マリンバ奏者の中田麦さんとピアニストの崔理英さんが演奏をする贅沢ハウスコンサート。手の届きそうな距離で聴けるまたとないチャンス。
虎屋 京都ギャラリー第17回企画展「竹に虎 -見てたのし、使ってよろしい商業版画- 展」 [展覧会]

虎屋 京都ギャラリー第17回企画展「竹に虎 -見てたのし、使ってよろしい商業版画- 展」

  • 2018年04月21日(土) ~ 2018年05月20日(日)
  • 京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅6出口より徒歩約7分
  • 専門の職人によって一枚一枚摺り出される木版画は、かつて菓子をはじめ、食べ物の掛紙や包装紙に多く用いられていた。今回は、虎屋秘蔵の版木からの復刻や新たに版木から作る和菓子尽くしの掛紙ほか、身近で使える木版画が紹介される。
特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」 [展覧会]

特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」

  • 2018年04月07日(土) ~ 2018年05月20日(日)
  • 京阪電車「七条」駅下車、東へ徒歩7分
  • 江戸時代中期の京都画壇で与謝蕪村とともに「南画の大成者」と並び称されるのが池大雅だ。今展では、大雅の初期から晩年にいたる代表作を一堂に集め、その画業の全体像が紹介される。あわせて、その人となりや幅広い交友関係を示す資料を通して、当時から愛された人間大雅の魅力に迫る。さらに、大雅が日本各地を訪ねた「旅の画家」であることをふまえ、彼の旅が絵画制作に果たした役割についても検証する。
松尾寺 寺宝春季展覧 [展示会・展示イベント]

松尾寺 寺宝春季展覧

  • 2018年03月18日(日) ~ 2018年05月20日(日)
  • JR「松尾寺」駅より徒歩約50分
  • 西国三十三所の第29番札所である松尾寺で、寺宝春季展覧を行う。松尾寺の寺宝(国宝や重要文化財)や、今回初めて草創に関わる「千歳の松」を特別に公開。松尾寺を開創した威光上人が、その松の根元で馬頭観音を感得されたと伝わる霊宝。日本最古の巡礼所33寺院で構成する「西国三十三所札所会」による「西国三十三所草創1300年記念事業」の一環。
ことぶら京都 ふしぎ発見! [ウォーキング・散策][ゲーム・ゲーム大会]

ことぶら京都 ふしぎ発見!

  • 2018年05月20日(日)
  • 京阪「神宮丸太町」駅下車
  • 京都不思議発見! 不思議の世界へようこそ! 毎回京都の「通り」をテーマに某人気番組をパロディーとしてツアー化! 京都の童歌にある通りを、クイズを出題しながら順番に紹介する。今回の不思議の舞台は「竹屋町通」。ガイドの涌井さんが出題するクイズに、果たしてあなたは何問正解できるだろうか? 定員:15名
明治150年展 明治の日本画と工芸 [展覧会]

明治150年展 明治の日本画と工芸

  • 2018年03月20日(火) ~ 2018年05月20日(日)
  • 市バス5番岩倉行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ、地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩約10分
  • 明治時代に入ると、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が進められ海外での日本美術への関心が高まった。京都では地場産業の振興を目的の一つとして京都府画学校が設立され、多くの日本画家が工芸図案制作に携わり、時代に即した図案の研究が進められた。今展は、明治の工芸図案や、美術工芸作品、工芸図案を描いた日本画家の作品を展示することで、近代化していく社会の中で生み出された明治の美術品を紹介する。

京都総局から

京都の『今』をリアルタイムでお伝えします。身のまわりで起きたニュースや、記事へのご意見、ご感想もお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 京都総局 公式ツイッター

注目コンテンツ