メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

三重

三重の情報

三重のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

プラネタリウム「Feel the Earth~Music by 葉加瀬太郎~」四日市市立博物館 [映画・映像]

プラネタリウム「Feel the Earth~Music by 葉加瀬太郎~」四日市市立博物館

  • 2017年09月16日(土) ~ 2018年03月10日(土)
  • 近鉄四日市駅より西へ徒歩3分 JR四日市駅より西へ徒歩20分
  • 葉加瀬太郎の音楽に癒されるプラネタリウム。もしも宇宙へ行けたら。私たちの目に、地球はどのように映るのだろうか? 暗闇の中に輝く、青い星。たくさんの生命が生まれる星。音楽が世界をつなぐ星-。ヴァイオリニスト・葉加瀬太郎が奏でる数々の名曲とともに、美しく尊い地球を感じる体験をお届けする。
おかげ横丁 恵みの市 [物産展]

おかげ横丁 恵みの市

  • 2017年10月07日(土) ~ 2017年10月17日(火)
  • 伊勢自動車道「伊勢IC」で降り国道23号を内宮方面へ直進約5分近鉄「宇治山田駅」で降り三重交通バス「内宮前」行きで約20分「神宮会館前」下車、徒歩1分
  • 10月15日より執り行なわれる神宮の神嘗祭は、その年の新穀をまず神々に捧げる伊勢神宮最大のお祭りであり、祈年祭にはじまる稲作に関する神宮のお祭りは、この神嘗祭でクライマックスを迎える。おかげ横丁もこれに合わせ、年に一度、おかげ(神恩感謝)の心(気持ち)を神様にお届けするため、日本全国から取り寄せた神宮奉納物を神に捧げると共に、収穫を喜び神様に感謝する催事を開催する。
手力神社例祭奉納花火大会 [お祭り][年中行事・歳時記][花火大会]

手力神社例祭奉納花火大会

  • 2017年10月17日(火)
  • 名阪国道柘植ICより約10分JR柘植駅より車で15分
  • 火術、火筒、のろしなど、火の忍術を得意とした長門守が花火を奉納したのがはじまりといわれている手力神社の「例祭奉納花火大会」。手力神社は三大上忍(服部半蔵・百地丹波守・藤林長門守)の1人である藤林長門守の氏神。秋の夜空を彩る花火を楽しみに訪れてみては。当日は露店も軒を連ね、お祭り気分を一層盛り上げる。
四日市まちづくりカフェ「120周年のその先へ」 [講座・講演・シンポジウム]

四日市まちづくりカフェ「120周年のその先へ」

  • 2017年10月17日(火)
  • 近鉄四日市駅から徒歩約5分
  • 四日市の街を知り、みんなで四日市について考える、2か月に1回の会議。前半は毎回テーマを決めてゲストスピーカーが話をし、後半はみんなで考える。今回は、今年四日市市が市制120周年を迎えている。では、その先の60年、120年と四日市市はどのような歩みをしていくのか。ゲストスピーカーに森智広市長を迎えしてお話を伺う。
国際観光シンポジウム~観光業の持続可能な発展における女性の役割~ [講座・講演・シンポジウム]

国際観光シンポジウム~観光業の持続可能な発展における女性の役割~

  • 2017年10月18日(水)
  • 近鉄・JR鳥羽駅から徒歩13分(シャトルバスあり)
  • 2015年開催の国連総会において2017年を「持続可能な観光国際年」とする旨の決議がなされたことを踏まえ、観光庁が国連世界観光機関(UNWTO)等と協力し、開催する国際観光シンポジウム。今回のシンポジウムでは「観光業の持続可能な発展における女性の役割」をテーマに、三重県、日本、世界各国の状況や事例について共有を図り、考える機会とする。活躍している女性たちの視点からもお話しを聞く。要事前申し込み。
親子3世代で楽しむコンサート [音楽イベント]

親子3世代で楽しむコンサート

  • 2017年10月20日(金)
  • 近鉄四日市駅から徒歩約5分
  • 赤ちゃんを連れて子どもから大人まで楽しめる、プロ演奏家によるコンサート。クラシックから童謡、アニメソング等よく知られた曲を身近に鑑賞できる。乳幼児連れのお母さんから大人の方まで子供と一緒に目の前で本物の生演奏を体験できる。出演:光本昌代(ユーフォニウム)、JUNCO(キーボード&歌)。申込不要、自由参加。
~旧暦で楽しむ 十三夜の月見~ 「音楽の夕べ」 [年中行事・歳時記][音楽イベント]

~旧暦で楽しむ 十三夜の月見~ 「音楽の夕べ」

  • 2017年10月20日(金)
  • 伊勢自動車道「伊勢IC」で降り国道23号を内宮方面へ直進約5分近鉄宇治山田駅で降り三重交通バス「浦田町行き」で約20分「浦田町」下車、徒歩3分
  • 昔から日本人は、季節の移ろいとともに暮らし、自然の美しさを愛でてきた。十三夜の月は十五夜とともに美しい月とされ、そのお月見は昔から、大切にされてきた。野あそび棚のしっとりとした風情の中、この日だけの特別料理と心に染み入るような音楽で「十三夜の月見」を楽しもう。
伊賀酒DE女子会2017 in Kurofune Farm [食のイベント][飲食店のイベント]

伊賀酒DE女子会2017 in Kurofune Farm

  • 2017年10月21日(土)
  • 近畿自動車道伊勢線「伊勢」ICより7分五十鈴ケ丘駅から1,706m
  • 参加者も蔵元も「女性」の日本酒女子会。参加蔵元は森喜酒造場、大田酒造、若戎酒造。今年は伊勢で人気のビュッフェレストランで開催する。三重県漁食リーダーとのコラボも決定! 三重のうまいものと伊賀酒を楽しもう。気に入った銘柄は購入も可能。チェーサーには日本酒の仕込み水を。伊賀酒DE女子会ロゴ入りお猪口つき。各回定員50名の2部制。チケット発売は7月1日から。成人女性限定。
パラミタミュージアム開館15周年特別企画 平山郁夫展 シルクロードと日本の美 [展覧会]

パラミタミュージアム開館15周年特別企画 平山郁夫展 シルクロードと日本の美

  • 2017年09月01日(金) ~ 2017年10月22日(日)
  • 東名阪「四日市」ICより国道477号(湯の山街道)を湯の山方面へ約6.5km近鉄「四日市」駅下車、近鉄湯の山線に乗り換え25分「大羽根園」駅下車、西へ300m
  • 「美を描き、美を救う」活動を精力的に続けてきた日本画壇の重鎮・平山郁夫(1930~2009)は、画壇での数々の業績だけでなく、人類が残した文化遺産の保存修復活動にも貢献した。本展では画期的な画業となった「シルクロード」作品をはじめ、「日本の美」や画伯の原点と言える「故郷や瀬戸内海」などを描いた大作を含む本画と素描・下絵など約100点を展観する。
上野天神祭 [お祭り][年中行事・歳時記][物産展]

上野天神祭

  • 2017年10月20日(金) ~ 2017年10月22日(日)
  • 名阪国道「中瀬」ICより5km伊賀鉄道「上野市」駅下車徒歩約3分
  • 400年余の歴史を有し、関西秋の三大祭の一つにも数えられるといわれる上野天神祭。重さ120kgもの日本一の大御幣を先頭に役の行者や鎮西八郎為朝、百数十体の鬼行列、絢爛豪華な9基のだんじりが、城下町を練り歩く。この祭は平成28年12月に「山・鉾・屋台行事」の一つとしてユネスコ無形文化遺産に登録された。

津総局から

津総局への情報提供・ご意見・お問い合わせなどお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 津総局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ