メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

私と高校野球@みえ

甲子園にも 審判35年 北村 慶一さん

写真:北村慶一さん。後方は上野高校で育つ甲子園のツタ=2018年6月12日午後0時2分、三重県伊賀市上野丸之内の上野高校グラウンド 拡大北村慶一さん。後方は上野高校で育つ甲子園のツタ=2018年6月12日午後0時2分、三重県伊賀市上野丸之内の上野高校グラウンド

◇◆「結果より過程」苦言も愛◆◇

 高校野球の審判を35年務め、甲子園でもジャッジを下した経験がある経営コンサルタント、北村慶一さん(61)=三重県伊賀市=が球審、塁審としてグラウンドに立った数は、練習試合などを含めて1997試合。今夏の100回大会までに2千試合に達する見込みだ。

 常に迅速な試合展開を心がけてきた。捕手の防具着脱や攻守交代時のグラブの受け渡しなど「役割を事前に決め、気持ちよく早く送り出して楽しくプレーしよう」と指導する。だが、試合を決する場面の伝令には十分な時間を配慮する。

 1歳の頃に小児まひを患って右上腕の筋肉がない。走る時には右腕が思うように振れないなど、「みんなと同じことができなかった」。だが、中学では「人に負けたくない」と、野球部に入った。箸や鉛筆は右手で持つが、野球は左投げ、左打ちで挑んだ。

 上野高校でも野球を続けた。当時は部員が10人ほど。一塁手や外野手を務め、「辞めたい」と思うほど厳しい練習を乗り越えたが、夏の県大会は1、2回戦で終わった。

 大学在学中の1978年秋、近鉄に勤める母校の監督が週の半分しか練習に来られず、学生コーチとして監督の代わりにノックバットを振った。赤いトレパンでグラウンドに立つ姿は後輩に「鬼」と恐れられた。その後輩たちが翌79年夏の県大会で決勝に進出。あと一歩のところで甲子園には届かず、悔しさの中、現役時代より甲子園への思いが強くなった。

 上野商工会議所に就職後も後輩の指導を続けていると、審判不足に悩む県高野連理事長に「審判で甲子園を目指す方が早い」と誘われた。83年に県高野連審判部へ加わり、明野―名張桔梗丘の練習試合で審判デビュー。翌年から夏の県大会や春季、秋季大会などの公式戦にも立った。

 苦い思い出もある。二塁の塁審を務めた時、守備の選手が落球しているのを見逃して「アウト」と判定。周囲から「落ちていた」と指摘され、先輩に促されて「セーフ」と訂正した。

 様々な経験を積み、97年の第69回選抜大会に都道府県からの派遣審判員の一人に選出された。1、2回戦計3試合の塁審として、母校よりも早く甲子園出場を果たした。

 最近の選手たちは、グラウンドで見せる感情表現が年々派手になっていると感じる。「本塁打などガッツポーズしたい気持ちはわかるが、相手をリスペクトしていたら、走塁中はできないはず。大リーグの方がマナーは厳しい」。野球は他のスポーツと比べものにならないほどルールが複雑だ。今も毎年のように変更が加わることに、違和感を抱く。「抜け穴を探すようなことをせずフェアプレーだけしていたら、ルールはもっと単純なはず」

 「高校野球は結果よりも過程が大事。相手を尊敬し、堂々と戦うべきだ」。高校野球が200回、1千回と続いてほしいと願い、苦言を呈する。(中田和宏)

■三重大会の名勝負や母校の活躍など、高校野球にまつわる皆さんの思い出やエピソードをお寄せ下さい。住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、〒514・0032 津市中央9の2 朝日新聞津総局へ。ファクス(059・224・4817)、電子メール(mie.opi@asahi.com)でも受け付けます。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

津総局から

津総局への情報提供・ご意見・お問い合わせなどお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 津総局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ