メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災

三陸のホタテ産業、三重苦

写真:ホタテの販売休止を伝える紙を手にする金野充雄さん。下のホタテ販売用水槽は空の状態だった=5月16日、岩手県陸前高田市 拡大ホタテの販売休止を伝える紙を手にする金野充雄さん。下のホタテ販売用水槽は空の状態だった=5月16日、岩手県陸前高田市

写真:出荷規制されていない宮古湾でとれたホタテ=宮城県気仙沼市 拡大出荷規制されていない宮古湾でとれたホタテ=宮城県気仙沼市

 東日本大震災で大きな被害を受けた三陸のホタテ産業が「三重苦」に立たされている。震災で生産者が激減したところに、貝毒によるホタテの出荷規制と、水揚げ前に死んでしまう「へい死」が相次いでいるからだ。出荷量の減少は仕入れ値高騰を招き、関係者は頭を抱えている。

 岩手県陸前高田市の「こんの直売センター」。例年はホタテがびっしり入っている販売用水槽は、水が抜かれ空っぽだ。そばには、貝毒で出荷規制がかかり、販売休止となったことを伝える紙が貼られていた。

 店主の金野充雄さん(85)は「売る物がない」。貝柱が入った名物の「磯ラーメン」も販売をとりやめた。売上金額は前年同期の半分以下。「42年間店をやっていて出荷規制がこんなに長引くのは初めて。お手上げだ」と嘆いた。

 貝毒は、ホタテやアサリなどの二枚貝が有毒なプランクトンを体内に一時的にため込むことで起こる。食べると全身のしびれや吐き気といった中毒症状が起こり、死亡することもある。

 農林水産省によると5日現在、貝毒による二枚貝の出荷規制は1993年以降最多の延べ65件と、全国で相次ぐ。宮城県ではホタテ養殖を行う7海域全てで出荷規制し、岩手県も6海域で規制中だ。解除には3週間連続で規制値を下回る必要があるが、めどはたっていない。

 へい死も深刻だ。女川町でホタテ養殖を営む男性(62)によると昨年からへい死が目立ち、養殖ロープから採取する通常25〜30キロのホタテが5キロほどにとどまるという。今後、水温が上がってくると状態の悪いホタテが耐えられなくなる恐れもある。「今年も不漁だと漁師の経営が危機的状況になる。震災から復興し、順調に生産量が回復してきたところだったのに」と心配顔だ。

 詳しい原因は分かっていない。全国2位のホタテ産地である青森県の調査では高水温のほか、しけなどで身が傷つくことが主な要因と考えられている。ただ、海域や養殖方法が異なれば原因も変わり、宮城や岩手の原因解明はこれからだ。

 岩手県水産技術センターは「貝毒もへい死も震災後に増えているが、震災との因果関係や根本的な原因がはっきりしていない。まずは情報を収集したい」としている。

 ■生産量半減、単価は1.7倍 17年度県産、10年度比 

 全国のホタテ生産量は主産地の北海道と青森で9割以上を占め、全国の食卓への影響は限定的とみられる。ただ、県内産に関しては出荷量の減少は卸売価格に直結する。

 県漁協によると、2017年度の共同販売における県産ホタテの生産量は前年度比42%減の4239トン。1キロ当たりの単価は482円で同12%上がった。震災前の10年度と比べると、生産量は半減、単価は1.7倍となった。

 さらに、構造的問題も抱える。ホタテ養殖を手がける経営体数は震災前の10年度は717だったが、震災の影響で減少。17年度は半数以下の300になった。漁協担当者は「新たな担い手支援が必要だ」と話す。(渡辺洋介、井上充昌)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ