メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

独眼流

今しかない子どもの成長、大事に

 春から秋にかけて、北は青森、南は名古屋まで、部活動に打ち込む中高生の姿を追ってきた。担当は吹奏楽と高校野球。記事にするのは選手やメンバーのことが多かったが、取材では生徒たちを支える指導者の思いにも触れることができた。

 ある高校野球の試合後、敗れたチームのミーティングをそばで取材したときのこと。選手の輪に入った監督は、悔しがる教え子の顔ではなく、脱いだ帽子のつばをじっと見つめて口を開かない。「勝たせられなかったのは監督の責任」。話し始めた横顔に涙の筋が見えた。選手と同様に、指導者にも懸ける思いがある。「選手が試合で恥ずかしい思いをするのが一番かわいそうでしょ」。ときに練習で発する厳しい言葉にも、選手を思う真意が見えた。

 県議会では先日、休日に部活動を指導した教員の手当を減額する条例改正案が可決された。国のガイドラインが部活動の活動時間を3時間程度と定めたことに合わせたという。でも、現場の指導者は皆一様に「お金のためではなくて子どものため。実態とは合わない」と話す。ある指導者は「大会中に3時間だからって指導者が帰ったら、子どもはどうするの」とあきれた様子だった。

 熱心に指導する教員たちがまず考えるのは子どもたちであり、お金ではない。目標に向けての練習時間、準備の時間も競技によって異なる。それぞれのガイドラインがあっていいのではないか。子どもたちが今しか得られない成長を、妨げるものにはなってほしくない。(平田瑛美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

仙台総局から

もっと!もっと!東北 朝日新聞は元気の出る紙面をめざします。身の回りのニュース、街の話題、宮城版へのご意見をお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 仙台総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ