メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

独眼流

オオカミの不思議な魅力

 オオカミを「山の神の使い」としてまつるオオカミ信仰について、宮城版で報じた。村田町歴史みらい館で開かれている企画展の案内に、不思議な魅力を感じたからだ。

 企画展の運営を担う同館専門員の石黒伸一朗さん(60)によると、オオカミ信仰は日本各地に広がっている。オオカミはイノシシや鹿の食害から農作物を守ってくれるため、山仕事を営む人から神の使いと位置づけられていたことや、ニホンオオカミの生息が100年以上確認されていないという神秘性に理由があるそうだ。

 そんな説明を受けながら館内を見ていると、大きな幕が目にとまった。明治27(1894)年に福島県南相馬市の神社に奉納された幕で、2頭のオオカミが描かれている。こちらをじろりと見る視線にりりしさを感じるし、犬や猫に似ているようで似ていない。

 企画展を取材した後、オオカミの木像がまつられている丸森町の神社を訪ねた。かつて地区に四つあったお社を一つにまとめたという神社は、山の中でひっそりと立っていた。周りを木々に囲まれ、どこか厳かな雰囲気だ。オオカミはいるはずもないが、もしかしたらいるのかもしれないという気持ちになった。

 オオカミ信仰は、わからないことが多いという。ただ、わからないからこそ魅力なのかもしれない。いつの間にか、私もオオカミを信じているのかも。まずはもう一度、企画展に行こうと思う。(藤井詢也)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

仙台総局から

もっと!もっと!東北 朝日新聞は元気の出る紙面をめざします。身の回りのニュース、街の話題、宮城版へのご意見をお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 仙台総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ