メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

東北スポーツ愛

2013年の主将、粋な去り際

 10月半ばから、プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズの取材を手伝いました。楽天が勝ち上がってくれていたら、という思いがあったのが正直なところです。

 それはさておき、胸を打つ場面が二つありました。いずれも、パ・リーグ王者・西武がCS最終ステージでソフトバンク戦敗退後に行った、シーズン終了のセレモニーでの出来事です。

 一つ目は、西武の辻発彦監督(60)の悔し涙。マイクを通して球場中に響く嗚咽(おえつ)に、こちらが、もらい泣きしそうになりました。二つ目は、昨季まで楽天にいた松井稼頭央選手(43)の姿。セレモニー後にベンチへ戻る際、遊撃手の定位置でしゃがみ込み、右手を静かに人工芝に置きました。

 「ライオンズに入団して、ショートとして育ててもらった場所。今日、現役選手として最後に『ありがとうございました』と」。試合後は同僚から背番号と同じ7度、胴上げをされるなど、みんなから愛される存在でした。

 それは、昨季まで在籍した楽天でも同じ。今季、松井選手が去った楽天の中で色々な選手から「稼頭央さんを参考に」「稼頭央さんに教わったことなんで」という言葉を聞きました。コンディションを整え、試合へ万全の準備をする。当たり前のことですが、これを、長年にわたって徹底するのは難しい。やり通したのが松井選手でした。

 慣れ親しんだ守備位置から戻った松井選手の目に涙はありませんでした。2013年に主将として楽天を日本一に導いた名手の、粋な去り際でした。(松沢憲司)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

仙台総局から

もっと!もっと!東北 朝日新聞は元気の出る紙面をめざします。身の回りのニュース、街の話題、宮城版へのご意見をお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 仙台総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ