メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

東北スポーツ愛

被災地訪問、活躍誓う新人

 今月15日、プロ野球・楽天の新人10選手が東日本大震災で被災した宮城県名取市の閖上地区を訪問しました。2014年から続けているもので、今年が6回目。選手たちは昨年4月に開校した小中一貫型の閖上小中学校で児童らと交流し、震災の被害や復興状況についてのレクチャーを受けました。

 説明役は旧閖上中に勤めていて被災し、現在は閖上小中の校長・八森伸(のぼる)さん(56)でした。旧閖上小では児童1人が、旧閖上中は野球部のエースだった2年生の大川駿さんら生徒14人が犠牲になったことなどを紹介。選手たちは神妙な面持ちで聴き入り、慰霊碑に花を手向けて冥福を祈りました。

 「もし震災がなければ、大川さんもプロ野球選手になっていたかもしれない。そういう人たちの分まで、がんばりたい」。そう誓ったのは、ドラフト3位の引地秀一郎投手(18)=倉敷商高=です。岡山県倉敷市も昨年、水害に見舞われて甚大な被害を受けました。引地投手は「活躍して、被災地の人に笑顔を届け、元気になってもらいたい」と話しました。

 近年は、毎年のように大きな自然災害が発生しています。楽天の選手が義援金を呼びかけるなどの慈善活動に携わることが多く、各地の被災者に思いを寄せるコメントも何度となく聴きました。まれに見る大災害に見舞われた東北を足場にする楽天の選手たちは、とくに災害支援への思いが強いように感じます。新人の段階から被災地に足を運ぶ活動を継続していることも、その一助になっているのでしょう。(松沢憲司)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

仙台総局から

もっと!もっと!東北 朝日新聞は元気の出る紙面をめざします。身の回りのニュース、街の話題、宮城版へのご意見をお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 仙台総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ