メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

東北スポーツ愛

壁越えた経験、独特の「金言」

 23日、宮城県利府町立利府中学校2年4組の教室に、プロ野球・楽天の高梨雄平投手(26)の姿がありました。日本サッカー協会と日本プロ野球選手会による「こころのプロジェクト『夢の教室』」。前半はユニホームを着て体育館で生徒と体を動かし、後半はスーツ姿で教壇に立って自身の半生を語りました。

 こういったイベントでは、本心をとことんさらけ出すケースと、どこか遠慮がちに語るケースがあります。高梨投手は前者でした。「中2は難しい年頃だけど、本気で話しているというのは伝わるだろうと。今日話したことが、みんなのこの先の人生でほんの少しでもプラスになればと思った」

 少年野球から早大の1、2年時までは、挫折なく過ごしたという高梨投手。しかし大学3年になると結果が出なくなり、周りからの風当たりが強くなったといいます。「みんなにどう思われているのか、監督の目にどう映っているのかということが気になった。それで、投げるのが怖くなった」と自身の経験を赤裸々に語りました。

 自分が最もワクワクする野球に全力を尽くそうと開き直ったことで、壁を乗り越えたという高梨投手。「失敗なんてない。正解じゃないことが分かって、次のステップに踏み出せるということ」「努力という言葉は嫌い。全て、ステップアップのために自分でやろうと決めたこと。それをやるのは当たり前」と、独特の表現で語りかけました。高梨選手のそんな金言は、きっと生徒たちの胸に響いたでしょう。(松沢憲司)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

仙台総局から

もっと!もっと!東北 朝日新聞は元気の出る紙面をめざします。身の回りのニュース、街の話題、宮城版へのご意見をお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 仙台総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ