メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

宮崎

ピックアップ

宮崎の情報

特集

高校野球
全国高校野球選手権宮崎大会に関する記事や情報などを掲載します
放談 おもてなし
観光やスポーツキャンプで宮崎を盛り上げた「おもてなしのプロ」に聞く
みてみらんね 宮崎の海
南北400?に太平洋が広がる宮崎県は、生物の宝庫。季節の身近な海のアイドルを紹介します。
みやざき一番!
「和牛の五輪」で、2連覇を果たした宮崎県。まだまだほかにもある「一番」に記者が迫ります。
口蹄疫・鳥インフルエンザ
宮崎県で相次いで発生し、甚大な被害をもたらしました。
新燃岳噴火
江戸時代以来の規模とされる霧島連山・新燃岳の噴火。人々の暮らしに大きな影響を与えました。
企画特集
「ひむかの人」「ブンカツ~文化部活動報告」など連載ものを紹介
全日写連だより
全日写連の支部例会の写真を紹介します。入会希望者は同西部本部(電話093・563・1240)へ。

宮崎のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

科長神社六月灯 [お祭り][花火大会]

科長神社六月灯

  • 2016年07月29日(金)
  • 宮崎自動車道「都城」ICより10分JR日豊本線「都城」駅よりタクシーで15分
  • かつて都城盆地で多く見られた、からくり花火を現在も伝承しているお祭り。竹鉄砲を使ったからくり花火は一見の価値あり。
荒立神社夏季大祭 [お祭り]

荒立神社夏季大祭

  • 2016年07月29日(金)
  • 九州自動車道松橋ICより約70km高千穂バスセンターより徒歩約10分
  • 荒立神社は、天孫降臨の際に道案内をしたサルタヒコノカミとアメノウズメノミコトが祀られており、夫婦円満、縁結びなどの御利益があると言われている。夏祭り当日は、式典は午前10:00から始め、棒術・神楽の奉納、子供御輿などで賑わいをみせる。
ONE+NATION music circus in 都城 [食のイベント][音楽イベント][芸能人・著名人]

ONE+NATION music circus in 都城

  • 2016年07月30日(土)
  • 宮崎自動車道都城ICから国道10号線を高城方面へ約16分
  • 都城が誇る「肉と焼酎」と音楽のコラボ「ONE+NATION music circus in 都城」を開催。野外フェスタにあわせ「肉と焼酎のふるさと・都城」をPRする約40店舗の食のブースも同時開催。また、今回、参加アーティストの呼び掛けで、熊本地震被災者への募金箱を設置し、寄付を募り復興を支援する。
第40回まつりのべおか花火大会 [花火大会]

第40回まつりのべおか花火大会

  • 2016年07月30日(土)
  • 東九州自動車道延岡ICより約5kmJR日豊本線延岡駅よりバス約10分
  • 7月23日・30日に開催される夏の恒例イベント「まつりのべおか」の2日目に開催される花火大会。打ち上げ場所と観覧席が近く、迫力ある花火が楽しめる。延岡の夜を彩る、臨場感たっぷりの花火を楽しもう!
西米良で名刀に出会う夏2016 ~刀匠の粋に酔いしれる日本刀の魅力~ [展示会・展示イベント]

西米良で名刀に出会う夏2016 ~刀匠の粋に酔いしれる日本刀の魅力~

  • 2016年07月16日(土) ~ 2016年07月31日(日)
  • 西都IC・人吉ICから約1時間西米良村役場より徒歩10分
  • 米良菊池家が統治してきた「西米良村」。その菊池家に受け継がれてきた刀剣を展示する「名刀に出会う夏2016」。その他、全国の名だたる武将の刀剣など合わせて40を超える刀剣が一堂に会する。入館料は3,000円で5つの特典付。刀に刻みこまれた歴史に思いを馳せてみてはいかが?
平成28年度高千穂町古文書講座第12回 [講座・講演・シンポジウム]

平成28年度高千穂町古文書講座第12回

  • 2016年08月01日(月)
  • 宮崎交通高千穂バスセンターから徒歩約15分
  • 町内に残る古文書を解読し、郷土の歴史について考えていく。古文書解読がはじめてという人でも気軽に参加を。今回の内容は「他領境目豊後肥後相廻候覚付・書簡(馬の角)」。
第43回盆地まつり [お祭り][フェスティバル・パレード]

第43回盆地まつり

  • 2016年08月06日(土)
  • 都城ICから約20分JR西都城駅から徒歩約20分
  • 霧島連山に囲まれた盆地の豊かな自然と人々の文化・伝統を育み、後世に伝えることを目的とし、毎年盆地まつりは開催されている。都城市民はもちろんのこと、隣接する盆地圏域を含んだ商圏二十万人のお祭り広場として開催されるおまつり。見どころは、まつりに参加している各踊り連によって披露される「安久節」「サンバヤッサ」で、とても賑やかで迫力がある。
第43回夏まつり やまびこ花火大会 [花火大会]

第43回夏まつり やまびこ花火大会

  • 2016年08月06日(土)
  • 「西都」IC・「人吉」ICより約1時間西都バスセンターより約1時間、「湯前」駅より約30分
  • 約5000発の花火が打ち上がり、「ドーン!ドーン!」と強烈な「やまびこ」が響き渡る。西米良ならではの、かりこぼうず花火やレクチャー花火、地元中学生がデザインした花火に、フィナーレを飾るナイアガラは、川沿い一円に広がり、その美しさに見惚れる。花火大会前には、子どもたちだけの魚つかみどりなどのお楽しみも盛り沢山。
平成28年度高千穂町古文書講座第13回 [講座・講演・シンポジウム]

平成28年度高千穂町古文書講座第13回

  • 2016年08月08日(月)
  • 宮崎交通高千穂バスセンターから徒歩約15分
  • 町内に残る古文書を解読し、郷土の歴史について考えていく。古文書解読がはじめてという人でも気軽に参加を。今回の内容は「宮水より其村青山鹿倉之内云々・青山かくら境調差出」。
しいば花火大会 [花火大会]

しいば花火大会

  • 2016年08月11日(木)
  • 日向市駅より約90分日向市駅よりバスで120分
  • 日本初のアーチ式ダム「上椎葉ダム」の堰堤から日向椎葉湖に打ち上げられる花火は今にも降って来そうな程近くで見え、思わず後ずさりしてしまうほどの迫力。爆音が山々にこだまし、その響きは村全体を包み込む。会場となる椎葉中学校では、和太鼓演奏や抽選会など様々なイベントの他、出店や屋台なども楽しめる。

連絡先

 ◆ニュース・情報などの連絡は、〒880・0805 宮崎市橘通東1の2の18 朝日新聞宮崎総局(☎0985・25・4191、ファクス0985・25・4193)へ。
 ◆購読・配達のご用は☎0120・33・0843(7~21時)へ。

朝日新聞 宮崎総局 公式ツイッター

関連サイト

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】預ける前に重さをチェック

    空港でも使える携帯はかり

  • 【&TRAVEL】世にも美しき民族に出会う

    極上ワイルドジャーニー

  • 【&M】荻原博子が家計を指南

    手軽に入れる自転車保険も

  • 【&w】世界中の波が主役です

    SWELL

  • ブック・アサヒ・コム川上弘美の小さな世界

    掌編集「このあたりの人たち」

  • WEBRONZA稀勢の里、本当の実力とは

    横綱は“爆発力”示さないと

  • 写真

    ハフポスト日本版 開戦から102年

    カラーで蘇る第一次大戦

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ