メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

長崎

長崎の情報

特集

ナガサキノート・28
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキノート・27
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
高校野球 2016
高校野球の関連記事を掲載します。
ナガサキノート・26
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキノート・25
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキノート・24
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
高校野球 2015
高校野球の関連記事を掲載します。
ナガサキノート・23
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキノート・22
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキノート・21
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
高校野球 2014
高校野球の関連記事を掲載します。
教育 2014
長崎県版に連載の「教育2014」を掲載しています。
ナガサキノート・20
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
火山に学ぶ 教育2014
火山に学ぶ 教育2014
君を守りたい 教育2014
君を守りたい 教育2014
ナガサキノート・19
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキ ノート・18
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
2013 参院選 @長崎
2013年参院選の関連記事を掲載します
ナガサキ ノート・17
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキ ノート・16
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキ ノート・15 
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキ ノート・13
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
ナガサキ ノート・14
原爆をテーマにした連載を掲載していきます。
まち 人 いま
長崎版に連載の「まち 人 いま」を掲載しています。
長崎 今昔
長崎版に連載の「長崎 今昔」を掲載しています。
西方見聞録
日々のニュースからは見えにくい時代の底流や、興味をそそるホットなテーマを追って記者が現場を歩きます。
おくやみ
おくやみは朝日新聞デジタル朝刊「地域面紙面」で読めます。
読者の広場
[広報室Q&A]などを紹介します。
ふるさと情報リンク集
長崎県や県内自治体、美術館、図書館のホームページにリンクします。ふるさと情報をどうぞ。

長崎のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

椿油搾り&椿油でポテトチップス作り体験 [食のイベント][体験・遊覧]

椿油搾り&椿油でポテトチップス作り体験

  • 2017年02月19日(日)
  • 福江港より約15分/福江空港より約5分
  • 昔ながらの方法で椿油を搾って、ポテトチップス作る。なかなか体験できない椿油搾りに挑戦してみよう! 定員は20名、応募締切は2月13日(月)。
ハリー・デュッカー写真展「富嶽三十六景」 [展覧会]

ハリー・デュッカー写真展「富嶽三十六景」

  • 2017年01月13日(金) ~ 2017年02月19日(日)
  • 佐々ICより約24km西肥バス「平戸桟橋」バス停より徒歩5分
  • 電線・コンビニ・街路灯、現代日本の日常と遥かに聳える富士。「富嶽三十六景」はオランダ人写真家、ハリー・デュッカーが2012年に日本で撮影した写真作品。これらの作品は、葛飾北斎(1760ー1849)の同名の木版画作品に触発された作者が、現代日本の様々な日常を富士山とともに撮影している。
5th AVENUE CRAFT FESTA #3 [フリーマーケット・バザー]

5th AVENUE CRAFT FESTA #3

  • 2017年02月21日(火) ~ 2017年02月22日(水)
  • 佐世保駅より徒歩1分
  • 好評イベント第三回目! 佐世保市内のハンドメイド作家によるクラフトフェスタを開催。この機会にハイクオリティな商品を手に取ってみよう。
柳家花緑独演会 [伝統芸能・大衆芸能][芸能人・著名人]

柳家花緑独演会

  • 2017年02月24日(金)
  • 長崎バス野田バス停下車、徒歩8分
  • 戦後最年少の22歳で真打に昇進した実力派落語家・柳家花緑の独演会。古典落語をベースにしながら劇作家による新作落語などにも意欲的に取り組み、落語以外にも舞台、テレビなどで幅広く活躍中の花緑がとぎつカナリーホールでどんな落語を聞かせるか?
堀米ゆず子ヴァイオリンリサイタル [音楽イベント]

堀米ゆず子ヴァイオリンリサイタル

  • 2017年02月24日(金)
  • 国道34号線沿い(シーハット入口交差点よりすぐ)南部循環バス・シーハットおおむらバス停下車
  • 1980年エリザベート王妃国際音楽コンクールで日本人初の優勝を飾り、以来ベルリン・フィル、ロンドン響、シカゴ響、アバド、小澤、ラトルなど世界一流のオーケストラ、指揮者との共演。また、多くの国際コンクールの審査員にも招かれ、2016年5月より仙台国際音楽コンクールヴァイオリン部門審査委員長に就任。現在、ブリュッセル王立音楽院教授、マーストリヒト音楽院教授。
雲仙灯りの花ぼうろ [花火大会][イルミネーション・ライトアップ]

雲仙灯りの花ぼうろ

  • 2017年02月04日(土) ~ 2017年02月25日(土)
  • 長崎自動車道諫早ICから国道57号線で約60分JR長崎本線諫早駅よりバスで約80分
  • 「灯りの花ぼうろ」とは霧氷をイメージした灯りのイベントで、雲仙の温泉街や散歩道のツリーなどがイルミネーションによってきらびやかに彩られる。また、期間中の土曜日には雲仙温泉街中心地より打ち上げ花火が上がり、湯けむりとイルミネーションの幻想的な世界と、夜空を彩る花火の競演が楽しめる(午後9:30~)。
第11回「朝さるく」居留地ぶらぶら散歩&和・華・蘭朝食 [ウォーキング・散策][飲食店のイベント][宿泊施設のイベント]

第11回「朝さるく」居留地ぶらぶら散歩&和・華・蘭朝食

  • 2017年02月25日(土)
  • 「長崎」IC出島バイパス終点より約3分大浦天主堂下電停より徒歩約5分
  • セトレグラバーズハウス長崎は、“長崎の魅力=地域の資源”を様々な角度から掘り下げ、楽しむ機会を作っていきたいと考えイベントを実施している。今回は、長崎居留地のまちづくりの先駆者でもある桐野氏をガイドに迎え、居留地を散歩しながら歴史・文化に触れ、さらには、長崎の古くからの食文化でもある和洋中の料理を取り入れた「和・華・蘭」朝食を楽しむさるくを開催。今回は、祈念坂コース。
重松壮一郎 ピアノ・コンサート~聖なる空間から生まれる祈りの音 [各種ショー][音楽イベント]

重松壮一郎 ピアノ・コンサート~聖なる空間から生まれる祈りの音

  • 2017年02月25日(土)
  • JR長崎本線「長崎」駅下車、徒歩8分/長崎バス「市役所前」又は「興善町」停下車、徒歩2分
  • 唯一無二のオーガニックな音色で、国内外にて活躍するピアニスト重松壮一郎の新春コンサートを開催。オリジナリティ溢れる楽曲、祈るような演奏スタイルは、世代を越えて人気を博している。原爆をテーマにした楽曲「忘れえぬ記憶」は、原爆記憶の継承の重要性を、音で訴え続けている。ゲストにはチェロ奏者の片田尚孝氏を迎え、二人の音楽家が紡ぎだす、魂のこもったアンサンブルをお届け。
バードウォッチング教室(県立百花台公園) [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][講座・講演・シンポジウム]

バードウォッチング教室(県立百花台公園)

  • 2017年02月25日(土)
  • 諫早ICより島原方面へ40km
  • 「公園は野鳥がいっぱいだ!」公園で野鳥を探して観察しよう! どんな野鳥がいるんだろうか?! 講師が双眼鏡の使い方や野鳥の探し方などを丁寧にレクチャーしてくれる。初心者や家族連れにオススメ!
特別展示「収蔵資料展~昔なつかし昭和の五島~」 [展示会・展示イベント]

特別展示「収蔵資料展~昔なつかし昭和の五島~」

  • 2017年02月04日(土) ~ 2017年02月26日(日)
  • 福江港から徒歩5分、福江空港から約10分
  • 昭和の時代に実際に使われていたチラシや生活用品を展示する。昭和初期を知っている人は昔のことを懐かしんで、当時を知らない人はレトロなデザインに新しさを感じて。幅広い年齢が楽しめる展示。

長崎総局から

「長崎アサヒ・コム」へようこそ。平和・核兵器廃絶への願い、異国情緒豊かな街の話題や写真など長崎県ならではのニュース、連載企画をお届けします。また、各種情報などもご参照ください。

朝日新聞 長崎総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】シャッキリがおかずに合う!

    独自の蒸し炊き炊飯器

  • 【&TRAVEL】冬のごちそう

    京のひと皿

  • 【&M】関西最大級のクルマの祭典

    大阪オートメッセ2017開催

  • 【&w】伊勢谷友介、家具とコラボ

    リバースプロジェクト

  • ブック・アサヒ・コム又吉直樹が次作を執筆

    「絶対一つ目より難しい」

  • WEBRONZA小保方氏の人権を侵害したか

    NHK番組にBPO勧告

  • 写真

    ハフポスト日本版 あさま山荘から45年

    視聴率90%、日本中が息をのむ

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ