メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナガサキノート・32【福井絹代さん】

被爆体験向き合う転機

《福井絹代さん 1930年生(22)》

 自身が被爆者であることを周りにほとんど語ってこなかった福井絹代さん。「出身を聞かれて『長崎』と答えると、『あ、原爆!』とちゃかされるように言われたこともあった。だから詳しいことは話さなかった」。39歳で被爆者健康手帳を取得し、引っ越した青森県内に被爆者の集まりがあると知った後も、積極的に関わることはしてこなかった。

 青森県原爆被害者の会が設立されたのは1960年11月。「一般的には広島・長崎の被爆者が青森県内には居るわけがないだろうと思われていて、それぞれの被爆者が住んでいる役所に行っても窓口で通じないことが多かったようです」。初代事務局長の奈良義一氏は会が2011年に発行した冊子で、そう回想している。90年代に130人ほどいた会員は今年8月末時点で49人に減った。うち22人が長崎原爆の被爆者健康手帳を持っている。

 その会とのちょっとした関わりが、福井さんが被爆体験と向き合う上での転機になる。2015年。被爆から70年が経っていた。

通算3583回目。今シリーズは40回の予定。 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

長崎総局から

「長崎アサヒ・コム」へようこそ。平和・核兵器廃絶への願い、異国情緒豊かな街の話題や写真など長崎県ならではのニュース、連載企画をお届けします。また、各種情報などもご参照ください。

朝日新聞 長崎総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ