メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナガサキノート・32【片岡仁志さん】

忘れられない静けさ

写真: 拡大

《片岡仁志さん 1936年生(1)》

 【声ひとつない静けさ。誰も叫んだり泣いたりしませんでした。本当にあんな静けさがあるんですかね。】

 片岡仁志(かたおかひとし)さん(82)は私に「その瞬間」のことを、そう語った。「原爆」と「静けさ」――。私は、その二つの言葉を結びつけることができなかった。

 片岡さんは9歳のとき、爆心地から約1・8キロにある長崎市本原町2丁目(今の辻町)の自宅で被爆した。「原爆そのものについては知らないんです。覚えているのは一瞬の強い光だけです」。そして、少し時間が経って意識を戻した時のことを、こう表現した。「阿鼻叫喚(あびきょうかん)もない、忘れられない静けさ」

 カトリックの司祭として、長崎や東京、福岡などの修道院で60年近く過ごした片岡さん。10年ほど前からは本原教会(長崎市三原2丁目)の修道院で暮らす。

 私はこの夏、被爆者と宗教の関わりを取材する中で片岡さんと出会った。その印象的な「言葉」とともに、被爆体験をつづりたい。(田中瞳子・25歳)

通算3602回目。今シリーズは11回の予定。 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

長崎総局から

「長崎アサヒ・コム」へようこそ。平和・核兵器廃絶への願い、異国情緒豊かな街の話題や写真など長崎県ならではのニュース、連載企画をお届けします。また、各種情報などもご参照ください。

朝日新聞 長崎総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ