メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

平成じげもん2【黒崎伸子さん】

多様性が社会を変える

写真: 拡大

写真:スタッフと話をする黒崎伸子さん=2月21日、時津町 拡大スタッフと話をする黒崎伸子さん=2月21日、時津町

【国境なき医師団日本元会長・黒崎伸子さん 62歳】

■男女ではなく個人の個性尊重を

 時津町で開業医をしながら2015年3月まで5年間、「国境なき医師団日本」の会長を務めた。長崎大第一外科で小児外科医として勤務していた00年、病院の廊下で偶然目にとまったチラシに応募してみたのがきっかけだった。

 《病院で働く中で、女性がもっとリーダーにならないとと思う半面、自分にその能力があるのかと考えては悶々(もんもん)とする日々だった。業務が増えて、患者とのふれあいの時間もとれなくなっていた。大学での医療活動に行き詰まりを感じていたとき、何か違う世界に飛び込んでみようと思った。》

 翌3月に退職。4月にスリランカ東部の公立病院へ飛んだ。長く少数民族が迫害されてきた内戦地域で、600床ある病院でも外科医がいなかった。そこは紛争地として壮絶さより「もの不足」との戦いだった。

 《カテーテルがなかったり、フィルムが残り少ないのでレントゲンを撮らずに骨折の治療を頼まれたりしたこともあった。十分な検査ができない分、診断をつけるのに症状からみる総合的な診断力を試された。福祉制度が整っておらず、松葉杖や車いすもない。子どもの手術をして障害が残ることをどう家族に説明するか。医者の役割の広さや責任も改めて認識した。》

 開業医の家に育ち、医療現場は常に身近にあった。家族の食事は入院患者に運んでから。カルテの出し入れを手伝うこともあった。仕事に対する両親の充実感を目にして、自然と医師を志したが、語学も好きで、一時は英語で身を立てたいと考えたこともあった。

 《母に、英語は誰でもやるようになり、いずれ常識になるから、手に職がないと女はある程度の地位につけないと言われた。いま思うと、先見の明があった。一方で、両親はあれもするな、これもするなと言わなかったので感謝している。》

 学生時代は勉学に励み、長崎大医学部卒業後は、女性の外科医の多い東京女子医大に勤務。「女性」ということで差別されたことはほとんどなかったが、長崎の大学病院に戻ると状況は大きく違っていたという。

 《患者さんから「女は手術室に入るな」とか、「女が手術するんですか」みたいに言われ、遅れているなと驚いた。余計なことを言うとたたかれる、変わらないという雰囲気が病院だけじゃなく、社会に残っていて居心地の悪さを感じた。》

 異業種の集まりに誘われて、1986年、女性の地位向上を目指す団体「BPW長崎クラブ」に所属。2009年までの4年間は日本BPW連合会の会長を務め、女性の政治参画を増やす活動などを続けてきた。昨年、「政治分野における男女共同参画推進法」が成立したが、これからが大事だと考えている。

 《やはり社会制度や法制度を変えないと、何も変わっていかない。それは議員であり、政治。偏った層だけで物事を決めるのではなく、多様な人が決定に関わるべきだ。男女ではなく、個人の個性が尊重される社会になれば、こうあるべきだというのが残る男性の方も楽になっていくと思う。》

 長崎の若者にメッセージを求められた時は、いつもこう呼びかけている。

 《必ず都会に出ないと成功できないと思っている人が多いが、決してそうではない。まずはやりたいことを見つけてほしい。長崎は文化的背景もあるし、被爆地である。長崎は国際社会では強みになる。それを大事にしてほしいと思う。》

(小川直樹)

 くろさき・のぶこ 1957年、長崎県出身。長崎大医学部を卒業し、東京女子医大で研修後、長崎大第一外科に勤務。2001年から国境なき医師団の活動に参加。スリランカ、ソマリア、シリアなどで活動し、10年3月から15年3月まで国境なき医師団日本の会長を務めた。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

長崎総局から

「長崎アサヒ・コム」へようこそ。平和・核兵器廃絶への願い、異国情緒豊かな街の話題や写真など長崎県ならではのニュース、連載企画をお届けします。また、各種情報などもご参照ください。

朝日新聞 長崎総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ