メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナガサキノート・35【山田英子さん】

母の被爆体験、娘が残す

写真:山田英子さんの遺影。奥は末娘の哲子さん=11日午後、長崎市平和町 拡大山田英子さんの遺影。奥は末娘の哲子さん=11日午後、長崎市平和町

《山田英子さん 1928年生(1)》

 今年2月、長崎市の聖フランシスコ病院で、1人の女性が生涯を閉じた。山田英子(えいこ)さん、90歳。遺影はあらかじめ、自分で選んであった。

 長崎に原爆が投下されたとき、英子さんは長崎純心高等女学校(現・純心女子高)に通う16歳だった。親戚や、大勢の級友を亡くした。その記憶を公の場で話したことは一度もなかった。

 それでも、「残したい」と思った人がいた。ずっと一緒に暮らしてきた末娘の山田哲子さん(53)だ。晩年の母から体験を聞きとり、およそ1700字にまとめた。

 哲子さんは5月17日、体験記を寄贈しようと国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館を訪れた。祈念館で調べ物をしていた記者は、哲子さんと職員のやりとりを偶然耳にし、哲子さんに取材を申し込んだ。

 英子さんは、どんな女性だったのか。哲子さんはなぜ、体験を残したいと思ったのか。2人の思いをたどる。(榎本瑞希・29歳)

通算3853回目。今シリーズは17回の予定。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

長崎総局から

「長崎アサヒ・コム」へようこそ。平和・核兵器廃絶への願い、異国情緒豊かな街の話題や写真など長崎県ならではのニュース、連載企画をお届けします。また、各種情報などもご参照ください。

朝日新聞 長崎総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ