メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナガサキノート・35【長野靖男さん】

世界は必ず変わる

写真:「第3回核兵器廃絶 地球市民集会ナガサキ」の前夜祭で「平和の旅へ」を熱唱する人たち=2006年10月、長崎市平野町 拡大「第3回核兵器廃絶 地球市民集会ナガサキ」の前夜祭で「平和の旅へ」を熱唱する人たち=2006年10月、長崎市平野町

写真:長野靖男さん 拡大長野靖男さん

写真:渡辺千恵子さん=1959年7月、長崎市 拡大渡辺千恵子さん=1959年7月、長崎市

《長野靖男さん 1943年生(1)》

 世界は必ず変わる――。核兵器をめぐる近年の世界情勢を予見するように、あの人はよく言っていた。

 2歳の時に爆心地から5キロの福田村(現・長崎市福田本町)で被爆した長野靖男(ながのやすお)さん(76)=時津町=はそう思い返す。「あの人」とは「車いすの原爆語り部」として知られた渡辺千恵子(わたなべちえこ)さん(1928〜93)。56年に長崎で開かれた原水爆禁止世界大会で、母に抱えられながら被爆体験を語る姿が、核兵器廃絶運動のシンボルとも言われた人だ。

     □     ■

 出会いは85年。職場のサークルで合唱に打ち込んでいた長野さんは、被爆40年の催しを前年から仲間たちと企画していた。「40年にふさわしいような音楽作品が作れないか」。そんなアイデアが出たものの、曲作りはなかなか進まない。そこで、代表的な語り部の一人に直接話を聞こうということになった。

 渡辺さんは被爆当時、16歳の女学生。動員先の工場で被爆して下半身を負傷し、歩くことも、立つこともできない体になった。「自宅の薄い布団に、死を待つだけの状態で寝かされていたんです。やがて……腰や足の肉が腐り始めたんです」。くんちの季節には、華やかに着飾った同世代の娘たちが窓越しに見えた。母が縫ってくれたブラウスを「こんなもん要らん!」と投げつけたこともあった。

 被爆者の苦しみを初めて知った――。同じ被爆者ながら、長野さんは渡辺さんの半生を聞いて、そう思わずにはいられなかった。

 1時間あまりに及んだ語りを録音し、全て書き起こした。渡辺さんの言葉をそのまま採り入れ、生まれたのが合唱組曲「平和の旅へ」。原爆に青春を奪われた苦しみや、平和活動に生きる希望を見いだしていく半生を、八つの合唱曲と語りで描く約30分の大作だ。

     ■     □

 30年以上にわたって歌い継がれ、海外で披露されたこともある。長崎では昨年、5年ぶりに開かれた「地球市民集会ナガサキ」で演奏され、国内外の参加者から喝采を浴びた。30年の間に世界情勢は大きく変わり、一昨年には国連で核兵器禁止条約が成立した。曲が作られた当時には考えられなかったことだ。

 一方、日本政府や核保有国は条約の署名・批准に背を向ける。核兵器を含めた軍縮が遅々として進んでいない現実もある。しかし長野さんは、渡辺さんの言葉を信じている。「世界は必ず変わる。希望はある」(森本類・33歳)

通算3876回目。今シリーズは14回の予定。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

長崎総局から

「長崎アサヒ・コム」へようこそ。平和・核兵器廃絶への願い、異国情緒豊かな街の話題や写真など長崎県ならではのニュース、連載企画をお届けします。また、各種情報などもご参照ください。

朝日新聞 長崎総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ