メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

♪吹奏楽♪【第60回県吹奏楽コンクール】

(上)西大和学園高等部吹奏楽部

写真: 拡大

写真:合奏で自由曲の練習をする部員ら=いずれも河合町の西大和学園高校 拡大合奏で自由曲の練習をする部員ら=いずれも河合町の西大和学園高校

写真:音楽準備室には昨年の関西大会出場の記念写真が飾ってある 拡大音楽準備室には昨年の関西大会出場の記念写真が飾ってある

 ◇「万年銅賞」が県代表に

 ■顧問と出会い、「和音」知る

 昨年の奈良県吹奏楽コンクールの高校小編成部門。中高一貫の西大和学園高校の吹奏楽部にとって、ビッグニュースが舞い込んだ。金賞に入賞し、さらに初めて関西大会の県代表に選ばれたのだ。

「呼び間違えちゃう?」

会場で発表を聞いた部員たちは一瞬耳を疑った。女子は号泣し、男子は声を出して騒いだ。

 「ほんまですか?」

 大会本部からの電話に、学校で中学生の合奏練習を見ていた顧問の川内奈保子先生(48)も驚いた。

 近年こそ銀賞も得たが、かつて部員自ら「万年銅賞の西大和」と呼ぶほど、良い賞は遠かった。誰もが信じられない気持ちだった。

    ◇

 西大和学園の吹奏楽部が少しずつ変わり始めたのは2015年の春。川内先生が顧問になってからだ。

 「川内先生が来るまで、『和音』という概念がありませんでした。ただ音を鳴らすだけで、ハモるとか考えてなかった」。中学から西大和学園で吹奏楽部を続けるサックスの河野朱殊(すず)さん(2年)は振り返る。

 川内先生は初めて吹奏楽部が練習する音楽室に入ったときのことをおぼえている。音が重ならないように、別の部屋で分かれて取り組むはずの「パート練習」を同じ部屋でしていた。

 いざ合奏に臨むと「音がうるさくて。みんなで合わせる気が感じられなかった」。揚げ句の果てには、「合奏体形組むの面倒なんで、いいです」と部員らに断られる始末だった。

 「進学校なので勉強優先」という意識が強く、練習に熱心な部員は少なかった。部室に集まってもしゃべったり遊んだり。楽器を片付けるのに30分。リップスラーやタンギングなど、基本的な音楽表現を知らない部員も大勢いた。

 「人前で披露しても恥ずかしくない演奏を」と考えた川内先生。実はオペラが専門だが、楽器の演奏に必要な知識を身につけようと、サックス、トランペット、ホルンなどを習い始めた。

 学校の決まりで部活ができるのは週3日。川内先生は、音楽室以外に練習場所は確保できないと知り、基礎練習もパート練習も全てを合奏練習の中で済ます方法をとった。「部員の集中力のすごさには驚かされます」

     ◇

 16年の夏。部内には成長の手応えが生まれていた。当時の部長の渋川雅人さん(19)は「絶対金賞」「関西、目指すで」と呼びかけた。同級生は初め「そんなん無理や」と尻込みしていたが、本番が近づくにつれ、練習に熱が入った。この年、本当にコンクールで金賞をつかんだ。初の快挙だった。

 ここ数年で基礎練習も強化した。16年の関西大会出場校の精華西中(京都府)出身で、部長の榎波磨里乃さん(2年)をはじめ、高校から入学した部員らが、それぞれの中学の吹奏楽部で学んだ練習方法を取り入れている。

 今年の自由曲「鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)」は、日本神話に登場する神を主題にした曲。今年の目標は、2年連続関西大会出場だ。河野さんは「みんなでホールの響きを楽しみたいです」。部長の榎波さんは「やっぱり、このいい流れがこの先も続いてほしい」と願う。

 「昔は審査員もあきれてたよな」「随分吹奏楽部らしくなったわ」。かつての部活動を懐かしんで大笑いする部員たち。川内先生が指揮棒を握ると、打って変わって真剣な表情になった。

 (加治隼人)

 −−−

3日に開幕する第60回県吹奏楽コンクール(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)。様々な思いで本番の舞台に臨む吹奏楽部員らの思いを2回にわたって伝える。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ