メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

新潟

新潟の情報

特集

高校野球
試合結果など。「熱闘の軌跡」やチーム紹介もあります。
連載
深掘り記事、人もの、医療ものなど、新潟版の連載を集めました。
カルチャー@ニイガタ
県内の催事関連記事を紹介します
教育@新潟
教育関連別刷り特集のインタビュー記事です
Negiccoのキセキ
新潟発の人気アイドルグループの軌跡を追います。

新潟のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

糸魚川荒波あんこう祭り(糸魚川会場) [物産展][食のイベント]

糸魚川荒波あんこう祭り(糸魚川会場)

  • 2019年01月20日(日)
  • 北陸自動車道糸魚川ICより約5kmJR北陸本線糸魚川駅より徒歩3分
  • 日本海の冬の味覚の王様、アンコウ汁の1000杯限定販売や、豪快吊るし切りの実演、海産物網焼きコーナーや物産販売コーナーなど、おいしいもの盛りだくさん! お楽しみ抽選会なども予定されており、旬の味覚を楽しみに、毎年多くの人たちでにぎわいを見せる。
第15回むかしのくらし展「いれもの」展 [展示会・展示イベント][展覧会]

第15回むかしのくらし展「いれもの」展

  • 2018年11月10日(土) ~ 2019年01月27日(日)
  • 新潟バイパス紫竹山ICより約15分新潟駅万代口バスターミナルより観光循環バス(朱鷺メッセ先回り)乗車、25分「歴史博物館」下車すぐ
  • 子どもたちは本でみたことしかない、おじいちゃんおばあちゃんにはなつかしい、そんな「いれもの」がみなとぴあに大集合! 「いれもの」の不思議な形を見たり、使い方に驚いたり、親子や三世代で楽しめる。期間中には、「いれもの」にさわれるイベントや詳しく知りたい人のための解説会、ミニ講座もあり。無料で申込みも不要。
体験コーナー「まが玉を作ろう!」 [体験・遊覧]

体験コーナー「まが玉を作ろう!」

  • 2019年01月05日(土) ~ 2019年01月27日(日)
  • 「長岡」ICから国道8号線で柏崎方面へ約5分長岡駅大手口からバスで「県立歴史博物館行き」、約35分
  • 滑石を削って、縄文時代や古代の人々が身についていた、まが玉を作成する。事前申し込みは不要なので、気軽に体験できる。参加希望者は当日に体験コーナー(常設展示室内)へ。
越後FUNスノートレイル [スポーツ]

越後FUNスノートレイル

  • 2019年01月27日(日)
  • 関越自動車道「長岡」ICから約10分JR長岡駅より6番線「ニュータウン行」バス約35分、「陽光台4丁目」下車徒歩10分
  • 雪国越後ならではの「スノートレイル」。コースはショート部門(小学生以下男女4キロ、一般男女4キロ)とロング部門(一般男女8キロ、50歳以上男女8キロ)の2種。普段とは一味違うトレイルランニングを体験してみては。申し込みはランネットまたは当日受付が可能(当日はランネットの申込より料金割増しとなる)。
伝統芸能上演会「三味線と語りを楽しむ」 [伝統芸能・大衆芸能][講座・講演・シンポジウム]

伝統芸能上演会「三味線と語りを楽しむ」

  • 2019年01月27日(日)
  • 「長岡」ICから国道8号線で柏崎方面へ約5分長岡駅大手口からバス「県立歴史博物館行き」約35分
  • 国立民族学博物館准教授 広瀬浩二郎氏による講演「「聴き語り」の芸能 -瞽女唄の現代的意義をめぐって-」、須藤鈴子氏・室橋光枝氏(越後瞽女唄 葛の葉会)による瞽女唄演奏など、を通してにいがたの文化を知る。瞽女文化の面白さを学び瞽女唄をたっぷり味わうことができる内容。
糸魚川荒波あんこう祭り(能生会場) [物産展][食のイベント]

糸魚川荒波あんこう祭り(能生会場)

  • 2019年01月27日(日)
  • 北陸自動車道「能生」ICから約5kmJR北陸線「能生」駅より徒歩約30分
  • 日本海の冬の味覚の王様アンコウ。アンコウ汁の数量限定販売や、豪快吊るし切りの実演、海産物網焼きコーナーや物産販売コーナーなど、おいしいもの盛りだくさんのイベント。子どもも楽しめるイベントが予定されているので、家族そろって足を運んでみては?
新潟県埋蔵文化財センター講演会 第10回「石器製作技術から見た縄文時代の「伝統」」 [講座・講演・シンポジウム]

新潟県埋蔵文化財センター講演会 第10回「石器製作技術から見た縄文時代の「伝統」」

  • 2019年01月27日(日)
  • 磐越自動車道新津ICから国道460号経由約15分JR古津駅より徒歩約25分 JR新津駅東口から新潟交通観光バス金津行「割町」下車徒歩約5分
  • 石器の作り方は親から子に伝承されたと考えられる。県内の縄文石器の製作技術から、縄文時代の伝統について沢田敦氏(埋蔵文化財センター)が探る。この講演は巡回展「縄文の造形美-六反田南遺跡と火焔型土器-」の関連講演会である。なお、情報保障(手話通訳・要約筆記)が必要な場合は、開催日の2週間前までに要連絡。定員80名、申込不要(定員になり次第締め切り)。
少年少女考古学教室 第4回「縄文時代の木製品の観察と編み物体験」 [体験・遊覧][講座・講演・シンポジウム]

少年少女考古学教室 第4回「縄文時代の木製品の観察と編み物体験」

  • 2019年01月27日(日)
  • 磐越自動車道新津ICから国道460号経由約15分JR古津駅より徒歩約25分 JR新津駅東口から新潟交通観光バス金津行「割町」下車徒歩約5分
  • 縄文時代の編み物を観察した後に、編み物の作り方を学び、編み物作りや糸玉ミサンガ作りを体験する。考古学者を目指そう! 申込方法:12/3(月)~1/25(金)電話、FAX、メールで受付 対象:小学4年生~中学3年生 定員:20名(定員になり次第締め切り) ※詳細はHPを確認
企画展「むかしのくらし 着るもの」 [展示会・展示イベント][展覧会]

企画展「むかしのくらし 着るもの」

  • 2018年12月01日(土) ~ 2019年01月30日(水)
  • 北陸自動車道三条燕ICから約3kmJR北三条駅から徒歩約3分
  • 身近な暮らしの変遷を紹介するシリーズ企画展。今回は「着るもの」をテーマに、戦前から高度成長期頃までの暮らしの衣服とその周辺の道具類を展示する。展示品は、大人にとっては懐かしく、子どもにとっては新鮮に感じられるものばかりで、老若男女楽しめる展覧会である。
2018 NIIGATA光のページェント [イルミネーション・ライトアップ]

2018 NIIGATA光のページェント

  • 2018年12月07日(金) ~ 2019年01月31日(木)
  • 新潟駅下車すぐ(南口方面)
  • 心まで温める、新潟の冬の宝物「NIIGATA光のページェント」。JR新潟駅南口、駅南けやき通りの約200本の木が26万個の美しいイルミネーションで鮮やかに飾られる。そのまばゆい光は、来場者1人1人の心を暖かくすること間違いなし。

新潟総局から

身近なニュースをおしえてください。身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 新潟総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】寝室を映画館に!

    ライト型プロジェクター

  • 写真

    【&TRAVEL】直行便で楽々!フィジー体験

    ゆるりと流れる時間と笑顔

  • 写真

    【&M】新型スープラついにお披露目

    “揺れる”北米自動車ショー開幕

  • 写真

    【&w】心優しき猫救出話で恋に落ちる

    猫と暮らすニューヨーク

  • 写真

    好書好日浮世絵調で「あるある」ネタ

    インスタで人気の山田全自動

  • 写真

    WEBRONZAZOZO前澤社長の「芸風」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン可愛すぎる売り子、ほのか

    愛するコツと愛される努力

  • 写真

    T JAPANサロン「九段ハウス」の挑戦

    ビジネスに活きるアートを学ぶ

  • 写真

    GLOBE+死んだと思っていた娘が……

    69年ぶりの再会が実現

  • 写真

    sippo猫好きの異色マンガ家

    趣味のコスプレに猫ビックリ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ