メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

新潟

新潟の情報

特集

高校野球
試合結果など。「熱闘の軌跡」やチーム紹介もあります。
連載
深掘り記事、人もの、医療ものなど、新潟版の連載を集めました。
カルチャー@ニイガタ
県内の催事関連記事を紹介します
教育@新潟
教育関連別刷り特集のインタビュー記事です
Negiccoのキセキ
新潟発の人気アイドルグループの軌跡を追います。

新潟のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

糸魚川荒波あんこうフェア [食のイベント]

糸魚川荒波あんこうフェア

  • 2018年12月01日(土) ~ 2019年03月31日(日)
  • JR「糸魚川」駅下車
  • 糸魚川はあんこうの絶好の漁場であり、あんこう料理は冬の味覚として古くから親しまれている定番料理。この定番料理を糸魚川に気軽に食べてもらう企画。あんこうの「七つ道具」と呼ばれる各部位はそれぞれに違う味わいがあり、捨てるところがない大変おいしいお魚。参加店それぞれの「あんこう料理」を味わおう。
1人でも安心!ジュニアスキースクールパック [スポーツ]

1人でも安心!ジュニアスキースクールパック

  • 2018年12月25日(火) ~ 2019年03月30日(土)
  • 塩沢石打ICより約5分上越新幹線「越後湯沢」駅より送迎バスで約20分
  • 全合宿制、2泊3日でスキーの上達を目指す。スタッフが東京駅または上越新幹線停車駅までの送迎、さらに起床から就寝まで子どもの生活指導・管理をしてくれるので、安心して参加することができる。4歳児から参加可能。親元を離れて、スキーの技術だけでなく、心の成長も期待できる。毎回満員のため早めの申込みがおすすめ。
巡回展「縄文の造形美-六反田南遺跡と火焔型土器-」(新潟市) [展示会・展示イベント][展覧会]

巡回展「縄文の造形美-六反田南遺跡と火焔型土器-」(新潟市)

  • 2018年12月21日(金) ~ 2019年03月24日(日)
  • 磐越自動車道新津ICから国道460号経由約15分JR古津駅より徒歩約25分 JR新津駅東口から新潟交通観光バス金津行「割町」下車徒歩約5分
  • 流麗な造形美にあふれる糸魚川市六反田南遺跡の縄文土器。全国を縦断した優品と中越・下越・佐渡の火焔型土器がふるさと新潟を巡回する。第4会場は新潟県埋蔵文化財センター。
八海山麓スキー場 オープン [体験・遊覧][スポーツ]

八海山麓スキー場 オープン

  • 2018年12月23日(日) ~ 2019年03月24日(日)
  • 関越自動車道 小出ICから約15分、大和スマートICから約5分「浦佐」駅から車で約10分
  • 八海山のふもとにある、大自然に抱かれたスキー場「八海山麓スキー場」。小さいながらもファミリーコースから滑りごたえのあるコースもあり、知る人ぞ知るスポット。駐車場の台数が少ないので、気をつけよう。
富岡惣一郎 「雪国」 [展示会・展示イベント]

富岡惣一郎 「雪国」

  • 2018年11月23日(金) ~ 2019年03月17日(日)
  • 関越自動車道六日町ICから15分、JR五日町駅からタクシー10分JR六日町駅からバス20分
  • 富岡惣一郎は、雪の白に魅了された画家。ニューヨークで学んだ、「国際的に認められる芸術とは何か」を考えた時、富岡を育み、独自の美を生んだ雪の世界に回帰する事だと気づいた。それからの制作には、日本の古代から続く美意識が色濃く反映されていく。今回の展示では、白と黒で表現した抽象的な雪国や季節の変化を淡い色で象徴的に表した作品を展示する。
科学館キッズパーク [体験・遊覧]

科学館キッズパーク

  • 2018年12月01日(土) ~ 2019年02月17日(日)
  • 新潟パイパス「女池」IC・「桜木」ICより約5分、高速「新潟中央」ICより約6分「新潟」駅よりバスで約20分、野球場・科学館前下車
  • 夢中になれる遊びがいっぱい「科学館キッズパーク」が今年も登場! 雨でも雪でも天候を気にすることなく、いつでも遊ぶことができる全天候型屋内パーク。ママに嬉しい授乳コーナーも完備。寒い冬も元気に遊ぼう!
見附市街路樹イルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

見附市街路樹イルミネーション

  • 2018年11月24日(土) ~ 2019年02月14日(木)
  • 北陸自動車道「中之島見附」ICより10分JR信越本線「見附」駅より、コミュニティバス「市役所前」下車
  • 冬の風物詩でもある市民の手で飾り彩られた街路樹イルミネーションは、今年で13年目を迎える。まち中にある街路樹を市役所前通り~本町商店街の約2.3kmにかけて、イルミネーションで飾られ、青い光のトンネルの様に幻想的な光が夜の街をやさしく照らしてくれる。点灯初日は見附市市役所前職員駐車場を会場に、カウントダウンイベントを開催。ヒーローショーや豚汁や綿あめなどの振る舞いも行われる。
2018 NIIGATA光のページェント [イルミネーション・ライトアップ]

2018 NIIGATA光のページェント

  • 2018年12月07日(金) ~ 2019年01月31日(木)
  • 新潟駅下車すぐ(南口方面)
  • 心まで温める、新潟の冬の宝物「NIIGATA光のページェント」。JR新潟駅南口、駅南けやき通りの約200本の木が26万個の美しいイルミネーションで鮮やかに飾られる。そのまばゆい光は、来場者1人1人の心を暖かくすること間違いなし。
企画展「むかしのくらし 着るもの」 [展示会・展示イベント][展覧会]

企画展「むかしのくらし 着るもの」

  • 2018年12月01日(土) ~ 2019年01月30日(水)
  • 北陸自動車道三条燕ICから約3kmJR北三条駅から徒歩約3分
  • 身近な暮らしの変遷を紹介するシリーズ企画展。今回は「着るもの」をテーマに、戦前から高度成長期頃までの暮らしの衣服とその周辺の道具類を展示する。展示品は、大人にとっては懐かしく、子どもにとっては新鮮に感じられるものばかりで、老若男女楽しめる展覧会である。
第15回むかしのくらし展「いれもの」展 [展示会・展示イベント][展覧会]

第15回むかしのくらし展「いれもの」展

  • 2018年11月10日(土) ~ 2019年01月27日(日)
  • 新潟バイパス紫竹山ICより約15分新潟駅万代口バスターミナルより観光循環バス(朱鷺メッセ先回り)乗車、25分「歴史博物館」下車すぐ
  • 子どもたちは本でみたことしかない、おじいちゃんおばあちゃんにはなつかしい、そんな「いれもの」がみなとぴあに大集合! 「いれもの」の不思議な形を見たり、使い方に驚いたり、親子や三世代で楽しめる。期間中には、「いれもの」にさわれるイベントや詳しく知りたい人のための解説会、ミニ講座もあり。無料で申込みも不要。

新潟総局から

身近なニュースをおしえてください。身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 新潟総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】磨き残しをアプリで可視化する

    スマホ連動型スマート歯ブラシ

  • 写真

    【&TRAVEL】刺し身用アジを絶品フライに

    アジフライの聖地・松浦を歩く

  • 写真

    【&M】銭湯絵師が描いた富士山

    カメラマン宮田正和の一眼気分

  • 写真

    【&w】楽しいギフトにいかが?

    店で

  • 写真

    好書好日松井玲奈さん、新鮮に芸妓役

    浅田次郎原作「輪違屋糸里」

  • 写真

    WEBRONZAブレクジット解決の唯一の道

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン中国の古都杭州にある桃源郷

    世界遺産の湖に面したホテル

  • 写真

    T JAPAN写真家・若木信吾の絵本作り

    大人も楽しめる絵本ガイドも!

  • 写真

    GLOBE+ドルガバ動画の何が問題か

    ハーフの視点で考える

  • 写真

    sippo猫の性格は毛柄で決まる?

    大学で大まじめに調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ