メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載【吹奏楽部NOW】

長岡市立越路中・丸山凜さん

写真:パート練習で、ピッコロを吹く丸山凜部長(右)=長岡市来迎寺 拡大パート練習で、ピッコロを吹く丸山凜部長(右)=長岡市来迎寺

■音楽室にも感謝忘れず

 「心から心へ 一瞬の感動を永遠の感動へ」。吹奏楽部の今年のスローガンです。副部長と六つの原案を考え、部員の投票で決めました。「心のベース=感謝とファイト」という去年からのスローガンとともに、大きな目標です。
 部員は1年生7人と2、3年生が14人ずつで計35人。音楽室に入る時は「お願いします」、退出時は「ありがとうございます」と、それぞれが声を出します。先輩からの伝統で、練習場所の音楽室そのものにも感謝する気持ちを忘れないためです。
 ふだんは楽器ごとのパート練習から始め、リズムや旋律が同じパートなら一緒に演奏をします。全体練習では、スムーズな息継ぎのため「合唱」を取り入れ、校歌などを歌います。
 部の活動では、ホタルや紅葉にちなんだ地域のお祭りの際や福祉施設での演奏もあります。うれしいのは聞いてくれる方々を身近に感じられること。ホールで演奏するのとは違った魅力があり、今後も続けていきたいと思います。
 吹奏楽の楽しさは、みんなで曲を完成させてゆくことです。意見が合わないことも、部長としての指示がうまく伝わらないこともありますが、みんなが納得できるように話し合うことを心がけています。
 いよいよ吹奏楽コンクールの地区大会が21日から始まります。顧問の先生や審査員、観客のみなさんに、感謝の気持ちが伝わるような演奏をしたいと思っています。
 (構成・荒海謙一)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

新潟総局から

身近なニュースをおしえてください。身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 新潟総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ