メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載【吹奏楽部NOW】

新津高校 生徒主体で練習に熱

写真:息を合わせて、合奏する新津高校吹奏楽部=新潟市秋葉区秋葉1丁目 拡大息を合わせて、合奏する新津高校吹奏楽部=新潟市秋葉区秋葉1丁目

 「もっと前のめりに」「テンポを意識して」。16日に迫った西関東大会に向け、顧問の清水美奈子教諭(48)の指導にも熱がこもる。真剣なまなざしでタクトを追う部員たちが、何度も合奏を繰り返した。
 2年ぶりの大舞台。2〜3年生を中心に計30人で出場する。演奏するのは芥川龍之介の「羅生門」を題材にした作品だ。曲調がめまぐるしく転換する。テューバの中村竜馬部長(3年)は「吹けば吹くほど難しい。だからこそやる気が出る」と話す。
 全員で話し合い、曲を15のパーツに分けた。それぞれを「濃い灰色」や「ぼんやりした赤」など色でイメージすることで、解釈を統一した。
 トランペットの山下莉央さん(2年)は「フォルテやスタッカートなど、演奏記号をさらに徹底することが今後の課題」だと話す。「タンギングで音のつぶを意識して、もっと表現を凝らしたい」
 小林咲恵さん(3年)は高校に入り、トロンボーンからフルートに転向した。唇の使い方が違い、最初は苦戦した。今ではソロパートを任せられるほどの腕前になった。
 「生徒主体」が部の伝統でもある。昼休みには自然と部員が音楽室に集まる。一緒に弁当を食べた後は練習で汗を流す。「家族といるより長い時間を部の仲間と過ごした」と小林さん。「今のメンバーでこの曲を奏でられるのはこの大会で最後。悔いを残さず、楽しくやりたい」(中村建太)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

新潟総局から

身近なニュースをおしえてください。身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 新潟総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ