メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載【吹奏楽部NOW】

長岡商高 マーチングと二刀流

写真:練習に励む部員たち 拡大練習に励む部員たち

 音楽部は部員28人と大人数ではないが、吹奏楽とマーチングをこなす「二刀流」だ。吹奏楽の経験者はいてもマーチングは高校で初めて取り組んだ部員ばかり。クラリネットの反町萌乃さん(3年)は「縦横の位置取りがあり、周囲への目配せも必要」。ユーフォニアムの山田里奈さん(2年)は「楽器が重いから結構つらい」と笑う。
 今年の県マーチングコンテストでは金賞となり、県代表に。西関東大会は14回目の出場という伝統校だ。今回の西関東大会は銅賞だった。打楽器を担当する部長の斎藤綺紗(あやさ)さん(3年)は「雰囲気にのまれて力を出せなかった」と部員たちの悔しさを代弁する。「来年こそは」と後輩たちにさらなる飛躍を託した。
 練習では、顔トレーニングというメニューがある。口の両脇を上げるなどして顔の筋肉をほぐし、口の形を楽器になじむようにするのだという。マーチングには広いスペースが必要になる。グラウンドがいつも使えるわけではなく、廊下で歩き方や楽器の構え方を練習することも。今は11月10日の定期演奏会に向けた追い込みの練習が続く。
 部の目標である「Checkmate(チェックメイト)」には、最後までやり抜くという部員たちの意気込みが表れている。指導するのは外部から招かれた音楽部監督の小池伸幸さん(71)。持論は音楽を教えるのではなく音楽で教える。「技術だけでなく、社会人になっても通じるものを学び取ってほしい」(荒海謙一)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

新潟総局から

身近なニュースをおしえてください。身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 新潟総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ