メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

珍魚リュウグウノツカイ捕った 新潟、標本で展示へ

写真:捕獲されたリュウグウノツカイ=上越市立水族博物館提供拡大捕獲されたリュウグウノツカイ=上越市立水族博物館提供

 上越市立水族博物館に「リュウグウノツカイ」がきた。直江津港で2日に釣りをしていた男性が、水面にいる体長約3メートルの魚を針で引っかけ、生きた状態で引き揚げた。博物館に運ばれた直後に死んでしまったが、標本にして展示したいという。

 リュウグウノツカイは沖合の中深層に生息する珍しい深海魚で、大きな個体は体長10メートルを超える。細長く、全身は銀白色でひれは赤い。人魚のモデルになったという説もある。最近では県内で2010年2月に柏崎市で見つかっているという。

豊富なコンテンツをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

※有料記事の一部を自動で取り出して紹介しています。
PR情報
検索フォーム

おすすめ

アジア初の本格的魔法ワールドは、東京ドームのグラウンド3個分。子供から大人まで、魔法魔術学校の生徒になった気分で楽しめる

PC不要!実は簡単だったアナログ音源のデジタル化

有効画素数3635万。ニコンのデジタル一眼史上最高画質を実現した「D810」

高層階で贅沢な朝食、華やかなラウンジでのんびりティータイム…

スイカやチーズ、小屋、英米の国旗など、ユーモアたっぷりのデザインで人気を博しているイギリス発のテント

15メートル先の空気まで動かす空気循環能力をもったサーキュレーターが登場

ここから広告です

新潟総局から

身近なニュースをおしえてください。身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 新潟総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • ショッピング天国に一番近い州・ダオスタ

    イタリアの隠れた穴場リゾート

  • ブック・アサヒ・コム貧困ビジネスの実態を暴く

    柚月裕子の社会派ミステリー

  • 【&M】小さな無人島の大きな楽しみ

    シアワセになるサイパン!

  • 【&w】「働く」って何だろう?

    山崎亮さんの新刊プレゼント

  • Astand彗星に軟着陸できるのか

    世界初のミッションに挑む

  • 写真

    ハフポスト日本版 西洋人が魅せられた世界

    鮮やかな江戸・明治期の写真

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報