メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「新潟産」車両、地元に投入 JR東日本のE129系

写真:来年秋ごろから登場予定のE129系電車。新津車両製作所が製造する「メードイン新潟」の新型車両だ=JR東日本提供拡大来年秋ごろから登場予定のE129系電車。新津車両製作所が製造する「メードイン新潟」の新型車両だ=JR東日本提供

 【三木一哉】JR東日本は、新潟周辺で普通列車に使う電車を来年秋ごろから、約40年ぶりに一新する。製造から平均約36年が経過した115系電車に代わり、新津車両製作所(新潟市秋葉区)でつくられた新型車E129系を投入し、2017年ごろまでに置き換える。「メード・イン・新潟」の車両が地元に投入されるのは初めて。

 E129系はステンレス製の車体で、制動時に発生する電気を架線に戻す「回生ブレーキ」を備え、115系と比べて消費電力が半分で済む。つり手と荷棚を在来車両より約5センチ低くし、握り棒に独特のカーブをつけるなど、高齢者や子どもにも使いやすくした。

 ドアには凍結防止のヒーターを備え、雪かきもあり、床下の機器や屋根の上のパンタグラフも雪がつきにくい設計をする。塗装も銀色の車体にトキ色と黄金色をベースにした2色の帯が入るデザインにする。160両を製造し、上越線、信越線など県内の直流電化区間を走る。

 退役する115系は、東海道線で活躍した111系を山岳線区用・寒冷地用にアレンジした車両。新津車両製作所の橋爪進所長は「一時代をつくった115系は丈夫だったから40年間も走れた」とねぎらい、E129系について「新潟の工場が地元に送り出す最初の電車。地域に貢献でき、うれしい」と語った。

豊富なコンテンツをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

※有料記事の一部を自動で取り出して紹介しています。

PR情報

検索フォーム

おすすめ

日本一の頂上は、どちらなのか。かつては静岡県だったというがいまは…。

世界遺産登録をめざす「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」に含まれる教会や遺跡を紹介。

1万人のユーザーアンケートをもとに、顧客満足度で集計したベスト100をお届け。

全国屈指のそば王国・山形のそばの味わいがさらに深くなる七つの物語をお届け。

誰でも一度は聞いたことがある大手鉄道会社から、存在すら知らなかったローカル鉄道会社まで、日本全国の鉄道会社の信じられないようなオモシロ話が満載!

「バスの料金箱は、どう進化している?」「バス1台の値段はいくら?」など、日本人の大切な“足”である「バス」の素朴な疑問から、驚きのウラ事情までを網羅

ここから広告です

新潟総局から

身近なニュースをおしえてください。身の回りの出来事、ニュースや記事へのご感想などをお寄せください。
メールはこちらから

朝日新聞 新潟総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • ショッピング挨拶ひとつで今日が変わる

    人生を楽しむ「格言写真集」

  • ブック・アサヒ・コムちゃんもも◎、壮絶人生

    自分の苦しみ 読者の勇気に

  • 【&M】贈って喜ばれる

    「大人良品」の見つけ方

  • 【&w】デザインを世界から公募

    スイスアーミーナイフ

  • Astand総選挙をきっかけに

    日本政治の明日を考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 解読できる?

    世紀の奇書「ヴォイニッチ手稿」

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報