メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大分

大分の情報

特集

連載企画「働く」
何かをさがして、何かを見つけて……。(2017年3月29日~4月2日の朝日新聞大分版に掲載)
災害は忘れる暇なくやって来る
元大分気象台長の花宮広務さんが、過去の自然災害や知っておきたい防災の心得を綴ります。
スポーツ
「柚野真也のスポーツ雑記帳」「トリニータ日誌」を掲載中です。

大分のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

ドローンVR体験 [体験・遊覧]

ドローンVR体験

  • 2017年11月23日(木)
  • 東九州自動車道大分農業文化公園ICより約2分JR日豊本線中山香駅から車で15分
  • 大分農業文化公園を空から眺めてみよう。空を飛ぶドローンのカメラ映像をその場で見ることができ、まるで空中散歩をしているよう。迫力満点の映像をお楽しみに。
国民文化祭・おおいた2018 大分市実行委員会プレイベント [体験・遊覧][音楽イベント][伝統芸能・大衆芸能][芸能人・著名人]

国民文化祭・おおいた2018 大分市実行委員会プレイベント

  • 2017年11月23日(木)
  • 大分自動車道大分ICより約4kmJR大分駅下車すぐ
  • 来年の文化祭に出演予定の「DRUM TAO」によるステージほか、「出会いの場」エリアの3市(大分市、別府市、由布市)15団体が出演するステージ! またワークショップやおいしい「食」のブース、そして小さな子どもたちから大人まで大人気のあひるの競走など楽しいイベント盛りだくさん!
【紅葉・見ごろ】用作公園 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント][イルミネーション・ライトアップ]

【紅葉・見ごろ】用作公園

  • 2017年11月04日(土) ~ 2017年11月25日(土)
  • JR豊肥本線「朝地」駅よりタクシーで約5分
  • 用作公園はかつて岡藩主の家老の別荘地で、藩主中川氏が参勤交代の途中などに度々立ち寄るとともに、田能村竹田や頼山陽といった文人墨客も多く訪れ、岡藩の玄関・接客所としての役割を果たしていた。北側の心字池、南側の丹字池の2つの池を中心に、約500本のモミジやカエデなどの紅葉樹が植えられており、県内でも屈指の紅葉の名所。紅葉期間中の週末や祝日にはライトアップも行われ、多くの見物客で賑わいを見せる。
【紅葉・見ごろ】深耶馬溪 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】深耶馬溪

  • 2017年10月21日(土) ~ 2017年11月26日(日)
  • 大分自動車道玖珠ICより約20分、東九州自動車道中津ICより約40分
  • 春は若葉もみじ、秋は錦もみじが楽しめる。美しい景色に包まれた渓谷の中程にあり、一目八景展望台より、夫婦岩、鳥帽子岩、仙人岩等周囲の景勝八景が一望できる人気の場所だ。「これぞ紅葉」といわれる名所を見に行こう!
宇佐市長洲浜の市(11月) [物産展][食のイベント]

宇佐市長洲浜の市(11月)

  • 2017年11月26日(日)
  • 宇佐別府道路「宇佐」ICより約10分JR日豊本線「長洲」駅より徒歩約15分
  • 9時からと10時半からの2回、地元で獲れた魚介類の直売を行う。直売は魚介類が無くなり次第終了となるため、各直売時間前の来場がおすすめ。浜の母ちゃんの手作りのおいしいものも販売。地元でとれたハモを使った美味しいお吸い物を無料配布や、ワタリガニ釣り(持ち帰り可、有料)、抽選会などもあるので、早起きしてお出かけしてみてはいかが?
【紅葉・見ごろ】杵築城 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】杵築城

  • 2017年11月15日(水) ~ 2017年11月30日(木)
  • JR杵築駅からバスで約15分「杵築バスターミナル」下車、徒歩10分
  • 木付頼直が応永元年(1394)に木付城として築城した杵築城。海と断崖に囲まれた台地は天然の要塞となっており、地形が牛が臥した形に似ていることから臥牛(がぎゅう)城とも言われている。山上が城山公園として整備されており、城へ通じる散策道を中心に秋には紅葉を楽しむことができる。天守閣からは杵築市内を一望でき、守江湾が広がる景色は必見。
【紅葉・見ごろ】普現寺 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント][イルミネーション・ライトアップ]

【紅葉・見ごろ】普現寺

  • 2017年11月15日(水) ~ 2017年11月30日(木)
  • 東九州自動車道臼杵ICより約20分JR日豊本線臼杵駅より大分バス「三重」行き約40分「野津高校前」下車
  • とんちの名人・吉四六(きっちょむ)さんのモデルである初代廣田吉衛門の菩提寺でもある普現寺。紅葉シーズンには境内にある約200本のもみじが赤と黄色のじゅうたんを織りなし、11月中旬頃予定されている夜間のライトアップでは、昼間とは違った幻想的な雰囲気を醸し出す。静かなお寺で、しばし時を忘れてゆっくり紅葉狩りをしてみては?
【紅葉・見ごろ】白馬渓 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】白馬渓

  • 2017年11月15日(水) ~ 2017年11月30日(木)
  • 東九州道臼杵ICから約5分JR日豊本線「臼杵」駅からバスで約15分「白馬渓入口」下車、徒歩10分
  • 1978年に臼杵市の名勝に指定された白馬渓は、臼杵川上流の支流にある渓谷で、大分県の紅葉の名所のひとつ。江戸時代、橋本真彦という人が緑の茂みに囲まれた渓流の美しさに心をうたれ、仲間と共に小さな石橋を8つ架け、紅葉や南天など四季の花樹を植えたもの。11月下旬にはもみじまつりも開催される。
【紅葉・見ごろ】文殊仙寺 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】文殊仙寺

  • 2017年11月10日(金) ~ 2017年11月30日(木)
  • 大分空港より約30分
  • 日本三文殊のひとつである文殊仙寺は、「三人寄れば文殊の知恵」のことわざの発祥の寺として知られている。境内及び付近の奇岩の風景は「文殊耶馬」と呼ばれ、紅葉の名所としても有名。見ごろに時期には境内や駐車場から見える辺りの山々は紅葉で赤く染まり、文殊仙寺に続く道沿いの木々は寺に近づくにつれて紅葉が深まって彩り美しい景観が楽しめる。
【紅葉・見ごろ】響渓谷 [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】響渓谷

  • 2017年11月01日(水) ~ 2017年11月30日(木)
  • 大分自動車道「日田」ICを利用JR久大本線「日田」駅を利用
  • 切り立った岩が壮観な響渓谷を紅葉が彩る季節。ひびきの郷からの景観の素晴らしさは、知る人ぞ知るスポットとして有名。梅の香温泉のから眺める「ひびき渓谷」の紅葉と、日頃の喧騒を忘れたやすらぎの空間で、日頃の疲れを癒してみては?

大分総局から

大分アサヒ・コムでは、県内の主なニュース、高校野球、連載記事、イベントなど、身近な話題を毎日、提供します。読者との懸け橋にできればと思っています。メールでのご意見などもお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 大分総局 公式ツイッター

関連サイト

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】発見!激安型落ちプリンター

    プロが教える賢い買い方

  • 写真

    【&TRAVEL】名庭×紅葉、絶景スポット

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】じんわりおいしい王道パスタ

    今日は「D’ORO」でランチ

  • 写真

    【&w】白金で旅人とシェアルーム

    東京の台所

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム君子危うきに近寄らず

    なんと小説の登場人物の名前

  • 写真

    WEBRONZA座間事件と若者の生きづらさ

    内面語った彼女らに応えたのは

  • 写真

    アエラスタイルマガジン鰻を粋に味わいに浅草へ

    明治40年創業の老舗の一品

  • 写真

    T JAPAN世界への警鐘を鳴らし続ける

    トレヴァー・パグレンのアート

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ