メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

くらしと憲法 岡山を歩く

4)平和主義

写真:「憲法九条の碑」を建てた秋山幸則さん=鏡野町上斎原 拡大「憲法九条の碑」を建てた秋山幸則さん=鏡野町上斎原

 ■悲劇、繰り返させない

 憲法施行から69年たった先月3日。元津山市議の秋山幸則さん(75)は、白い手袋をして鏡野町上斎原にある恩原湖のほとりに立っていた。紅白のひもを引くと、白い幕が下りて高さ約2メートルの黒御影石の碑が日差しに輝いた。大きな文字で「戦争の放棄」。その下には憲法9条の条文。親族や仲間ら約50人と記念撮影をして完成を祝った。

 昨年9月、安全保障関連法が強行採決されたとき、反戦・反核を信条に市議を7期28年務めた秋山さんは「米軍の友軍として、殺し殺される国になってしまった」と危機感を抱いた。現在は市民グループ「憲法9条世界へ未来へ岡山連絡会」(事務局・岡山市)の共同代表。「自分自身の活動の集大成として、9条の大切さを後世に伝えたい」と石碑の建立を思いついた。

 仲間の協力も得て、約90万円をかけて鏡野町の所有地に碑を建てた。裏面には、こう刻んだ。「全国の仲間と共に憲法違反の戦争法の廃止を勝ち取り 憲法九条を守り抜く決意を込めて」

 「9条壊すな!」「戦争させない」「自衛隊に戦争させるな」などと書かれたプラカードや横断幕を持った人たちが、交通量の多い津山市の交差点脇に無言で立っている。沈黙の抗議運動「サイレントスタンディング」だ。

 原則3と9のつく日の午後5時から1時間立っている。昨年9月、元教員や主婦ら有志が中心となって始めた。誰でも好きな時に自由に参加できる緩やかな運動で、107回目となる13日も50代から80代の男女13人が並んだ。

 呼びかけ人の一人で元中学校教員の田口龍雄さん(87)は「子どものころから『戦争をする国』で育ってきた。絶対に再び戦争をしてはならない」と話す。今年1月には、津山九条の会などの実行委員会が開いた集会で、約120人を前に戦争体験を語った。

 太平洋戦争末期の1945年、海軍飛行予科練習生(予科練)を志願した。7月半ばに兵庫県の宝塚海軍航空隊に向かう途中、6月29日に空襲を受けた岡山市を通り、焼け野原になった市街地を見て驚いた。宝塚では大劇場が接収され、兵舎となっていた。

 敗色が濃くなる中、パイロットを養成するはずが、飛行機も燃料もなく、銃剣で敵を刺し殺す訓練を続けた。砲台をつくるため、先輩の予科練生たちが淡路島に向かったが、終戦直前の8月2日、鳴門海峡を航行中に米軍機の機銃掃射を受けて82人が亡くなった。「命は国のためにと思っていたが、あまりにも突然の死に、命が惜しいという気持ちに初めてなりました」

 田口さんは「ごり押しで通してしまった安保法は戦争法だ。今の若い人たちに悲劇を繰り返させてはならない」と断言する。廃止されるまで立ち続け、声なき声を上げ続ける決意だ。

 (松尾俊二)

 ■安保関連法めぐり各地で訴訟 

 憲法の平和主義は、戦争の悲惨さに対する反省や唯一の被爆国としての経験から生まれた。前文で「政府の行為によつて再び戦争の惨禍の起(おこ)ることのないやうにすることを決意し、」と、すべての人が平和のうちに生存する権利(平和的生存権)をもつことを確認し、9条で戦争や武力による威嚇、武力の行使を放棄している。

 前文の平和的生存権は「抽象的概念」とされてきたが、2008年、名古屋高裁の自衛隊のイラク派遣差し止め訴訟で具体的権利性が認められた。昨年9月に成立した、集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法をめぐっては「憲法違反であり、平和的生存権が侵害された」として国家賠償を求める訴訟が東京、大阪などで提起されている。17日には岡山でも、母親が広島で被爆した被爆2世や弁護士ら300人以上が訴訟を起こす。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

岡山総局から

岡山アサヒ・コムでは岡山県のニュースやイベント情報など身近な話題をお届けします。ご意見などはメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 岡山総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ