メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Okayamaでともに

2.技能実習生/酪農・漁業「外国人頼み」

写真:牛に搾乳装置を取り付ける竹信牧場のフィリピン人実習生=笠岡市カブト中央町 拡大牛に搾乳装置を取り付ける竹信牧場のフィリピン人実習生=笠岡市カブト中央町

■進む高齢化 人手不足

 県内で生産される生乳の約3割を出荷する笠岡湾干拓地(笠岡市)。3月下旬、干拓地内の竹信牧場では、フィリピン人の技能実習生たちが牛に搾乳用の装置を取り付けていた。

 竹信牧場では従業員約20人のうち6人がフィリピン人実習生の女性たちだ。干拓地内の約1190ヘクタールの農地には竹信牧場を含め10の酪農家があるが、市や農家によると、ほぼ半数で外国人の実習生が働いている。

 竹信牧場で昨年夏から働くカルシヤル・ローリ・ジェイン・カルブオさん(28)は母国で親戚が農場を営んでいる。日本の酪農技術を学びたいと考え、来日したという。

 「日本の農場にはフィリピンにない技術や設備がある。農場経営の手法やどうすれば良い製品が作れるかを学びたい」。今の収入は母国で看護師をしていた時の数倍だといい、「お金を稼いでフィリピンの農場を大きくしたい」とも話す。

 竹信牧場ではフィリピン人実習生のため、タガログ語の搾乳マニュアルを作成した。日本文化に触れてもらおうと、厳島神社や姫路城などの観光地にも連れて行っている。実習生を派遣している監理団体に支払う「監理費」や日本語の教材費などを含めると、人件費は日本人の従業員より高くなることもあるという。

 それでも家族で牧場を経営する竹信久美さん(48)は「日本人だけでは手が足りない。実習生に助けてもらわないといけない状況」と話す。地域は高齢化し、ただでさえ日本人の若者が少ない。牧場の仕事は重い牛のえさを持ち上げるなど体力的にきつく、臭いや汚れも付く。募集をかけても「なかなか新しい人が入ってこない」という。

 ただ、竹信さんによると、ローリさんのように酪農技術を熱心に学ぼうとする実習生がいる一方で、最低限の仕事しかしてくれない実習生もいるという。

 4月1日に外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法が施行され、最長5年の技能実習を終えた後、一定の技能を身につけていればさらに5年間就労できるようになった。竹信さんは「熱心な実習生には特定技能の資格をとってもらい、うちの牧場で長く働いてほしい」と願う。

 「実習生頼み」は漁業も同じだ。県内屈指のカキの産地・備前市日生(ひなせ)町。「日生水産加工事業協同組合」によると、日生地区内のカキ養殖業者では毎年約130人ほどの実習生を受け入れている。中国からの実習生が多かったが、最近はベトナムからも受け入れるようになったという。

 実習生たちは出荷時期の約7カ月間、養殖の手伝いのほか、「むき子」としてカキの殻をむき、身を取り出す作業にあたる。

 町漁業協同組合の天倉辰己専務理事(57)によると、漁師の妻ら地域の女性が「むき子」を担ってきたが、年間通じて働ける仕事を探す人が増え、日本人は減少、高齢化しているという。天倉さんは「実習生によって産業が支えられている。実習生がいなければ事業を縮小し、生産量を減らすしかない」と話す。

 ■県内外国人労働者1万6297人

 県内で働く外国人は年々増えている。岡山労働局によると、昨年10月現在、県内で働く外国人は1万6297人。前年比18・7%増で、増加率は中国5県で最も高かった。

 県内の外国人労働者数は5年前から2倍弱増えているが、中でも増えているのが技能実習生と、留学生のアルバイトだ。留学生は、週28時間以内であれば「資格外活動」としてアルバイトができ、コンビニや飲食店で働くケースが多い。

 外国人労働者が増えている背景には深刻な人手不足がある。1日に施行された改正出入国管理法では、人手不足が深刻な14業種を対象に新しい在留資格「特定技能」が設けられた。

 最長5年間の技能実習を終えた外国人や一定の技能を身につけた外国人はさらに5年間の就労ができる。政府は今後5年間で最大約35万人の外国人労働者の受け入れを見込んでいる。

 技能実習生の適正な受け入れを支援している協同組合外国人技能実習サポートセンター(岡山市)の理事長を務める水谷賢弁護士は「県内で働く外国人は今後も増える傾向にあるだろう」と予測する。ただ、特定技能は技能実習と違って転職ができるため、賃金が高い大都市へ人材が流れる可能性もあり、「今後どれくらいの外国人労働者が県内で働くのかは見通せない部分もある」という。(村上友里) 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

岡山総局から

岡山アサヒ・コムでは岡山県のニュースやイベント情報など身近な話題をお届けします。ご意見などはメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 岡山総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ