メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権岡山大会】

準決勝、きょう激突

 岡山大会は27日、マスカットスタジアムで準決勝2試合がある。第1試合は初の甲子園をめざす金光学園と昨夏の準優勝校・岡山学芸館が、第2試合は連覇を狙う創志学園と昨秋の県大会覇者の倉敷商が対戦。それぞれのチームの戦いぶりをまとめた。(華野優気)

 ■金光学園 左腕の出来、鍵を握る/岡山学芸館 強打の主力、勝負強さ

 岡山学芸館のキーマンは、昨年から主力として活躍する遊撃手の知念だ。今大会は4試合で13打数9安打と7割近い打率を残している。倉敷工との準々決勝では、1点を追う八回に逆転の2点適時打を放ち勝負強さを見せた。

 右の中川、左の丹羽を中心とした投手陣も3失点と安定している。失点しても大崩れしない粘り強さが、おかやま山陽戦での逆転サヨナラ劇を生んだ。

 金光学園は2年生エースの左腕伊藤の出来が勝敗の鍵を握る。3回戦では、春から公式戦8試合連続2桁安打の関西と対戦。直球とスライダーで的を絞らせず、9回を6安打で完封した。

 ここまで4試合をほぼ一人で投げ抜いた伊藤。好調の1番河田を起点とした打線が早い回から援護して支えたい。

 ■倉敷商 3戦50安打、打線好調/創志学園 注目エース、安定投球

 昨年の準決勝と同じカード。連覇を狙う創志学園のエース西を倉敷商が打ち崩せるかが試合の見どころになる。

 プロ注目の西は準々決勝までの全4試合に登板。最速150キロ超の直球と切れ味鋭いスライダーを武器に、26回を投げて36奪三振で3失点と安定感のある投球を続けている。

 その西を支える打線も、今大会打率7割5分を誇る1番金子を中心に例年の強打は健在だ。

 一方の倉敷商は、初戦からこれまでの3試合全てをコールドで制し、計50安打と好調の打線で西に立ち向かう。中でも1番打者の祢屋の活躍が目立つ。全試合で初回に安打で出塁すると、必ず先制のホームを踏んでいる。

 5人の投手陣も左の木村、右の小原を中心に層が厚く簡単には崩れない。

 ■ラストメッセージ

 敗退した55校。試合後、監督は選手らを前にどんな思いを語ったのか。記者がその場面に立ち会った。(華野優気、榧場勇太、小沢邦男)…

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

※有料記事の一部を自動で取り出して紹介しています。
PR情報

ここから広告です

PR注目情報

岡山総局から

岡山アサヒ・コムでは岡山県のニュースやイベント情報など身近な話題をお届けします。ご意見などはメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 岡山総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ