メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権岡山大会】

倉敷商、守り抜き雪辱

写真:創志学園―倉敷商 九回表、創志学園の一塁走者・西(左)が封殺され、ゲームセット=マスカット 拡大創志学園―倉敷商 九回表、創志学園の一塁走者・西(左)が封殺され、ゲームセット=マスカット

写真:創志学園の西純矢投手。自身が二塁で封殺されゲームセット=マスカット 拡大創志学園の西純矢投手。自身が二塁で封殺されゲームセット=マスカット

写真:創志学園を完封した倉敷商・木村蒼投手 拡大創志学園を完封した倉敷商・木村蒼投手

岡山大会は27日、準決勝があり、岡山学芸館と倉敷商が勝ち進んだ。ノーシードの岡山学芸館は、金光学園を7回コールドで破り2年連続の決勝。倉敷商は昨夏に同じ準決勝で敗れた創志学園との息詰まる投手戦を制した。岡山学芸館なら4年ぶり、倉敷商なら7年ぶりの夏の甲子園となる。

 <きのうの結果>

 ◇マスカット

 ▽準決勝

岡山学芸館 8―1 金光学園(7回コールド)

倉敷商   2―0 創志学園

 ■創志学園、遠かった本塁

 ◇準決勝(マスカット)

創志学園 000 000 000|0

倉敷商  000 001 10×|2

 ◎…倉敷商が創志学園に競り勝ち、昨年準決勝の雪辱を果たした。互いに無得点で迎えた六回、谷の左前安打、福島の四球から犠打で1死二、三塁とし、岡田の左犠飛で待望の1点を先取。七回にも2死一、三塁から福島の右前安打で貴重な追加点を挙げた。先発木村は丁寧な投球で連打を許さず完封。野手も無失策でもり立てた。

 創志学園は三回、先頭の冨田が中前安打で出塁。犠打と安打で1死一、三塁としたが、続く2人が外野フライ。四回以降も安打や四球で出塁したが、本塁が遠く連覇の夢が散った。

 <倉敷商・森光淳郎監督> 打者には、迷っていては(西投手の球は)打てないので自分が狙った球を振り抜くよう伝えた。昨夏も準決勝で負け、打撃には意地と執念を感じた。エースが完封し無失策でよく守った。決勝でもまずは守り抜き、簡単に終わらない攻撃をして4、5点差をつけて勝ちたい。

 <創志学園・長沢宏行監督> 三回の走者三塁の好機に先制できなかったのがすべて。もう少し点を取り合う展開にしたかったが、木村君の低めへの丁寧な投球に、あと1本が出なかった。西ばかりが目立ったが、3年生を中心によくまとまった。大会を通じてチームの出来はよかった。本当によくやってくれた。

 ■(夏輝く)笑顔のエース、仲間と共に 創志学園・西純矢投手

 試合終了を告げられ、二塁ベース上で天を仰いだ。九回、安打で出塁した創志学園の西純矢君(3年)が封殺され、連覇の夢が終わった。

 すぐに表情を緩めて整列へ向かった西君。倉敷商の選手と笑顔で握手を交わし、スタンドには深々と頭を下げた。泣き崩れる仲間の肩を抱き寄せる場面もあった。

 昨秋の中国大会。1点ビハインドの八回、自身のバント処理のミスから突如、崩れた。味方のミスも重なり、心が乱れた。この回、6点を失いコールドで敗れ、選抜大会を逃した。殺気立つ西君に、チームメートは声をかけられなかったという。

 この一戦があって、西君は変わった。ピンチの場面でも笑顔を浮かべ、仲間のアドバイスに耳を傾ける。チームメートも「西を孤立させてはならない」と一つになった。

 この日の準決勝。序盤から球速は150キロを超したが、狙い球を絞られ、10安打を浴びた。再三のピンチも笑顔を浮かべ、三回、エラーした2年生三塁手を励ます場面もあった。自分を見失うことは一度もなかった。

 「終わったな…」。二塁ベースに倒れ込み、そう思った。涙を見せなかったことについて、「泣いて終わるより、笑って終わりたかったので」。甲子園には届かなかったが、「大切なことを学べた」と高校野球生活を振り返った。全国から注目を浴びた最後の夏。惜しまれつつ、姿を消した。 (華野優気)

 ■(視線)強打に的絞らせず 倉敷商・木村蒼投手 

 強打の創志学園打線を相手に的を絞らせず、凡打の山を築いた。昨夏の岡山大会準決勝で完封を許し、全国が注目する西君を相手に堂々と渡り合い、5安打完封。倉敷商の木村蒼(あおい)君(3年)の快投を、森光淳郎監督は「エースらしい投球をしてくれた」とたたえた。

 今大会3試合目の登板で、初めてフォークを使ったという。4番の西君を三振に仕留めたのもフォーク。「スライダーとカーブだけでは勝ち抜けない」と春から練習を積んできた。

 150キロの速球はないが、内外角に丁寧に投げ込み、五回には巧みな牽制(けんせい)球で一塁走者をアウトに。流れを相手に渡さないまま、9回を投げきり、背番号「1」の役割を果たした。

 今大会、失点ゼロのまま決勝へ。「あと1勝。全力で臨みます」。クールな表情のまま、そう意気込んだ。(榧場勇太)…

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

※有料記事の一部を自動で取り出して紹介しています。
PR情報

ここから広告です

PR注目情報

岡山総局から

岡山アサヒ・コムでは岡山県のニュースやイベント情報など身近な話題をお届けします。ご意見などはメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 岡山総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ