メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第101回全国高校野球選手権岡山大会】

ノーシードから頂点 実力伯仲の好試合

写真:倉敷商の打者が三振に倒れ、岡山学芸館の優勝が決まった=7月28日、マスカット 拡大倉敷商の打者が三振に倒れ、岡山学芸館の優勝が決まった=7月28日、マスカット

■第101回全国高校野球岡山大会、顧みて

 岡山学芸館が4年ぶり2回目の夏の甲子園出場を決めた第101回全国高校野球選手権岡山大会。決勝に象徴される実力伯仲の各校による好試合が続いた。ノーシードから頂点に立った岡山学芸館と、涙をのんだ58校の戦いぶりを振り返る。(華野優気)

 昨夏の甲子園でも活躍したエース西を擁する創志学園と、春の中国大会を猛打で制した関西。この2校を中心に大会は進む、と予想されていた。特に西に対する意識は各校とも強く、1年がかりで対策を練ったチームもあった。

 西は今年も、150キロを超す高校生離れした速球で三振の山を築いた。ピンチにも笑顔を浮かべ、簡単には崩れない精神力が加わった。金子や森田らが中心の打線も強力で、連覇に死角はないかに見えた。

 だが準決勝で昨夏、西に完封を許した倉敷商が立ちはだかった。「西を打たないと甲子園に行けない。1年間、そのことだけを考えた」と岡田主将。逆方向への強い打撃を徹底し、10安打で2点を奪った。投げてはエース木村が被安打5の完封。1年越しの雪辱を果たした。

 関西は3回戦で、金光学園の2年生左腕・伊藤に、自慢の打線が沈黙。完封を許した。まさかの序盤敗退に、選手らは信じられないような表情を浮かべた。

 一方、ノーシードの岡山学芸館は開幕試合のおかやま山陽戦で、九回2死から逆転サヨナラ。準々決勝でも倉敷工を終盤に逆転する驚異的な粘りを見せた。

 右腕・中川、左腕・丹羽ら投手陣が継投し、それぞれ力を発揮。守りも堅く、点を取られても引き離されない。昨夏あと一歩で甲子園を逃した悔しさから、心身を鍛え上げてきた成果だろう。ピンチを迎えても、みな笑顔を浮かべ、ムードが沈まなかった。

 倉敷商との決勝でも、1点を奪われた直後に追いつき、息詰まる投手戦に。六回、勝ち越しを狙った相手を無駄のない中継プレーで刺し、流れを引き寄せた。大会を通じた失策は岡山学芸館、倉敷商ともに2。両校の守備力は決勝の随所でも光った。

 金光学園の伊藤のほかにも、2回戦の総社南戦で無安打無得点試合を達成した玉野商工の1年生長谷川や、8強入りの原動力となった岡山東商の2年生村上ら下級生の活躍も目立った。

 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

岡山総局から

岡山アサヒ・コムでは岡山県のニュースやイベント情報など身近な話題をお届けします。ご意見などはメールでお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 岡山総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ